Entries

スポンサーサイト

有胎盤類の出現年代

恐竜とともに地球上にいた哺乳類はどれかをめぐる議論遺伝学的ツリーは有胎盤哺乳類が大絶滅の後になってから出現したとする化石に基づく結論に異義を唱える。Ewen Callaway15 January 2014O'Leary, M. A. et al. 2013最初期の有胎盤哺乳類の仮説的復元はそれがほとんどの恐竜が絶滅した後に生きていたことを示すが、このグループがそれよりずっと前に起源したと考える研究者もいる。胎盤を持った最初の哺乳類は恐竜と一緒に生きて...

軟骨魚類初のゲノム解読

なぜサメには骨がないのかゾウギンザメのゲノム――軟骨魚類で初――が脊椎動物の初期進化を明らかにする。Brendan Borrell08 January 2014Norbert Wu/Minden Pictures/Getty Imagesゾウギンザメは過去4億2000万年に少ししか変わっていないため、そのDNA配列は他の脊椎動物種との比較に有用だ。大きな鼻を持ったへんちくりんな魚はゲノム配列が読まれた最も原始的な有顎脊椎動物となった。ゾウギンザメのDNA配列はサメがなぜ軟骨骨格を...

欧州の農耕爆発は人口移動

古代DNAによるとヨーロッパで最初の農耕民ははるか遠くから来たMichael Balter非農耕民。ホーレンシュタイン・シュターデル(ドイツ)で発掘されたこれらの8700年前の狩猟採集民の頭骨から採られた古代DNAから、彼らが後の農耕民の祖先ではなかったことが分かった。CREDIT: IVONNE MÜHLEIS, LANDESAMT FÜR DENKMALPFLEGE, BADEN-WÜRTTEMBERG約11,000年前、中東で農耕は狩猟採集生活様式に置き換わり始めた。はじめは、農業は現在の...

欧州人の祖先は3系統

大昔のヨーロッパ人のゲノムから祖先がごちゃ混ぜであることが明らかになった北からの謎の人びとと中東の人びとが先史時代に各地で一緒になった。Ewen Callaway02 January 2014De Agostini Picture Library/Getty Imagesヨーロッパは狩猟採集民が居住した後に中東からの移住がこの大陸に農耕をもたらした。新しく発表されたヨーロッパに住んでいた初期人類十人近くのゲノム配列によって、この大陸がかつて茶色い目の農耕民と青い目...

赤痢菌の遺伝変異の追跡

赤痢菌の隆盛の背後にある素早い進化研究者たちは細菌の一種に競争力を与えた一連の遺伝的変異を追跡する。Sarah Zhang30 September 2013ホーチミン市(ベトナム)の運河はShigella sonneiの伝染に関係しているだろう。赤痢を引き起こす細菌、Shigella sonneiはベトナム中に広まっている。この国の衛生が大きく改善し、経済発展しているにもかかわらずだ。いま科学者たちはその理由が分かったと考えている。たった15年前のうちに、...

イヌ家畜化をめぐる論争

イヌの遺伝学が科学論争を刺激する研究者たちはイヌの家畜化をめぐって意見を異にする。Ewen Callaway18 June 2013イヌがどこでいつ家畜化されたかという問題で遺伝学者たちは綱引きする。Les Hirondelles Photography/Flickr/Getty Imagesオオカミのイヌへの変化を調査する科学者たちは彼らが研究する動物と少し似た行動を取っている。イヌの家畜化を理解するために遺伝学を使う人たちのあいだでけんかが起こっているのだ。ここ数...

ジャガイモ飢饉の原因菌

大飢饉の謎が解かれたby Ann Gibbons on 21 May 2013, 5:45 PMランパー種の葉。胴枯病にかかったジャガイモの葉は、アイルランド飢饉の真っ最中の、1847年に収集された。Credit: Marco Thines/Senckenberg Gesellschaft für Naturforschung1845年から1852年までの間の、アイルランドジャガイモ飢饉(大飢饉とも呼ばれる)の間に100万人以上の人々が飢餓と病気で死んだ。これは100万人以上の人々を移住させ、アイルランドのカトリッ...

