Entries

スポンサーサイト

豪州の洞窟で更新世の化石

オーストラリアでケイバーが巨大な化石産地を見つけたAFP July 25, 2012世界最大の石筍ドロマイトの一つ。ウェリントンの近くのカセドラル洞窟の主洞。(AFP/File, Torsten Blackwood)シドニー――オーストラリアの科学者たちによるとケイバーたちが化石を含むトンネルの巨大なネットワークを発見した。それは種の気候変動への適応へ重要な洞察を与えるだろう。オーストラリアの北端にある石灰岩洞窟が含むものを、クイーンズランド大...

硫酸イオンでなく硫黄の代謝

35億年前の太古の細菌の代謝パリ、2007年9月13日Figure 1 - ピルバラ・ドリリング・プロジェクトのボーリング地点(オーストラリア)© P. Philippot今まで、35億年前に最初の細菌の一部が、現在の海洋底の熱水噴出孔付近で細菌が行っているような、硫酸塩分解によってエネルギーを燃やしていたと考えられていた。オーストラリアの岩石中の硫黄化合物の同位体比率を分析することによって、パリ地球物理研究所(CNRS/パリ第7大学)の...

人工クラゲが泳ぐ

人工クラゲがラットの細胞から作られたリバース・エンジニアリングされた生物は薬の試験に使えるだろう。Ed Yong22 July 2012生体工学はシリコンとラットの心臓からの筋細胞を使って人工クラゲを作った。メドゥソイドと称される合成生物は、8枚の花びらがある花のように見える。電場の中に置くと、それはまさに生きているクラゲのように脈打って泳ぐ。「形態的には、我々が造ったものはクラゲだ。機能的には、我々は造ったものはク...

最も原始的なヘビ類化石

数少ない骨から、最も原始的なヘビが出現するBy Eric GershonJuly 25, 2012アメリカドクトカゲ(Heloderma)(上)、Coniophis precedens(中)、および現生パイプヘビ(Cylindrophis)。(Illustration by Nicholas Longrich)イェールの研究者たちはT. rexの時代からの太古のズルズル這う生き物が、最も原始的な知られているヘビであると確認した。この発見はヘビの起源をめぐる議論に示唆を持つ。「それはミッシングリンクのヘビ...

32億年前の微化石

32億年前の微化石08/02/2010有機物で囲われた微化石が32億年前の海岸の陸成堆積物に見つかった始生代の間の地球上で生命の初期の起源と多様化があったという考えは、地球化学的、堆積学的、および古生物学的な証拠から受ける支持が増えているけれども、後期始生代(27億年前)より古い記録の生物起源性(生物的性質)と同伴性(生命の痕跡が含まれコンタミネーションがない岩石とよい同時性がある)については活発な論争が続いてい...

アフリカ狩猟採集民ゲノム

狩猟採集民のゲノムは遺伝的多様性の財宝だアフリカのグループからの配列は病気、身長、および古代人類の繁殖についての遺伝的手がかりをもたらす。Ewen Callaway26 July 2012タンザニアのハヅァ族のような、アフリカの人々からのゲノム配列はヒトの遺伝的多様性についての我々の知識を増やしている。N. Pavitt/Getty Images何百人ものヒトのゲノムが2001年の最初以来、解読されてきたが、なお我々の種の遺伝的多様性の多くが埋も...

エイペクスの繊維は非化石

エイペクス・チャートの繊維状産物太古の化石と考えられた小さな繊維は非生物起源であると証明された。Matt Kaplan西オーストラリアのピルバラ・クラトンにある岩層。ここでエイペクス・チャートが見つかった。Hiroshi Ohmoto, Yumiko Watanabe/ Pennsylvania State University20年前、地球科学者たちが地球上で最古の細菌化石への証拠を明らかにすると、古生物学コミュニティは息を飲んだ。いま、Nature Geoscience誌での報告は、...

ゲノム重複と複雑性

驚くべきナメクジウオWednesday 25 July 20125億年以上前の海底で起こった進化の跳躍が糖尿病、癌、および神経障害などのヒトの病気の原因への新しい洞察を与える。セント・アンドルーズ大学とダンディー大学の科学者たちによる新しく発表された研究による。脊椎動物はおよそ5億年前に、海洋無脊椎動物でDNAの量の重複が2回連続して起こったことを伴う、大きな進化の変革から出現した。これらの劇的なイベントは新しい動物の進化の...

33億年前の光合成証拠

太古の光合成への石灰化した手がかり微生物のマットは光合成でしか形成されない炭酸カルシウムを含むKatharine Sanderson太古の微生物マットにいた微生物の繊維状の痕跡は光合成が33億年前に起こっていた証拠だ。Frances Westall太古の光合成のこれまでで最も直接的な証拠が、33億年前の砂浜に生息していた微生物のマット状カーペットの化石で明らかにされた。フランス国立科学研究センター(CNRS)の研究所の一つである、分子生物...

