Entries

スポンサーサイト

白亜紀の琥珀から花の受精

コハク化石から太古の顕花植物の生殖の様子が明らかになった01/02/2014太古の花オレゴン州コーヴァリス――1億年前のコハクのかけらが発見され、顕花植物における有性生殖の最古の証拠が明らかになった。それは白亜紀の18個の小さな花の房で、そのうちの1つは次世代のための新しい種をいくつか作る過程にあった。この現在は絶滅した植物の中で完全に保存された瞬間は、白亜紀中頃の地球の様子の一部である。顕花植物が美しさと生物多...

三畳紀に被子植物がいた

新しい化石が顕花植物の起源を1億年古い前期三畳紀にさかのぼらせるNews release, October 01, 2013スイスのボーリングコアから、知られている最古の顕花植物の直接祖先の化石が姿を現した。これらの美しく保存された2億4000万年前の花粉粒は顕花植物が以前の考えより1億年も前に進化した証拠である。研究はチューリヒ大学の研究者たちによる。顕花植物は球果植物、イチョウ類、ソテツ類、およびシダ種子類と類縁関係のある絶滅し...

最古のクモガニ類化石

最古のクモガニ類が化石サンゴ礁で発見されたby Jeanna Bryner, LiveScience Managing EditorDate: 04 February 2013 Time: 10:39 AM ETこれは、カタマジャ・グラヌラタと命名され新種のクモガニ化石の一つだ。採石場で見つかり、1億年も前にさかのぼる。CREDIT: Cretaceous Research1億年前に生息していた知られている最古のクモガニ類を含む、8種の新種甲殻類の化石がスペイン北部にある化石サンゴ礁で発見された、と科学者は報...

古生代のサナダムシ化石

大昔のサナダムシの卵が化石化したサメの糞から見つかったCharles Choi, LiveScience ContributorDate: 30 January 2013 Time: 05:19 PM ET糞石と呼ばれる、化石化したサメの糞(ここに示される)は、大昔のサナダムシの卵が中にあることが分かった。CREDIT: Luiz Flavio Lopes.2億7000万年前のサメの糞から見つかった大昔のサナダムシの卵はこれらの寄生虫が以前の考えよりはるかに長く動物に寄生していたことを示す、と研究者た...

カンブリア紀の内肛動物

太古の触手がある生き物の解剖学についての新しい知見By Michelle Warwicker BBC Nature17 January 2013 Last updated at 14:07 科学者たちは5億2000万年前に生息した触手がある独特な海洋生物を解明した。専門家たちはコティレディオン・ティロデス(Cotyledion tylodes)はクラゲに似た刺胞動物のグループに属すると考えていた。しかしこの動物の化石化した遺物からの新しい解剖学的証拠は、本種が内肛動物と呼ばれる小型海洋生...

最古の細菌マット化石?

35億年前からの細菌の痕跡は「最古の化石」、専門家は言うBy Devin Powell, Published: January 1キュリオシティの「ロックネスト」作業場。科学者たちはオーストラリアの岩石が地球が形成されてから10億年しか経ってない頃に生きていた生物の証拠を示すと考えている。この地球で見つかった化石は、最近NASAのキュリオシティ・ローバーが太古の水路の証拠を見つけた、火星の生命の成分を探す助けになるだろう。オーストラリアの岩...

陡山沱の「胚」化石の正体

謎の化石は動物でも細菌でもなかったMatt Kaplan22 December 2011陡山沱(Doushantuo、中国)からの5億7000万年前の化石グループの異常なほど複雑な外見は古生物学者たちのあいだに議論を起こしてきた。研究者たちはこの化石が動物のものか、細菌のものか、あるいは動物進化の夜明けに繁栄した動物の近縁のものか、決めることができなかった。だが一つのチームがいま、三次元スキャニング技術を使ってこれらの化石の詳細な観察をし...

エディアカラ生物は陸棲?

論争のある主張が陸上の生命の記録を6500万年早くする研究はエディアカラの化石が海棲動物ではなく陸上の地衣類だったことを示す。Brian Switek12 December 2012明瞭に節に分かれたディッキンソニアの化石は海棲のワームだったのか?それとも陸上の地衣類だったのか?Greg Retallack太古の海の生物だとされていた不思議な化石の一部は陸上の地衣類だった、と今日Nature誌に発表された論文は主張する。しかし他の古生物学者たちは、...