先住ブラジル人の祖先の謎

DNAの研究が先住ブラジル人とポリネシア人を結びつけるはるか離れた集団に共有される配列が古アメリカ人の謎を混ぜ返す。Sid Perkins01 April 2013ブラジル南東部の先住民であるボトクド族は、ポリネシア人と遺伝子マーカーを共有する。akg-images/Newscom1800年代後期にブラジル南東部に住んでいた先住民はポリネシア人と一部の遺伝配列を共有していたことが、彼らの遺物の分析によって示された。この発見は、何千年も前に太平洋...

ハトの冠の遺伝学

ハトの冠の秘密by Elizabeth Pennisi on 31 January 2013, 2:00 PM頭部のドレス。イエバトの冠はかなり多様だが、その存在は同じ変異にもとづく。Credit: Mike Shapiro/University of Utahイエバトはすこしイヌに似ている。何世紀にもわたって、愛好家が驚くほど多様な色、羽の配列、および行動を発展させ、350以上の品種が外見の鑑賞と飛ぶ速さ、空中で宙返りする回数、あるいは滞空時間の競争に使うために作られた。カワラバトの...

イヌ家畜化とデンプン代謝

イヌのディナーが家畜化の鍵だったゲノム研究はオオカミを人類の親友にした変化を特定した。Ewen Callaway23 January 2013あなたの大好きなペットが炭水化物に食欲を見せても押し戻す必要はない:イヌはデンプンを消化するように進化したようだ。Justin Paget/Corbis現在のイヌは食卓の下で待つ理由がある:家畜化がイヌを飼い主が食べるデンプンが豊富な食物を食べて生きていけるように適応させたと思われる。今日Nature誌に発表...

サツマイモの移入史

DNAによってサツマイモがどのように海を渡ったかが分かった歴史的な標本は初期の航海者たちがこのイモをポリネシアに持ち込んだことを明らかにする。Brian Switek21 January 2013サツマイモは1,000年以上にわたって世界を旅してきた。Topic Photo Agency/Corbisこの地味なサツマイモはオセアニアへの移入種だ。この南アメリカ原産のイモはポリネシアを通って環太平洋の島々で植えられている――しかしどうやってそこにたどり着いたの...

侵入種エピジェネティクス

エピジェネティクスが進化的成功に重要だという仮説が立てられた環境によって変化させられた遺伝子は侵入種の成功の要因かもしれない。Sujata Gupta09 January 2013環境要因がケニアで侵入種のイエスズメに遺伝的足がかりを与えたのかもしれない。Ainars Aunins / Alamy二つのことが進化的適応に重要だと考えられている。すなわち優位な変異が集積するだけの、遺伝的多様性と長い時間。それなら、遺伝的多様性がないことが多い侵入...

最基部の動物は有櫛動物?

ゲノムはクシクラゲ類の起源が古いことを明らかにする配列データはカイメン類が動物界の第一位であるという主張に挑戦する。Amy Maxmen08 January 2013サンフランシスコムネミオプシス・レイディイなどのクシクラゲ類の祖先は動物界の中で最初期のものかもしれない。William Browne/Univ. of Miami動物は、低位の海綿動物から徐々に、現在の地球に棲息する触手のある生き物、翼のある生き物、脳を発達させた生き物などに、進化した...

コムギのドラフトゲノム

コムギゲノムで一切れを取るby Elizabeth Pennisi on 28 November 2012, 2:25 PMパンの遺伝子。パンコムギゲノムの予備的配列は育種の努力に役立つだろう。Credit: H. F. Schwartz/Colorado State University作物ゲノムのエヴェレスト山だと考える人もいる。コムギゲノムへの挑戦は登頂間近だ。国際チームはコムギのDNA配列のドラフトを作っている。それはその遺伝子の多くを特定しこの重要作物を改良する可能性のある何千もの遺伝...

