Entries

スポンサーサイト

最古の衝突クレーター?

知られている中で最古の衝突クレーターが見つかった28 June 2012巨大隕石の海への衝突の想像図が実際に見られただろう。Credit Carsten Egestal Thuesen, GEUS.直径100キロメートルのクレーターがグリーンランドで見つかった。知られているあらゆる他の地球上の衝突より何十億年も前に巨大な小惑星または彗星が衝突してできたものだ。月の上にある壮観なクレーター群は30億から40億年前に小惑星と彗星の衝突によって形成された。初...

最古の左右相称動物の行跡

アルバータ大学の研究者たちは最古の知られている動物を追い詰めたBy Brian MurphyJune 28, 2012アルバータ大学の地質学者たちはこれらのこれまで発見された中で最初期の動物の行跡を発見した。左右相称動物で、長さ1センチメートルほどのナメクジ様の動物は、自分の印を5億8500万年前に現在はウルグアイとなっているところの浅海のシルトへと残した。アルバータ大学の発見した化石は以前のすべての地球上の「最初の」動物の証拠よ...

最古のエディアカラ生物

降灰が最初期の動物の「苗床」を保存した29 Jun 12ランゲア形類化石Charniaの幼体の例。たった17ミリメートルの長さしかない。Credit: OU/Jack Matthewsおよそ5億7900万年前の火山噴火は、知られている最初期の動物の「苗床」を、ポンペイのような灰の洪水で埋め、それらをニューファウンドランドの岩石の中に化石として保存した、ということを新しい研究は示す。オックスフォード大学とケンブリッジ大学からのチームは、ニューフ...

欧州中石器狩猟採集民の交流

古代の狩猟採集民は交流し合っていたby Michael Balter on 28 June 2012, 12:00 PM遠方の親戚?このスペインの洞窟で見つかった、8000年前の狩猟採集民の骨格は、中央および東ヨーロッパで見つかった骨格と遺伝的に似ている。Credit: Alberto Tapia約8500年前まで、ヨーロッパには狩猟と漁労を営み、野生植物を食べる非定住の狩猟採集民が住んでいた。その後、農耕生活様式が、現在のトルコを含む、中東の起源地から欧州大陸へとな...

豪州から巨大な骨歯鳥

海岸の化石は太古の海鳥Nicky PhillipsJune 28, 2012メルボルン海岸で発掘された化石は5メートルの翼幅とぎざぎざのくちばしを持ち巨大な先史時代の鳥類のものだった、と科学者たちは報告する。メルボルン海岸で発掘された化石は5メートルの翼幅とぎざぎざのくちばしを持ち巨大な先史時代の鳥類のものだった、と科学者たちは報告する。この500万年前の後ろ脚の骨は、太古の海鳥がかつてオーストラリアの空を飛び回っていたという最...

屋久杉年輪の超新星判明?

古文書が謎の放射線スパイクへの手がかりを与える年輪に見られる8世紀の炭素14レベルのジャンプは「赤い十字架」超新星によって説明できるRichard A. Lovett27 June 2012このAnglo-Saxon Chronicleのような歴史文書はしばしば天文イベントに言及する。Mary Evans Picture Library西暦774年にブリテンの午後の空に見られた不気味な「赤い十字架」は、これまで知られていなかった超新星爆発かもしれない――そしてその年の日本のスギの...

成長停止線は哺乳類にもある

恐竜がウォームアップする哺乳類の骨の研究は恐竜の生理学への手がかりをもたらす。Brian Switek27 June 2012現生哺乳類の研究は恐竜の代謝についての洞察をもたらす。Walter Myers /Stocktrek Images/Corbis博物館からハリウッド映画まで、恐竜は活動性の高い動物として描かれているが、彼らがどうやってこの生活様式を維持していたのかは明らかでない。何十年も、古生物学者たちは恐竜が現在の冷血な爬虫類と温血な哺乳類のどち...

歯が示す初期人類の食性

初期人類の食事はキリンと似ていたby Ann Gibbons on 27 June 2012, 1:07 PM夕食は何?このラインのAu. sediba(頭骨)の歯の上の硬化した歯垢は、それが食べた葉、樹皮、および他の植物の化石を含んでいた。Credit: (teeth) Amanda Henry; (skull) Nature Press高繊維食について語ろう。人類の仲間の最新メンバー、Australopithecus sedibaは、十分な樹皮、葉、および果実を食べていて、その食欲はヒトよりもチンパンジーのものに...

