Entries

スポンサーサイト

極北の小型ティランノ類

矮小恐竜が極北を闊歩していたアラスカで見つかった小型ティランノサウルス類の化石は季節変動が体の大きさに影響していたらしいことを示す。Alexandra Witze12 March 20147000万年前の極北のティランノサウルス類新しく発見されたナヌクサウルスは小型ティランノサウルス類の疑いの余地がない最初の例だと考えられているKAREN CARR北極圏より北のアラスカの川沿いで、古生物学者たちは両極で初めてのティランノサウルス類の種の化...

ドロモメロンと恐竜の出現

恐竜の出現はやはりそれほど急速ではなかったBy Robert Sanders, Media Relations | 19 July 2007バークリー-ニューメキシコ州北部のよく描かれた名所、アロヨで発見された化石によって恐竜類と非恐竜祖先が数千万年にわたって隣り合って棲息していたことがはじめて明らかになった。このことから恐竜類が時代遅れだと思われていた先行動物たちと急速に置き換わったという考えが間違いであることが分かった。ニューメキシコ州ゴー...

最古の鳥類?偽物化石?

最古の鳥類という主張が羽を逆立てたby Michael Balter on 29 May 2013, 1:20 PM 早起き鳥類? 中国で発見された1億6000萬年前の鳥類の骨格(左)と主張されたものの想像復元図(右)Credit: (fossil, left) Thierry Hubin/IRSNB; (reconstruction, right) Masato Hattori ジュラ紀(およそ2億から1億4500万年前)の時代に、ある肉食恐竜は鳥類に似た骨格を進化させはじめ、体に羽毛は生やしはじめた。これらの生物のうちの一グル...

竜脚類の脳と内耳の解剖学

最大の恐竜の脳はテニスボールの大きさだったCharles Choi, LiveScience ContributorDate: 23 January 2013 Time: 05:35 PM ET植物食恐竜アンペロサウルスは地球上を歩いた最大の動物の一つだったが、ちっぽけな脳を備えていた。CREDIT: O. Sanisidro.これまで地球上を歩いた中で最大の恐竜グループの進んだメンバーは比較的ちっぽけな脳を持っていた、と研究者たちは話す。科学者たちは7000万年前の巨大な恐竜アンペロサウルス(A...

新羽毛恐竜と多様なニッチ

エオシノプテリクスという羽毛恐竜が鳥類進化への手がかりをもたらす24 January 2013 Last updated at 16:35 GMT エオシノプテリクスの尾と後ろ脚の羽は少なく、走りやすくなっていただろう新しく発見された羽毛恐竜は鳥類の進化起源と考えられていた鳥類より前の時代だと、サウサンプトン大学の古生物学者が主張する。エオシノプテリクス(Eosinopteryx)は中国北東部で化石が発見された、30cm(11.8in)の飛べない恐竜だった。ガ...

恐竜の突進跡でなく泳ぎ跡

オーストラリアの突進する恐竜が一泳ぎするラーク採石場の小さな行跡の主の仮説復元。Illustration by Anthony Romilio, The University of Queensland.クイーンズランドの古生物学者たちは世界で唯一の恐竜の突進の記録の多くが、走る動物ではなく泳ぐ動物の行跡からなることを発見した。クイーンズランド大学(UQ)のPhD候補者、アンソニー・ロミリオ(Anthony Romilio)はクイーンズランド州中西部のラーク採石場保護公園(Lark...

オヴィラプトル類の尾端骨

腰を振って!恐竜は派手に飾った尾を振って求愛したCharles Choi, LiveScience ContributorDate: 04 January 2013 Time: 06:52 AM ET新しい研究はオスのオヴィラプトル類恐竜が尾羽を振ってつがいになる可能性のあるメスに求愛したことを示す(そのような恐竜の求愛の復元がここに示される)。CREDIT: Sydney Mohr.羽毛恐竜は強い筋肉がついた尾を使って尾羽を振って異性を誘惑したと思われる、と研究者たちはいう。科学者たちは、...