放射能で130人死ぬ?

原子力は体にいいもの?by Dennis Normile on 18 July 2012, 2:45 PM損傷した原子炉。2011年3月の地震と津波がそれに損傷を与えた数日後の、福島第一原子力発電所。Credit: Digital Globe昨日発表された対立する研究の中で、去年の福島原子炉でのメルトダウンによって将来130人が癌死するという予想が、原子力が全体として人々の健康にとっての善し悪しを示すものになるのか、科学者たちは議論している。議論の中心は、スタンフォ...

ネアンデルタール人と火山灰

ネアンデルタール人は火山灰に食い込まなかったby Michael Balter on 23 July 2012, 3:05 PM顕微鏡サイズのマーカー。40,000年前の火山噴火からの小さなガラス断片はネアンデルタール人が一掃されたのは現生人類との競争のためであり気候変動のためではないことを示す。Credit: Suzanne MacLachlan/BOSCORF/National Oceanography Centre, U.K.約40,000年前、西に現在のナポリ(イタリア)を見下ろす大規模な火山噴火が中央および...

竜脚類摂食行動の生物力学

工学技術が巨大恐竜の食習性を明らかにするPress release issued 16 July 2012従来は通常レーシングカーや航空機を設計するのに使われたハイテク技術が、研究者たちが植物食恐竜が1億5000万年前にどのように食べていたのかを理解するのを助けた。ブリストル大学と自然史博物館が率いる、国際的な研究者たちのチームは、CTスキャンと生物力学モデリングを使ってDiplodocus――これまで発見された最大の恐竜の一つ――が木の枝から葉を剥...

最古の生命化石?

最古の化石への新しい候補34億年前の岩石の中の遺物は細胞生物が出現した時期と、動力を自身に供給した方法をほのめかす。Lee Sweetlove 化石のサイズ、形、および化学組成はこれらが微生物の化石であることを示す。D. Wacey/UWA研究者たちはこれまで報告された最古の微生物化石かも知れないものを見つけた。この34億年前のオーストラリアの岩石の中から発見された痕跡は、細胞生物はいつ出現し、どのようにエネルギーを生産してい...

若い少女の自己性的対象化

6歳の女の子がセクシーになりたがるのはなぜかJennifer Abbasi, LiveScience ContributorDate: 16 July 2012 Time: 06:06 AM ET6歳の女の子はすでにセクシーであることに喜びを感じている。CREDIT: Alena Ozerova, Shutterstockほとんどの6歳の女の子はすでに自分を性的対象だと考え始めていることが、米国中西部の小学校年齢の子供たちの新しい研究で分かった。以前の研究により、成人と十代の女性が自分を性的対象化された要素と...

米北西岸のカフェイン汚染

ポートランド州立大学の研究で沿岸水が「カフェイン入り」であることが分かったAuthor: David Santen, Office of University Communications, Portland State UniversityPosted: July 17, 2012 可能性のある流出源に下水道氾濫、浄化槽があるオレゴン州のサンプリング地域(左:南、右:北)Portland State University(オレゴン州ポートランド)2012年7月18日――新しい研究によりオレゴン州沖の太平洋のいくつかの地点で、カフェイ...

スマトラ横ずれ地震の詳細

迷路の中の地震07/19/12Written by Kimm Fesenmaierカルテックの研究者たちは複雑な2012年スマトラ地震の最高解像度の観測を提供するカリフォルニア州パサデナ――2012年4月11日にスマトラ島を襲ったマグニチュード8.6の巨大地震は多くの理由によって地震学的に際立っていた。それは科学者たちがそのタイプの地震――プレート内横ずれ地震――で起こりうると考えていた大きさを超えた地震だったことに限らない。いま、カルテックの研究者...

豪に人類化石DNA研究計画

DNAコードが太古の遺伝的歴史を明らかにするBy: Deborah Marshall on: Wed 18 of Jul, 2012 グリフィス大学の研究者たちは、東南アジアとオーストラリアの人々の起源を決定するために、約45,000年前の古代人類の化石からのDNA配列を分析しようとしている。オークランド大学(コペンハーゲンとニューサウスウェールズ)との共同で、研究者たちは大陸および海洋のアジアとオーストラリアからの人類化石を、強力な新しく開発された古...