世界の危険な活断層

世界中の巨大地震の巣を見る新著6-26-12オレゴン州コーヴァリス――2010年初め、オレゴン州立大学の地質学者ボブ・イェイツは一人の国民的リポーターに、ハイチのポルトープランスは、構造の弱い建物が密集し、エンリキロ断層に近いために、破壊的地震の「時限爆弾」だと語った。一週間後、マグニチュード7の地震がポルトープランスを破壊し、何十万人もの人々が死に、ハイチの経済が荒廃した。世界中にある多くの他の地震断層で時計...

コンドルの鉛中毒

カリフォルニアコンドルは鉛の脅威に直面している特有の種は永続的な保全が必要かもしれないMeera Subramanian26 June 2012有毒弾丸の禁止にもかかわらず、米国のハンターが残した死体はこの威厳のある腐肉食動物を毒化している。Y. MOMATIUK & J. EASTCOTT/MINDEN PICTURES/FLPA30年以上にわたる絶滅の瀬戸際を経て、カリフォルニアコンドル(Gymnogyps californianus)――米国最大で最も絶滅の危機に瀕している野生鳥類種――は、徹...

筋肉から分かる恐竜の立ち方

筋肉の復元は恐竜の立ち方を明らかにする20 June 2012Centrosaurusの絵。この恐竜はケラトプス科恐竜の一種で博物館の科学者たちはこのグループが肘で前肢を外側に曲げて立っていたことを示した。© Anness Publishing Ltd / The Natural History MuseumStegosaurusやTriceratopsのような4本脚で歩く恐竜について多くのことが分かっているが、彼らの姿勢には議論があった。今までは。自然史博物館の科学者たちは、これらの恐竜がど...

吸血コウモリ駆除は逆効果

UGAの研究はより効果的な狂犬病の管理戦略を導くだろうJune 15, 2012Writer: Beth Gavrillesジョージア大学オダム生態学科のポスドク研究員、ダニエル・ストライカー率いる米国とペルーの科学者たちのチームは、ペルーでコウモリを研究する。彼らはコウモリの駆除がコウモリコロニーにおける狂犬病罹患率を減らさないことを見い出した。ジョージア州アセンズ――ペルーの吸血コウモリでの狂犬病の新しい研究は、コウモリの駆除――一般...

原始的カレイ類の目のつき方

カレイ類の頭の謎が解決された原始的カレイ類Heteronectesの頭骨、左側観と右側観。左側観は、この成体標本で目が頭骨の上方へと移動しているが、反対側へは達していないことを示す。Image by M. Friedmanイリノイ州ディアフィールド(2012年6月25日)――オヒョウやシタビラメのような、美味なカレイ類は進化学のパズルでもある。彼らの大いに非対称な頭部は全ての背骨がある動物(脊椎動物)の中で最も異常なボディプランの一つで...

二番目の鳥フル論文

ついに公表、H5N1の研究はウイルスがパンデミックを起こす可能性への洞察をもたらすMartin Enserink, with reporting by David Malakoff立場によって、Science誌本号の1534ページに載った研究は、新しいインフルエンザ・パンデミックから無防備な世界を守ろうとしている公衆衛生の専門家――あるいはパンデミックを解放することに熱心な未来のバイオテロリスト――にとって、二回目の良い週になった。エラスムスMC(オランダ、ロッテル...

霊長類化石の内耳と敏捷性

内耳が初期霊長類の速度を明らかにしたby Elizabeth Preston on 22 June 2012, 3:44 PMバランスを取る。Aegyptopithecus zeuxisと他の古代霊長類の三半規管の復元はそれらのロコモーションについて科学者たちに新しい手がかりを与えている Credit: Timothy Ryan/Pennsylvania State Universityそれは2000万年前のアルゼンチンの森でのことで、Homunculus patagonicusは活発に動き回っていた。このサルは素早く移動し、木の枝の間を...