ニワトリの家畜化

野生ニワトリを求めてAndrew Lawler研究者たちは遺伝学と考古学を融合して世界でもっともありふれた鳥類の起源に迫ろうとしている――それはいずれ動物タンパクの主要源の保護に役立つだろう。おんどりのなぞ。ニワトリはセキショクヤケイから出現した。しかし、どのように、いつ、どこで、という疑問がまだ科学者たちを困らせている。CREDIT: ISTOCKPHOTO1950年代、米国南部の鳥類狩猟家たちはウズラよりエキゾチックな獲物を捕らえ...

欧州で独立したブタ家畜化

新石器時代のブタへの羨望by Michael Balter on 4 September 2007, 12:00 AM独自のイノシシ新しい研究はブタがヨーロッパでどのように始まったを明らかにする。Credit: Jeff Veitch/Durham University中東から輸入されたブタは11,000年前にヨーロッパの農耕民に独自のブタを家畜化し始めるよう駆り立てたことが、新しい遺伝学分析から分かった。この研究結果は動物飼育が古代世界にどのように広がったかを明らかにする。牧畜が起源...

ブタは2回家畜化された

ブタ遺伝学者たちはブタのすべてをやり遂げたゲノムは畜産農家と医学研究者の役に立つだろうAlison Abbott14 November 2012T・J・タバスコ、今回の主役。Lawrence SchookT・J・タバスコ(T. J. Tabasco)はイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のちょっとしたブタ女神だ。彼女の赤い毛をした剥製の頭部は、遺伝学者ローレンス・シュック(Lawrence Schook)のオフィスの壁から見下ろしている。彼女は今週号のNature誌で不朽の...

ラクダのドラフトゲノム

フタコブラクダ・ゲノムは生存の秘密を握る科学者たちはラクダが厳しい環境で生きられるしかけを解きほどいている。Nidhi Subbaraman13 November 2012フタコブラクダは非常に寒冷で乾燥した環境に棲息するように進化した。He Meng非常に高い血糖値、塩分の多い食べ物、そして大量の脂肪を採る傾向というと、ヒトでは健康難のためのレシピに聞こえる。しかしフタコブラクダ(バクトリアラクダ)では、これらは世界でもっとも寒冷で...

全鳥類種の系統図

全ての現生鳥類種の「生命の樹」が構築された地理的分布を多様化と結びつける野心的な試みは一部の鳥類の羽を逆立てる。Virginia Gewin31 October 2012全ての知られている鳥類種の巨大な「生命の樹」はそれらの進化関係と、それらが現在どこに棲息しているかを示す。Cody Schank科学者たちは世界中の知られている全9,993種の鳥類のあいだの進化関係をマップした。この研究は今日Nature誌に発表された。これはDNA配列データを使って...

我々に異種交配はなかった?

現生人類とネアンデルタール人の交雑があったかについての疑いDNA rendering ynse from Flickr 研究結果は遺伝的類似点の説明に共通祖先特性を指し示す新しい研究は現生人類とネアンデルタール人にある時点で、異種交配と言われる交雑があったという、説について疑いを提起する。ケンブリッジ大学の研究者たちによる研究結果によると、異種交配でなく共通祖先特性が、ヨーロッパ人とアジア人の子孫(ユーラシア人)がネアンデルタ...

現生世代間隔による分子時計

世代ギャップが大昔のヒト-類人猿分岐を示すby Ann Gibbons on 13 August 2012, 3:05 PMギャップの橋渡し。この母チンパンジー、ジョリーと彼女のオスの赤ちゃん、ザウィヌルはチンプにおける世代間隔の平均長を明らかにする助けになった。二頭はキバレ国立公園(ウガンダ)のンゴゴ群に属する。Credit: Kevin Langergraber大きな世代ギャップがある霊長類は我々だけではない。ヒトでは親は子供より、平均で29歳も上だ。それは霊長...

アフリカ狩猟採集民ゲノム

狩猟採集民のゲノムは遺伝的多様性の財宝だアフリカのグループからの配列は病気、身長、および古代人類の繁殖についての遺伝的手がかりをもたらす。Ewen Callaway26 July 2012タンザニアのハヅァ族のような、アフリカの人々からのゲノム配列はヒトの遺伝的多様性についての我々の知識を増やしている。N. Pavitt/Getty Images何百人ものヒトのゲノムが2001年の最初以来、解読されてきたが、なお我々の種の遺伝的多様性の多くが埋も...

