Entries

スポンサーサイト

島の動物は警戒心が弱い

島は動物を従順にするトカゲの研究は捕食者の不在が警戒心をなくさせるというダーウィンの直感を支持する。Ed Yong08 January 2014Matt Moyer/National Geographic/Gettyガラパゴス国立公園のウミイグアナ(Amblyrhynchus cristatus)は旅行者が近くを歩いても穏やかに休んでいる――捕食者不在のためと思われる行動だ。チャールズ・ダーウィンがガラパゴス諸島を訪れたとき、そこに棲息する動物の多くが人を恐れないので「ここでは...

南極氷床のイソギンチャク

氷好きのイソギンチャクが南極で見つかった14:03 31 December 2013 by Catherine de Lange南極氷床の裏側に棲息するイソギンチャク。Credit: PLoS ONE, Marymegan Daly, Frank Rack, Robert Zook冷静であることについて話そう:イソギンチャクの一種が南極の氷床の裏側で見つかった。それらは氷に固着して棲息することが知られている唯一の海洋動物であり、それらがどのように生き延びているのか誰にも分かっていない。ネブラスカ...

サンゴ礁のカイメンと循環

サンゴ礁はカイメンのデトリタスをたくさん食べているHelen Fields3 October 2013 2:00 pmJasper de Goeij非カリスマ的。Halisarca caerulea(左)やScopalina ruetzleri(右)などのカイメン類はサンゴ礁の上のクラストの中で育つ――そして大量の養分を加工する。サンゴ礁は存在するはずがない。魚などのさまざまな生物が充満していて、周囲の水が栄養をほとんど含んでいないという事実にもかかわらずサンゴ礁はある程度成長してい...

一夫一婦を進化させた原因

Michael Balter一夫一婦制は子殺しを防ぐために進化したらしい2013-07-29 15:15Andrew Winning/REUTERS私たちの子どもに触らないで! 研究は一夫一婦が子どもをオスのライバルによる殺害から守るために進化したことを示す。「ときどき男性と女性は互いにふさわしいだろうかと思うことがある」とかつてキャサリン・ヘプバーン(Katharine Hepburn)は話したことがある。「もしかすると二人は隣に住んでちょくちょく合うべきなのかも...

絶滅動物の潜水能力

筋肉のほとんどを酸素にする動物は極限環境で酸素を得るさまざまな方法を進化させてきた。Brian Owens13 June 2013水中に2時間もとどまれる、ミナミゾウアザラシ(Mirounga leonina)などの持久力のある潜水動物は、筋組織に詰め込む酸素を増やすことで適応している。Michael Pitts/NPL酸素は生命に必須であり、動物は極限環境――水中深く、高高度、非常時など――で酸素へのアクセスを確保するさまざまな方法を発展させてきた。今日...

ウナギから新蛍光タンパク

脊椎動物に同定された最初の蛍光タンパク寿司で人気のウナギはバイオイメージングを進歩させる。Monya Baker13 June 2013青色光が照らされると、このウナギは緑色に輝く――このトリックをさせる分子は他の現生生物に見られるどれとも違う。Akiko Kumagai & Atsushi Miyawakiニホンウナギ(Anguilla japonica)は生物学者に美味しい寿司スナック以上の贈りものをした。その筋繊維は脊椎動物に同定された最初の蛍光タンパクを産生する...

チーターの速度と敏捷性

野生チーターのスピードテスト最先端の首輪が動物の素早い反射運動と驚異的な加速を明らかにする。Matt Kaplan12 June 2013チーターが下草の中でかがみ込む。一匹の若いレイヨウが群れから少しはぐれるとき、チーターは茂みから飛び出す――そして、自然界で無比のスピードを爆発させ、その次の食事を仕留める。そんなふうに我々は想像してきた。しかし野生チーターの動きのデータを集めた最初の研究は、通説とは違って、チーターの...

ニワトリのペニス消失

ニワトリはどのようにそのペニスを失ったのか細胞死をシグナルする分子が発生期のオンドリの性器を鎮める。Helen Shen06 June 2013オンドリの性器は進化の難問だ。Damschen/ARCO/naturepl.com鳥類のペニス消失事件は進化生物学上の長年の謎だ。だが鳥類でペニス喪失を制御する分子機構の特定が、どうにかこの難問の解決に向かっている。体内受精で生殖するにもかかわらず、およそ97%の鳥類種はとても小さな陰茎様のものを備えるか...