ハチの巣形の生痕化石

レオナルドの化石スケッチは初期の巣穴を描画しているかもしれない5億年前に作られた穿孔のネットワークは子育てを2億年さかのぼらせるかもしれないColin Barras16 November 2012レオナルド・ダ・ヴィンチの六角形スケッチは、未知の生物の化石化した穿孔、パレオディクティオンを表したと思われる。Biblioteca Leonardianaおよそ500年前、レオナルド・ダ・ヴィンチは化石にちょっとばかり注意を向けた――そして未解決なままの謎の...

シルル紀の奇妙な軟体動物

軟体動物のミッシング・リンクが3Dで明らかになったDate: 03 Oct 2012インペリアルの科学者たちはクリンドロプラクスと呼ばれる、2つの軟体動物のグループを結ぶミッシング・リンクの、稀少な化石を発見した。それは今日Nature誌に発表された研究の中で、3Dコンピュータモデルで明らかにされた。Kulindroplax研究者たちはワーム様で一部が殻で覆われたクリンドロプラクス(Kulindroplax)を発掘した。彼らはそれを3Dコンピュータア...

カンブリア紀の脳化石

太古の脳を読み取る初期節足動物の神経組織の痕跡は長期にわたる進化的軍備競争の証拠になるだろうBrian Switek10 October 2012太古の節足動物は高度な脳を持つサインを示す。Xiaoya Maカンブリア紀(およそ5億4000万年前)は進化的に奇天烈な生物で真っ盛りだった。海は装甲つきの体節と複眼を備え、多数の脚が驚くべき配列を見せる一連の無脊椎動物たちの住み処だった。しかし全てのこの多様性の中にはカンブリア紀の生物をいま...

DNAの半減期は521年

DNAは521年の半減期を持つ遺伝物質を恐竜から回収するのは無理――だが考えられていたよりも長く存続する。Matt Kaplan10 October 2012古生物学者モーテン・アレントフトは絶滅したモア鳥の骨を使ってDNAの半減期を算出した。M. Møhl恐竜DNAの試料が現在まで残っているという主張を信じている研究者は少ないが、遺伝物質がバラバラに壊れるのにどれぐらいの時間がかかるかを正確に知る者はいなかった。いま、ニュージーランドで見つ...

最古の化石をめぐる論争

太古の生命をめぐる論争教科書には酸素生産微生物が約35億年前に進化したと書いてある。しかし主張とその著者が攻撃を受けるとともに、地球上の生命の歴史は書き換えられることになるかもしれない。レックス・ドルトンが調査する。殴り合い:マーティン・ブレイジア(左)はNASAの会議で彼の立場を説明し、ビル・ショップ(右)が聞いている。それはヘビー級のプロボクシングの試合の学術版だった。赤コーナーは、地球最古の化石の...

デボン紀の昆虫化石

みすぼらしい虫が化石記録の空隙を塞ぐ(AFP) - 2012/08/01自然史博物館の進化ギャラリー (AFP/File, Patrick Kovarik)パリ――3億7000万年前のある日、一匹の小さな幼虫がエビがたかる沼地へと飛び込み溺れて困った結果になった。このみすぼらしい虫は現在のベルギーで発掘され、いま化石記録の大きな空隙を塞ぐことを期待されている。このStrudiella devonicaと命名された、8ミリメートルの無脊椎動物は――新品とはほど遠いが――木曜...

最古の「化石」は非生物起源

最古の生命のサインは単なる変な形のゴミ?Richard A. Kerr新しい見方。様々な深度から焦点の合った像を混合すると、ウィリアム・ショップによって記載された推定上の微化石(b, c)は(a)へと延長して膨らむ。5億4000万年前のカンブリア紀の生命の爆発の前に形成された岩石の中から化石を探す調査は「誤解釈と疑わしい結果によって悩まされている」、とカリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)の指導的な古生物学者、ウィリ...

硫酸イオンでなく硫黄の代謝

35億年前の太古の細菌の代謝パリ、2007年9月13日Figure 1 - ピルバラ・ドリリング・プロジェクトのボーリング地点(オーストラリア)© P. Philippot今まで、35億年前に最初の細菌の一部が、現在の海洋底の熱水噴出孔付近で細菌が行っているような、硫酸塩分解によってエネルギーを燃やしていたと考えられていた。オーストラリアの岩石中の硫黄化合物の同位体比率を分析することによって、パリ地球物理研究所(CNRS/パリ第7大学)の...

