Entries

スポンサーサイト

金を生鉱物化で作る細菌

金を掘る細菌が高価な粒子をつくる生化学的トリックが廃棄物からの金属の回収を手助けできるかもしれないEwen Callaway03 February 2013金塊には金の毒性を回避する生化学的トリックを使う細菌が住んでいる。Bertrand Rieger/Hemis/Corbisいつか金の探鉱者は調査のための道具としてペトリ皿を使う日が来るかもしれない。細菌の一種はこの貴金属の有毒溶液の中で成長できるようにするためにナノスケールの金塊を形成する、と今日Nat...

生命起源の噴出孔シナリオ

生命は深海の岩石からどのように出現したかイオンポンプタンパクの起源は生命が海底の熱水噴出孔の中でどのように始まり、そこからどのように離れたかを説明できるかもしれない。Ed Yong20 December 2012太古の熱水噴出孔の環境は最初の細胞のイオン調節を助けることによって、その進化をうながしたかもしれない。Ralph White/CORBIS岩石、水、および深海噴出孔から吹き出す水素ガスに飛んだ熱いアルカリ流体。この生命のレシピは...

iPS細胞移植騒動

幹細胞移植という主張の正体人工多能性幹細胞の移植による心不全の治療は恐らく現実にはなかった。David Cyranoski12 October 2012今週あったニューヨーク幹細胞財団の会議で自分の研究を発表する森口尚史。AP/Press Association最初から、真実であるには話がうますぎたと思われる。京都大学の生物学者、山中伸弥が2006年の人口多能性幹(iPS)細胞の発見でノーベル賞を受けた(「細胞の巻き戻しがノーベル賞に輝いた」参照)数日...

ノーベル生理学医学賞

細胞の巻き戻しがノーベル医学賞に輝いた研究者たちに成熟細胞の多能状態への再プログラム化についての研究に対して名誉な賞が贈られたAlison Abbott08 October 2012ジョン・ガードン(左)と山中伸弥は細胞を胚のような状態へと再プログラムする方法を示した。J. Player/Rex Features; Aflo/Rex Features細胞を胚のような状態に再プログラムできるという発見が、ジョン・ガードンと山中伸弥という胚細胞研究の二人の導灯に対する...

ヒ素DNA菌は誤り

ヒ素選好細菌はやはりリンが必要だ二つのチームが大いに議論されている研究を繰り返し、生命の化学法則が壊れないままであることを見いだした。Quirin Schiermeier09 July 201218ヶ月の論争の後、公式評決が下った:カリフォルニアのモノ湖で見つかったヒ素耐性細菌はリンなしでは生きられない。2010年、現ローレンス・バークリー国立研究所(カリフォルニア州バークリー)の微生物学者、フェリサ・ウルフ=サイモン率いるグループ...

二番目の鳥フル論文

ついに公表、H5N1の研究はウイルスがパンデミックを起こす可能性への洞察をもたらすMartin Enserink, with reporting by David Malakoff立場によって、Science誌本号の1534ページに載った研究は、新しいインフルエンザ・パンデミックから無防備な世界を守ろうとしている公衆衛生の専門家――あるいはパンデミックを解放することに熱心な未来のバイオテロリスト――にとって、二回目の良い週になった。エラスムスMC(オランダ、ロッテル...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。