三畳紀の北米の獣脚類

恐竜類は世界に放散する前に多様化した化石の発見は南アメリカが恐竜類の源泉だったことを示す。Rex Dalton10 December 2009初期の恐竜、タワ・ハラエの絵。Jorge Gonzalez米国のニューメキシコ州で見つかった化石は恐竜が今の南アメリカで起源し、世界に放散する前にすでに3つの主要グループへと進化していたという強力な証拠をもたらしている。タワ・ハラエ(Tawa hallae)と名づけられた新種の化石は、2億年以上前の、地球の陸...

最古恐竜エオドロマエウス

小さな捕食動物が恐竜の系統図をガタガタ言わせるMichael Balterティランノサウルス・レクス(Tyrannosaurus rex)など、ほとんどの恐竜が約6500万年前に絶滅したことは、すべてのニュースの見出しをさらうだろう。しかし古生物学者たちは、これらの力強い動物たちがどのように始まったのかを解明することにもひとしく関心を持っている。彼らの祖先は誰だったのか?彼らはそれ以前の古い爬虫類の競合者を払い除けて、突然地球に現...

三畳紀タンザニアの鳥頸類

恐竜は四つ足で出発した?by Phil Berardelli on 3 March 2010, 5:27 PM良い恐竜。このラブラドール・レトリバーの大きさの、植物食動物アシリサウルスはヒトの膝の高さにしかなかっただろう。ウィンドウの中のアシリサウルスはおいくら?新しく発見された恐竜の祖先がまだ生きていたとしたら、そうペットを飼いたいと思っている人は尋ねるだろう。「それは軽くて、4本脚で、植物食の、跳ね回る凄いヤツで、ナイスなペットになるだ...

中期三畳紀の恐竜形類

知られている最古の恐竜の仲間が見つかった恐竜の誕生は以前の考えより1500万年早かったBrian Switek05 December 2012ニャササウルスは三畳紀にパンゲアの南部地域を歩き回っていたと思われる。M. Witton/Natural History Museum, London恐竜時代の曙は2億3000万年前に始まったと考えられていた。だが新しい発見がその起源をさらに1500万年前にさかのぼらせた。古生物学者たちは長らく最古の恐竜を探し求めてきた。いま、2体の標本...

羽毛恐竜は滑空動物?

太古の鳥類にとって、翼の羽は深刻な抵抗だったBy Eric GershonNovember 21, 2012太古の羽の新しい研究は、羽毛恐竜の近縁である原始鳥類がその現生の子孫より融通が利かない飛行動物だったという説に重みを加える。研究者たちは2つのタイプの原子鳥類の化石――有名なジュラ紀の鳥類アルカエオプテリクス・リトグラフィカと、羽毛恐竜アンキオルニス・フクスレイ――を調査し、たぶん彼らの翼の羽のタイプと配列が地面からの離昇をさ...

カナダから新種角竜

クセノケラトプスに会おう:カナダの最新の角竜Canadian Journal of Earth Sciences8 November 2012オタワ、カナダ(2012年11月8日)―科学者たちはカナダ、アルバータ州から産出した角のある恐竜(角竜)の新種に名前をつけた。クセノケラトプス・フォレモステンシス(Xenoceratops foremostensis、ズィーノセラトプス)はもともと1958年に収集された化石から同定された。全長およそ20フィートで体重2トン以上、新しく同定された植...

三畳紀の牙が生えた草食恐竜

牙の生えた恐竜の新種がアフリカ南部から発掘されたOctober 3, 2012ペゴマスタクス・アフリカヌスは新種で、短い、オウム形のクチバシ、一対の突き刺す牙、および植物を切断するための高さのある歯を特徴とする。Illustration by Todd Marshallちっちゃな、長さ1インチ(2.5センチメートル)の顎を持った新種の植物食恐竜が南アフリカにある約200万年前の、恐竜時代の初期にあたる年代の岩石から姿を現した。この「ちっぽけな大き...

四翼恐竜と飛行の起源

飛行恐竜と鳥の雛は鳥類がどのように翼を獲得したのかについての新しい手がかりをもたらすMichael Balter華奢な飛行動物? 新しい研究は羽毛があるドロマエオサウルス科恐竜、ミクロラプトルが後ろ脚を方向舵として使って木々のあいだを操縦したことを示す。CREDIT: JULIUS T. CSOTONYIローリー―ほとんどの科学者は鳥類が生きた恐竜、すなわち6500万年前の白亜紀末に他のすべての恐竜が死に絶えた大絶滅の生き残りであることに同意...