32億年前の微化石

32億年前の微化石08/02/2010有機物で囲われた微化石が32億年前の海岸の陸成堆積物に見つかった始生代の間の地球上で生命の初期の起源と多様化があったという考えは、地球化学的、堆積学的、および古生物学的な証拠から受ける支持が増えているけれども、後期始生代(27億年前)より古い記録の生物起源性(生物的性質)と同伴性(生命の痕跡が含まれコンタミネーションがない岩石とよい同時性がある)については活発な論争が続いてい...

エイペクスの繊維は非化石

エイペクス・チャートの繊維状産物太古の化石と考えられた小さな繊維は非生物起源であると証明された。Matt Kaplan西オーストラリアのピルバラ・クラトンにある岩層。ここでエイペクス・チャートが見つかった。Hiroshi Ohmoto, Yumiko Watanabe/ Pennsylvania State University20年前、地球科学者たちが地球上で最古の細菌化石への証拠を明らかにすると、古生物学コミュニティは息を飲んだ。いま、Nature Geoscience誌での報告は、...

33億年前の光合成証拠

太古の光合成への石灰化した手がかり微生物のマットは光合成でしか形成されない炭酸カルシウムを含むKatharine Sanderson太古の微生物マットにいた微生物の繊維状の痕跡は光合成が33億年前に起こっていた証拠だ。Frances Westall太古の光合成のこれまでで最も直接的な証拠が、33億年前の砂浜に生息していた微生物のマット状カーペットの化石で明らかにされた。フランス国立科学研究センター(CNRS)の研究所の一つである、分子生物...

最古の生命化石?

最古の化石への新しい候補34億年前の岩石の中の遺物は細胞生物が出現した時期と、動力を自身に供給した方法をほのめかす。Lee Sweetlove 化石のサイズ、形、および化学組成はこれらが微生物の化石であることを示す。D. Wacey/UWA研究者たちはこれまで報告された最古の微生物化石かも知れないものを見つけた。この34億年前のオーストラリアの岩石の中から発見された痕跡は、細胞生物はいつ出現し、どのようにエネルギーを生産してい...

NASAも知りたい最古化石

NASAはETの手がかりとして我々の化石を利用するSarah Martin The Australian July 16, 2012 12:00AMメリー・ドローザが南オーストラリアから産出したCoronacollinaの化石を持つ。Picture: Kelly Barnes Source: The Australian生命の夜明けを明らかにするオーストラリアの太古の化石産地はNASAの科学者たちが火星の地球外生命を見つけるための探索に役立っている。米国の宇宙機構は最初期の生命のサインの外見を確認するために、南...

大絶滅間の進化速度

大絶滅は長期の進化速度をリセットしたBy Steve KoppesJuly 2, 2012このメリーランドの露頭の化石軟体動物はおよそ1500万年前に生息していた。シカゴ大の古生物学者、アンドルー・Z・クルーグとデイヴィッド・ジャブロンスキーは過去2億年にわたる軟体動物の化石記録を分析して、大絶滅が進化系統を取り去るだけでなく、生き残りの中の進化率に長期の影響を及ぼすことを見い出した。Photo by Susan Kidwell新しい研究は大絶滅が、...

最古の左右相称動物の行跡

アルバータ大学の研究者たちは最古の知られている動物を追い詰めたBy Brian MurphyJune 28, 2012アルバータ大学の地質学者たちはこれらのこれまで発見された中で最初期の動物の行跡を発見した。左右相称動物で、長さ1センチメートルほどのナメクジ様の動物は、自分の印を5億8500万年前に現在はウルグアイとなっているところの浅海のシルトへと残した。アルバータ大学の発見した化石は以前のすべての地球上の「最初の」動物の証拠よ...

最古のエディアカラ生物

降灰が最初期の動物の「苗床」を保存した29 Jun 12ランゲア形類化石Charniaの幼体の例。たった17ミリメートルの長さしかない。Credit: OU/Jack Matthewsおよそ5億7900万年前の火山噴火は、知られている最初期の動物の「苗床」を、ポンペイのような灰の洪水で埋め、それらをニューファウンドランドの岩石の中に化石として保存した、ということを新しい研究は示す。オックスフォード大学とケンブリッジ大学からのチームは、ニューフ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。