再発見のカエルは化石属

「絶滅した」カエルはその系統の最後の生き残り再発見されたパレスチナイロワケガエルはイスラエルで元気だ。Ed Yong04 June 2013新しく再命名されたラトニア・ニグリヴェンテル。イスラエルの自然保護区に棲息し、その属の唯一の生き残っている種と思われる。Frank Glaw1996年、40年にわたる調査の失敗の後、パレスチナイロワケガエル(Hula painted frog)は国際機関に絶滅を宣言された最初の両生類となった――それはいま両生綱全...

ウミウシの使い捨てペニス

ウミウシの一種はセックスの後にペニスを失うが翌日には別のペニスが生える無脊椎動物の一種は汚れた針のような器官を捨てて競争者の精子を運ぶのを避けているらしい。Matt Kaplan13 February 2013チリメンウミウシは交尾後にペニスを落として再生する。MATTHEW OLDFIELD/SCIENCE PHOTO LIBRARY裸鰓類はウミウシからなる多様なグループで、この裸鰓類のドギツい警戒色に注意を引かれるのも確かである――しかしこの軟体性の軟体動物...

フンコロガシを導く天の川

フンコロガシは天の川に案内されるby Gretchen Cuda Kroen on 24 January 2013, 12:55 PM星空の夜。星の光を使って、フンコロガシは比較的真っ直ぐに移動する(上丸囲いの中)。しかし夜空が隠されると、フンコロガシは外周への真っ直ぐな経路を保つのがはるかに困難になった(下丸囲い)。Credit: (left) Emily Baird; (right) Adapted From M. Dacke et al., Current Biology, 23 (2013)オスのフンコロガシ(サテュロスタマオシ...

ネズミの穿孔行動の遺伝学

行動遺伝子が発掘された高速なシーケンシングが野生ハイイロシロアシマウスにおける穿孔行動の遺伝学的分析を確かめるEwen Callaway16 January 2013Paul jackman/Nature家庭での実験として行われたのだが、ホピ・ホークストラ(Hopi Hoekstra)の実験は普通でなかった。彼女はカリフォルニア州サンディエゴにある彼女のガレージに巨大な合板の箱を構築し、それに1トンの土壌を満たし、そして一匹のペットのマウスに穴を掘らせた。...

フジツボの受精方法

投げやりなフジツボのセックスが科学者を驚かせたby Emily Underwood on 15 January 2013, 7:01 PMサイズを見る。そのペニスは他のフジツボ類より短いが、それでもこの個体はうまくやれている。Credit: Barazandeh et al., Proceedings of the Royal Society B, 2, (20 December 2012)チャールズ・ダーウィンですらフジツボのペニスの長さに驚いた。一部の種では、それは体長の8倍にもなる。だが、すべてのフジツボ類がそんなにス...

ダイオウイカ深海で初撮影

ダイオウイカその生来の環境で撮影された画期的偉業は軟体動物の行動への手がかりを明らかにする。Mark Schrope14 January 2013海洋探検家たちはついにもっとも魅力的だがつかみ所のないゴールの一つを達成した。それは伝説のダイオウイカ(Architeuthis dux)の生来の深海の棲息地での映像だ。科学者たちは、日本の小笠原諸島沖の調査中に撮られた壮観な映像が、この謎めいた無脊椎動物についての長く未解決だった疑問に答えてく...

豪州にもミユビハリモグラ

科学者たちはオーストラリアのミユビハリモグラが過去のことではないことを発見した03.01.2013ニシミユビハリモグラは世界で5種の卵を産む哺乳類の1種で、オーストラリアでは絶滅したと考えられていた。だが科学者たちはそれがこの国の北西地域をまだうろついてるかもしれない証拠を見つけた。Credit: Tim Lamanニシミユビハリモグラ(western long-beaked echidna)は、世界で5種の卵を産む哺乳類の1種で、オーストラリアでは何千...