ゲノム重複と複雑性

驚くべきナメクジウオWednesday 25 July 20125億年以上前の海底で起こった進化の跳躍が糖尿病、癌、および神経障害などのヒトの病気の原因への新しい洞察を与える。セント・アンドルーズ大学とダンディー大学の科学者たちによる新しく発表された研究による。脊椎動物はおよそ5億年前に、海洋無脊椎動物でDNAの量の重複が2回連続して起こったことを伴う、大きな進化の変革から出現した。これらの劇的なイベントは新しい動物の進化の...

ヤクの高山適応遺伝子

サイエンスショット:何がヤクを高山に登らせたのかby Nicholas St. Fleur on 1 July 2012, 1:00 PMCredit: Dennis Jarvis/Creative Commonsチベット高原の遊牧民は過去4000年にわたって、駄獣としてウシでなくヤクに頼っている。この2種は近縁――ほんの490万年前の、ヒトとチンパンジーが道を分けたのと同じ頃に分岐した――だが、家畜ヤク(Bos grunniens)は、4500メートルを超えることもある、極めて標高の高い地域に素晴らしく良...

系統学をひっくり返す男

系統学: 進化を書き換えるマイクロRNAsと呼ばれる小さな分子は動物の系統樹についての従来の考えを引き裂いている。Elie Dolgin27 June 2012ケヴィン・ピーターソンは、アラスカヒグマを含む、多くの哺乳類を、進化ツリー上の彼らの従来の止まり木から蹴り落とした。DANA SMITHケヴィン・ピーターソンはハノーバー(ニューハンプシャー州)のバーでペンを握り、紙のテーブルクロスの上に進化ツリーを走り書きし始めた。私が見やす...

キノコの誕生と石炭の終焉

炭素循環の痕跡を追う:太古の菌類は石炭形成にどのように影響したかJune 28, 2012釘一本が足りないために、ということわざでは最後に一つの王国がなくなる。同じような、無害に思われる変化――キノコの系統のの進化――が炭素循環に甚大な衝撃を与え、石炭鉱床が形成された6000万年の時代に終わりをもたらした。写真: 白色腐朽菌類Punctularia strigosozonataによって腐敗した木材の走査型電子顕微鏡像(Robert Blanchette, Universit...

欧州中石器狩猟採集民の交流

古代の狩猟採集民は交流し合っていたby Michael Balter on 28 June 2012, 12:00 PM遠方の親戚?このスペインの洞窟で見つかった、8000年前の狩猟採集民の骨格は、中央および東ヨーロッパで見つかった骨格と遺伝的に似ている。Credit: Alberto Tapia約8500年前まで、ヨーロッパには狩猟と漁労を営み、野生植物を食べる非定住の狩猟採集民が住んでいた。その後、農耕生活様式が、現在のトルコを含む、中東の起源地から欧州大陸へとな...

アフリカの女王の遺伝学

アフリカの女王の遺伝学21 June 2012 エチオピア人のゲノムの中の多様性は歴史イベントの痕跡を明らかにするナイル系およびオモ系エチオピア人(赤い星形)と世界中の人々のセット(黒い丸)の間の遺伝距離。[doi:10.1016/j.ajhg.2012.05.015]シバの女王。Wikimedia Commons研究者たちはエチオピア人の遺伝遺産を明らかにし始めた。世界中で最も多様な人々の一つであり、アフリカから世界への通路に当たる。彼らは一部のエチオピア...

ボノボゲノムが解読された

「ヒッピーチンプ」のゲノムが解読されたEwen Callaway13 June 2012アフリカ中央部にコンゴ川が形成された時、南の川岸に類人猿の一グループが永遠に取り残された。200年後、その類人猿の子孫――ボノボ――は際だった社会パターンを発達させた。北岸にいる彼らの類縁のチンパンジー類とは違って、ボノボは暴力的なオスによる支配を避け、代わりに食料共有、遊戯およびカジュアルセックスを通して結束を強化した。ナミチンパンジー(Pa...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。