アフリカの女王の遺伝学

アフリカの女王の遺伝学21 June 2012 エチオピア人のゲノムの中の多様性は歴史イベントの痕跡を明らかにするナイル系およびオモ系エチオピア人(赤い星形)と世界中の人々のセット(黒い丸)の間の遺伝距離。[doi:10.1016/j.ajhg.2012.05.015]シバの女王。Wikimedia Commons研究者たちはエチオピア人の遺伝遺産を明らかにし始めた。世界中で最も多様な人々の一つであり、アフリカから世界への通路に当たる。彼らは一部のエチオピア...

密輸恐竜化石、押収される

米政府はニューヨークで恐竜「タイ」を押収したBy LARRY NEUMEISTER, Associated Pressニューヨーク(AP)―米政府は金曜日に稀少な恐竜骨格を押収した。モンゴル政府の立会人と恐竜専門家は骨格のモンゴルへの返還に向けた重要なステップだと見なしている。Tyrannosaurus bataarの化石の各部を収めた木枠はクイーンズ区の貸倉庫で白いトラックに積まれた後、ある施設へと運送された。その場所は公開されていない。「稀少なTyrannos...

ストーンヘンジは統一記念碑

ストーンヘンジがブリテン統一のモニュメントだったことを研究は発見した22 June 2012ストーンヘンジ・リバーサイド・プロジェクトのチーム10年の考古調査の後、研究者たちはストーンヘンジが、ブリテン東部と西部のあいだの衝突と地域的違いの長い時代の後に、ブリテンの人々を統一するモニュメントとして建設されたと結論づけた。その石はブリテン最初期の農耕共同体の異なるグループの祖先をシンボル化していると考えられている...

豪州で大量の巨大有袋類化石

オーストラリア人は大規模な巨大ウォンバットの墓所を見つけたBy Amy Coopes (AFP)オーストラリア博物館に展示されている巨大ウォンバットの復元模型 (AFP, Greg Wood)シドニー―オーストラリアの科学者たちは木曜日に、Diprotodonと呼ばれる、太古のサイの大きさがある巨大ウォンバットの、これまでで最大規模の墓所を明らかにした。化石産地はこの種の絶滅についての手がかりを持つ可能性がある。このクイーンズランド州の奥地に...

北アフリカ最古の酪農証拠

土器の化学分析は紀元前第五千年紀のサハラ砂漠における最初の酪農を明らかにした7,000年近く前にサハラアフリカの先史人が牛乳を得るためにウシを使っていたという、最初の明白な証拠がブリストル大学率いる科学者の国際チームによる調査によって記述され、今日Nature誌に発表された。リビアサハラ、タドラルト・アカクス山地の03/705遺跡のWadi Imhaでのウシが描かれた壁画。ウシのシーンを描き出した豊富で生き生きとした岩石ア...

交尾中のカメ化石

危険なリエゾン交尾中の化石の初めての記録がチュービンゲン大学の地球科学者たちのチームによって発見された2012年6月20日 02:00なぜカメはあえて繁殖を好んだのだろう?メッセル化石採掘場からの9ペアのAllaeochelys crassesculptaのうちの一対。このカメは4700年前に交尾中に死んだ。Photo: Senckenberg Gesellschaft化石記録のほとんどは太古の動植物の断片的遺物からなる。しかし一部の発見は太古の生物の生活と環境へ目覚ま...

密輸恐竜化石、没収の訴訟

マンハッタン連邦検事はモンゴルのゴビ砂漠から盗掘されたTyrannosaurus bataarの恐竜骨格の没収を求める訴えを起こしたMonday June 18, 2012ニューヨーク州南部地区連邦検事プリート・バララと米国移民税関執行局(ICE)の国土安全保障調査局(HSI)のニューヨーク事務所の特別捜査官ジェイムズ・T・ヘイズ・Jrは、モンゴルのゴビ砂漠から盗掘されたほぼ完全なTyrannosaurus bataarの恐竜骨格(以下Tyrannosaurus bataar骨格)の...