トリケラトプスについた歯形

トリケラトプスの食べ方ティランノサウルスは装甲した獲物の頭を引きちぎって柔らかい首の肉に届いた。Matt Kaplan24 October 2012ノースカロライナ州ローリーNate Carroll彼らの戦いは不朽のものだった:凶暴な暴君が、3本の必殺の角で武装し、首の周りを囲む骨質のフリルで防護されたディフェンダーと闘っていた。だがティランノサウルス(Tyrannosaurus)とトリケラトプス(Triceratops)の間の激しい戦いはハリウッドの誇大演...

恐竜の翼の出現は古い

恐竜類での翼の出現は以前の考えより早かったby Michael Balter on 25 October 2012, 2:46 PM鳥類もどき。このカナダ産の恐竜は、体と肢に羽毛の痕跡を保持するダチョウに似ている。この恐竜は羽ばたき飛行の起源への手がかりをもたらすだろう。Credit: Royal Tyrrell Museum恐竜類は今でも我々の身近に歩いている――そして飛んでいる。我々はそれを鳥類と呼んでいる。ほとんどの古生物学者たちは鳥類が翼がある恐竜のグループの子...

堅頭竜の頭骨にある損傷

化石の傷跡は恐竜の頭突きを捕らえていたドーム状の頭骨を持った恐竜が頭を打ちつけていた方法は幼体と成体を、あるいはある種と別の種を振り分ける助けになるかもしれないMatt Kaplan19 October 2012ノースカロライナ州ローリーパキケファロサウルス科恐竜はさまざまな方法で互いにドーム形の頭骨によって攻撃できた。Ryan Steiskalパキケファロサウルス科恐竜はドーム状の頭部と厚くて、骨質の頭骨のこぶを持ち、七歳児たちや古...

恐竜化石密輸事件で逮捕

争いになっていた恐竜事件の化石ディーラーが逮捕されたWynne Parry, LiveScience ContributorDate: 17 October 2012 Time: 11:37 AM ETこのティランノサウルス・レクスの近縁種である恐竜標本が5月20日に開かれた競売に出されたと同時に、それがモンゴル国から不法に持ち出されたものであるか否かという問題が起こった。CREDIT: Wynne Parry連邦警察は恐竜骨格をめぐる所有権争いに巻き込まれたフロリダの化石ディーラーを逮捕し...

ハドロサウルス類の歯の秘密

白亜紀のウシby Michael Balter on 4 October 2012, 2:05 PMVeg-O-Matic歯。カモハシ竜エドモントサウルスの歯には6つの異なった組織(5つが右下に示される)があり、そのおかげで硬い植物物質を食べることができた。Credit: Gregory M. Erickson/FSU; (inset) G. M. Erickson et al., Science (2012)ハドロサウルス科恐竜(カモハシ竜ともいう)は地球上を歩き回ったもっとも成功した植物食恐竜のひとつである。上部白亜系の時代...

竜脚類摂食行動の生物力学

工学技術が巨大恐竜の食習性を明らかにするPress release issued 16 July 2012従来は通常レーシングカーや航空機を設計するのに使われたハイテク技術が、研究者たちが植物食恐竜が1億5000万年前にどのように食べていたのかを理解するのを助けた。ブリストル大学と自然史博物館が率いる、国際的な研究者たちのチームは、CTスキャンと生物力学モデリングを使ってDiplodocus――これまで発見された最大の恐竜の一つ――が木の枝から葉を剥...

卵形の恐竜の卵

リェイダで発見された化石卵は恐竜と今日の鳥類を結びつける11.07.2012調査――コンプルテンセ大学(マドリード)とバルセロナ自治大学の研究者たちはリェイダで特有の形質を持つ――それらは卵形である――一連の恐竜の卵を同定した。この発見は鳥類と、白亜紀の恐竜である非鳥類獣脚類が、共通祖先を持つという仮説に有利な証拠を表す。2010年12月に彼女が死ぬ前に、コンプルテンセ大学(マドリード)の古生物学者、ニエベス・ロペス・...