指のチューリングパターン

チューリング・パターンが指の形成をなぞるGretchen Vogel1912年にロンドンで生まれたアラン・チューリング(Alan Turing)は今年、世界中の科学者による多数の百周年行事の対象になっている。コンピュータ科学と人工知能の父として知られるこの数学者は、彼の死から50年以上経っても新発見を生み出している。1476ページで、生物学者のチームはチューリングの最後の理論の一つが、体の一部がどのように発生するかを支配するという...

骨のカーブと応力

古代生物ダイエット:新しい研究で恐竜の体重が減ったCharles Choi, LiveScience ContributorDate: 21 November 2012 Time: 08:43 AM ET脚の骨を基本的な円柱へと単純化することで、以前の研究は動物の肢にかかる応力を最大で142パーセント過小評価することがあった。応力がヨーロッパハリネズミの大腿骨(a)と大型の鳥類、ウミガラス属の頸骨(b)で示される。CREDIT: Charlotte Brassey骨がカーブを描くという事実がいま、恐竜の体...

竪琴に似た新種肉食性海綿

科学者たちは風変わりな新しい肉食性海綿を発見した31 October 2012最近記載された肉食性海綿、Chondrocladia lyra。この「タテゴトカイメン」はカリフォルニア沖の水深3,300から3,500メートル(10,800-11,500フィート)の間で見つかった。Photo: © MBARI 2012海綿下1万フィート(3000メートル)、海底は暗く、寂しく、危険な場所で、そこでは優しい外見の生き物が恐しい捕食動物であることもある。最近、科学者たちのチームは思い...

オウギハクジラ類の珍種

珍しいクジラが生きているのがニュージーランドで目撃されたby Dennis Normile on 6 November 2012, 1:30 PMクジラ違い。珍しいトラバースオウギハクジラ(左)はミナミオウギハクジラ(右)と間違われた。Credit: (Left to Right): K.Thompson et al., Current Biology 22, 21 (6 November 2012); Crown Copyright: Department of Conservation: Te Papa Atawhai (January 2011)最初は人違いだった。珍しいクジラの種の最初の生存...

鰓曳動物の口と肛門の発生

「ペニスワーム」が進化学のドグマに穴を開ける鰓曳動物は最大の動物グループの名前を変える必要性を浮き彫りにするAmy Maxmen26 October 2012前口動物の外れ者 鰓曳動物のワームは生物学者に動物の大きなグループの名前の再考を強いている。鰓曳動物、または「ペニス」ワームの発生についての研究は100年以上にわたって動物の系統樹の最大の枝を定義すると考えられてきた特徴について疑いを投げかける。この枝――前口動物――のメン...

ヒトの声を真似るイルカ

しゃべるイルカ飼育下のシロイルカは発話を(多少)真似ることができた。Ewen Callaway22 October 2012"What're you lookin' at, kid?"Mike Tauber/Blend Images/Getty Images「出ろと言ったのは誰?」、ノシー(NOC)と名づけられたイルカがいる水槽から浮上したダイバーが尋ねた。このシロイルカの飼育員は水槽から発せられる音質の悪い言葉のように聞こえるものを以前聞いたことがあった。イルカが人間の調教師の声を真似ている...

疑似母指に棘をもつカエル

日本の稀少な戦うカエルはどのように親指を弾くかオットンガエルの疑似母指から突き出るトゲ。CREDIT: N. Iwai戦闘態勢のトゲが指から突き出るというとコミック本のヒーローの兵器類のように聞こえるが、日本の科学者はまさにこれを希少種のカエルで見つけた。Journal of Zoology誌に発表された発見は、オットンガエルが偽拇指から突き出るトゲをどのように戦闘や交尾に使うのかを明らかにする。東京大学の岩井紀子博士が行ったこ...

人工クラゲが泳ぐ

人工クラゲがラットの細胞から作られたリバース・エンジニアリングされた生物は薬の試験に使えるだろう。Ed Yong22 July 2012生体工学はシリコンとラットの心臓からの筋細胞を使って人工クラゲを作った。メドゥソイドと称される合成生物は、8枚の花びらがある花のように見える。電場の中に置くと、それはまさに生きているクラゲのように脈打って泳ぐ。「形態的には、我々が造ったものはクラゲだ。機能的には、我々は造ったものはク...