イルカの性器にタコが吸着

ギリシャのタコがイルカの性器と結合していたRowan Hooper, news editor「こんなのは見たことがなかった」とジョアン・ゴンザルボは話した。ゴンザルボはギリシャ西部のアンヴラキコス湾のイルカを研究し、テーチス調査研究所のためにイオニアイルカプロジェクトを動かしている。先週、彼はボランティアのグループとともに、ボートの目の前でバンドウイルカが跳躍しその腹部に何かが付着しているのを観察した。付着していたものは...

欧州最古の楽器

40,000年前のヨーロッパで最初期の楽器ガイセンクレスタールの産地で発掘されたマンモスの牙製のフルート。ヨーロッパで最初の現生人類は40,000年も前から楽器を奏で、芸術創造性も見せていた。オックスフォード大学とチュービンゲン大学の新しい研究による。研究者たちは、様々な楽器と同じ考古学的層位で見つかった骨に放射炭素年代測定を行い、重要な新しい年代を得た。これらの楽器は鳥類の骨とマンモスの牙で作られたフルート...

マンタ胎仔の呼吸を覗き見る

マンタの胎内をのぞき見る赤ちゃんマンタ。このマンタが母親の腹部から飛び出す8ヶ月前で、彼女は科学者に彼女がどのように呼吸するかを見せた。Credit: Okinawa Churaumi Aquarium2008年11月、メスのマンタが日本、沖縄沿岸の漁網の中で動けなくなっていた。漁師は地元の水族館に電話した。そこでは科学者たちがこの生物がどのように妊娠・出産するかについて研究していた。研究者たちは運が良かった。このエイは妊娠していたのだ...

恐竜は意外と軽かった

恐竜は従来考えられていたのより軽かった06 Jun 2012マンチェスター大学の生理学者たちはレーザーを使って、トナカイ、ホッキョクグマ、キリンおよびゾウを含む、現生哺乳類の骨格を覆うのに必要な皮膚の最小量を測定した。彼らはこれらの動物たちが最小の骨格的な「皮膚と骨」の容積よりほぼ正確に21%大きい体重であることを発見し、この手法をベルリン自然史博物館の巨大なブラキオサウルス類の骨格に適用した。このブラキオサウ...

ボイジャー1号、星間空間へ

NASAのボイジャー1号からのデータは未来の星間空間を指し示すDC Agle and Dwayne Brown, June 14, 2012この画家による概念図はNASAの2機のボイジャー宇宙機が、我々の太陽の周りにある荷電粒子の泡の外殻に当たる、ヘリオシースと呼ばれる荒々しい宇宙領域を探査しているところ。Image credit: NASA/JPL-Caltech NASAの宇宙機ボイジャー1号からのデータは、この尊敬される深宇宙探査機が、我々の太陽系外から来る荷電粒子の強さが...

火星はクレーターだらけ

635,000個以上の火星クレーターの衝突アトラスカタログ火星クレーターデータベース。赤い点はすべて直径1 km以上のクレーター。Credit: CU-Boulderワシントン―火星がボコボコに叩かれた傷だらけの惑星であることは知られている。何十億年にもわたって惑星表面に宇宙の散弾がぶち当たることによって作られた激しい衝突クレーターを天文学者たちは観察してきた。しかしどれだけ傷だらけなだろうか?本当に傷だらけだ。火星上にある直...

ライバル蛹を見分けるアリ

死へのマークキイロハダカアリの成虫雄(左)と羽化したばかりの雄(右)の戦い。Credit: Sylvia Cremerすべてのキイロハダカアリ(Cardiocondyla obscurior)の巣には、一匹の職蟻型しかいない。この支配的な、無翅の、成虫雄はひどい独裁者だ。研究者たちは以前、この君臨する職蟻型が巣に入ってくるすべての無翅成虫雄に分泌物を塗りつけ、働きアリによる死の標的とすることを示した。しかし新しい観察は、成虫の職蟻型は未羽化...

クマは数えることができる

これらのクマは数えることができる実験中のアメリカグマ(Ursus Americanus) (Credit: Jennifer Vonk)クマの大きさは印象的だが、もっとすごいことがあるとすればそれは彼らの知性である。クマは自転車に乗ることも覚えられるし、道具も使えるし、さらに新しい研究によると「数える」こともできる。科学者たちは三頭のアメリカグマ(Ursus Americanus)を訓練してタッチスクリーンコンピュータ上の点のグループを区別できるように...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。