全ての恐竜に羽毛があった

羽毛恐竜の出現例外的に保存状態の良い化石は羽毛がすべての恐竜の特徴であったことをほのめかす。Brian Switek02 July 2012ドイツで見つかった太古の獣脚類の化石は羽毛が恐竜類の中で広く分布していたことを示す。Helmut Tischlinger羽毛は鳥類で始まったのではなかった。様々な種類の羽毛――単純な綿毛から飛行に使われる複雑な構造まで――は恐竜類を最初に飾り、鳥類に受け継がれたのはその後のことだった。そしてドイツのジュラ...

成長停止線は哺乳類にもある

恐竜がウォームアップする哺乳類の骨の研究は恐竜の生理学への手がかりをもたらす。Brian Switek27 June 2012現生哺乳類の研究は恐竜の代謝についての洞察をもたらす。Walter Myers /Stocktrek Images/Corbis博物館からハリウッド映画まで、恐竜は活動性の高い動物として描かれているが、彼らがどうやってこの生活様式を維持していたのかは明らかでない。何十年も、古生物学者たちは恐竜が現在の冷血な爬虫類と温血な哺乳類のどち...

筋肉から分かる恐竜の立ち方

筋肉の復元は恐竜の立ち方を明らかにする20 June 2012Centrosaurusの絵。この恐竜はケラトプス科恐竜の一種で博物館の科学者たちはこのグループが肘で前肢を外側に曲げて立っていたことを示した。© Anness Publishing Ltd / The Natural History MuseumStegosaurusやTriceratopsのような4本脚で歩く恐竜について多くのことが分かっているが、彼らの姿勢には議論があった。今までは。自然史博物館の科学者たちは、これらの恐竜がど...

密輸恐竜化石、押収される

米政府はニューヨークで恐竜「タイ」を押収したBy LARRY NEUMEISTER, Associated Pressニューヨーク(AP)―米政府は金曜日に稀少な恐竜骨格を押収した。モンゴル政府の立会人と恐竜専門家は骨格のモンゴルへの返還に向けた重要なステップだと見なしている。Tyrannosaurus bataarの化石の各部を収めた木枠はクイーンズ区の貸倉庫で白いトラックに積まれた後、ある施設へと運送された。その場所は公開されていない。「稀少なTyrannos...

密輸恐竜化石、没収の訴訟

マンハッタン連邦検事はモンゴルのゴビ砂漠から盗掘されたTyrannosaurus bataarの恐竜骨格の没収を求める訴えを起こしたMonday June 18, 2012ニューヨーク州南部地区連邦検事プリート・バララと米国移民税関執行局(ICE)の国土安全保障調査局(HSI)のニューヨーク事務所の特別捜査官ジェイムズ・T・ヘイズ・Jrは、モンゴルのゴビ砂漠から盗掘されたほぼ完全なTyrannosaurus bataarの恐竜骨格(以下Tyrannosaurus bataar骨格)の...

恐竜は意外と軽かった

恐竜は従来考えられていたのより軽かった06 Jun 2012マンチェスター大学の生理学者たちはレーザーを使って、トナカイ、ホッキョクグマ、キリンおよびゾウを含む、現生哺乳類の骨格を覆うのに必要な皮膚の最小量を測定した。彼らはこれらの動物たちが最小の骨格的な「皮膚と骨」の容積よりほぼ正確に21%大きい体重であることを発見し、この手法をベルリン自然史博物館の巨大なブラキオサウルス類の骨格に適用した。このブラキオサウ...

豪州初のスピノサウルス類

First Australian spinosaur dinosaur had global distribution (Natural History Museum)Scientists identify first-ever Australian spinosaur dinosaur (Monash University)Fish-eating dino once roamed Australia (ABC Science)Australian dinosaur had UK double (BBC News)Crocodile-Nosed Dinosaur Found in Australia (LiveScience.com)Spinosaur fossil uncovered on Vic coast (Sydney Morning Herald/AAP)ScienceShot...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。