コウイカの左右で違う擬態

二つの顔をもつ魚は競争相手をだますby Sarah C. P. Williams on 3 July 2012, 7:01 PM両面。オスのコウイカ(右)がメス(左)に求愛している時、彼は二つの違った側面を見せる。オスパターンをメスに向け、メスパターンを他のオスをあざむくために反対側に向ける。Credit: Culum Brown女性の側面を見せることについて話そう。片方の側面では、求愛するオスのコウイカは、表皮を水平方向に延びるトラのような縞模様がある、彼の種...

クラゲの横紋筋の独立進化

筋肉の起源を探る27. Jun 12"Nature"誌: 高等動物の筋肉の中心要素は想定されていたのよりはるかに古い若いClytia hemisphaericaクラゲの筋肉(赤)と核(青)の側方観。このクラゲは傘の内側を円周状に走る横紋筋を収縮することによって泳ぐ。Credit: Johanna Krausほとんど動物の特徴的な性質は、筋肉の助けによる素早く動く能力だ。動くことのできる動物は逃げたり、獲物を狩ったり、長距離を移動したり、新しい生息地を勝ち取...

米国でダム撤去後に魚が戻る

ダム撤去されたエルワ川に魚が戻る米国史上最大のダム撤去計画でのサケ・マス再生への最初の望みWendee Holtcamp05 July 2012ワシントン州にあるエルワ川の一部は過去一世紀で初めて自由に流れ、産卵する魚類が出入りできるようになっている。Joel Rogers / Corbis二つの水力発電ダムをワシントン州にあるエルワ川から撤去する計画は、地元の野生生物に利益をもたらしている。6月、最初のダムの撤去が完了してたった数ヶ月後、100...

鯨骨群集ワームの骨の食べ方

奇怪な「ゾンビ」ワームはクジラの骨を食べるのに酸を使うDouglas Main, OurAmazingPlanet Staff Writer - Jul 03, 2012 12:02 PM ET骨食ワーム、Osedaxのけばだった尾。彼らは酸を分泌して骨を分解することが、新しい研究で分かった。CREDIT: Yoshihiro FUJIWARA/JAMSTEC.世界中の深海には口も肛門も消化管もない種類のワームが潜んでいる。そのワームはクジラなどの死んだ海の生き物の骨を食べることによって生きている。しかし...

コンドルの鉛中毒

カリフォルニアコンドルは鉛の脅威に直面している特有の種は永続的な保全が必要かもしれないMeera Subramanian26 June 2012有毒弾丸の禁止にもかかわらず、米国のハンターが残した死体はこの威厳のある腐肉食動物を毒化している。Y. MOMATIUK & J. EASTCOTT/MINDEN PICTURES/FLPA30年以上にわたる絶滅の瀬戸際を経て、カリフォルニアコンドル(Gymnogyps californianus)――米国最大で最も絶滅の危機に瀕している野生鳥類種――は、徹...

吸血コウモリ駆除は逆効果

UGAの研究はより効果的な狂犬病の管理戦略を導くだろうJune 15, 2012Writer: Beth Gavrillesジョージア大学オダム生態学科のポスドク研究員、ダニエル・ストライカー率いる米国とペルーの科学者たちのチームは、ペルーでコウモリを研究する。彼らはコウモリの駆除がコウモリコロニーにおける狂犬病罹患率を減らさないことを見い出した。ジョージア州アセンズ――ペルーの吸血コウモリでの狂犬病の新しい研究は、コウモリの駆除――一般...

イルカの性器にタコが吸着

ギリシャのタコがイルカの性器と結合していたRowan Hooper, news editor「こんなのは見たことがなかった」とジョアン・ゴンザルボは話した。ゴンザルボはギリシャ西部のアンヴラキコス湾のイルカを研究し、テーチス調査研究所のためにイオニアイルカプロジェクトを動かしている。先週、彼はボランティアのグループとともに、ボートの目の前でバンドウイルカが跳躍しその腹部に何かが付着しているのを観察した。付着していたものは...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。