ネアンデルタール人の野菜食

ネアンデルタール人は彼らの野菜を食べた歯の分析はヨーロッパのヒト族が野菜を焼いて、薬用植物を使っていたかも知れないことをを示す。Matt Kaplan18 July 2012ネアンデルタール人は長らく肉食者と見られてきた。柔軟性のない肉食動物としての彼らの生き方は、およそ25,000年前に彼らが食料欠乏によって絶滅していったのに、雑食性の人類は生き残れたことを示すのに用いられてきた。しかし証拠は植物がネアンデルタール人の食事...

中世のブラジャー

600年前のリネンブラジャーがオーストリアの城で発見されたBy GEORGE JAHN, Associated Press写真は中世のブラジャーを示す。オーストリアの城のゴミで埋まった地下貯蔵庫で発見された。(AP Photo/University Innsbruck Archeological Institute)ウィーン(AP)――革命的発見が下着の歴史を書き換える:約600年前に女性はブラジャーを着けていた。インスブルック大学は木曜に考古学者たちが中世にさかのぼる4点のリネンブラジャーを...

南アフリカのキツツキ化石

マンデラに敬意を表した発見されたキツツキ――南アフリカの新種のキツツキ化石Judith Jördens Senckenberg PressestelleSenckenberg Forschungsinstitut und Naturmuseen17.07.2012 08:53フランクフルト、2012年7月17日。明日のネルソン・マンデラの誕生日にゼンケンベルク研究所(フランクフルト)とリヨン大学の科学者たちは南アフリカの前大統領にちなんだ化石種を新しく発見した。このキツツキAustralopicus nelsonmandelaiはア...

NASAも知りたい最古化石

NASAはETの手がかりとして我々の化石を利用するSarah Martin The Australian July 16, 2012 12:00AMメリー・ドローザが南オーストラリアから産出したCoronacollinaの化石を持つ。Picture: Kelly Barnes Source: The Australian生命の夜明けを明らかにするオーストラリアの太古の化石産地はNASAの科学者たちが火星の地球外生命を見つけるための探索に役立っている。米国の宇宙機構は最初期の生命のサインの外見を確認するために、南...

コウイカの左右で違う擬態

二つの顔をもつ魚は競争相手をだますby Sarah C. P. Williams on 3 July 2012, 7:01 PM両面。オスのコウイカ(右)がメス(左)に求愛している時、彼は二つの違った側面を見せる。オスパターンをメスに向け、メスパターンを他のオスをあざむくために反対側に向ける。Credit: Culum Brown女性の側面を見せることについて話そう。片方の側面では、求愛するオスのコウイカは、表皮を水平方向に延びるトラのような縞模様がある、彼の種...

卵形の恐竜の卵

リェイダで発見された化石卵は恐竜と今日の鳥類を結びつける11.07.2012調査――コンプルテンセ大学(マドリード)とバルセロナ自治大学の研究者たちはリェイダで特有の形質を持つ――それらは卵形である――一連の恐竜の卵を同定した。この発見は鳥類と、白亜紀の恐竜である非鳥類獣脚類が、共通祖先を持つという仮説に有利な証拠を表す。2010年12月に彼女が死ぬ前に、コンプルテンセ大学(マドリード)の古生物学者、ニエベス・ロペス・...

A.セディバに追加化石

南アフリカの科学者たちは最も完全な先人類の骨格を見つけたBy Susan Njanji (AFP)「人類の太古の類縁のこれまでで最も完全な骨格」を含むヨハネスブルクの岩石 (AFP, Alexander Joe)ヨハネスブルク――南アフリカの科学者たちは木曜に、彼らが人類の太古の類縁のこれまでで最も完全な骨格を発見したと話した。それは3年前に考古遺跡から発掘された岩石の中に隠されていた。この子供のヒト科骨格の化石は、Australopithecus(南の類...

米大陸への移住は3回の波

ゲノムと糞化石は最初のアメリカ人を追跡するオレゴン州からの糞石とアメリカ先住民のDNAは北米と南米に何度も植民の波があったことを示すEwen Callaway12 July 2012アメリカ人は何千年にもわたる独立した歴史を持っていることが分かっている。オレゴン州の洞窟から産出した化石化した糞の試料は二つの明瞭な道具作成文化が13,000年以上も並行して生息していたことを示す。そして何十もの文化からの現生アメリカ先住民の遺伝学的分...

円形甲羅の巨大カメ化石

大昔のカメは大型車のタイヤとそっくりなサイズ・形だったPosted on 11 July 2012スミソニアン熱帯調査研究所(パナマ)の古生物学者、カルロス・ハラミーヨのグループとノースカロライナ州立大学とフロリダ自然史博物館の共同研究者たちは現在の南アメリカ北西部で6000万年前に生息していた新種の化石カメを発見した。チームの発見はJournal of Paleontology誌に発表された。大昔のカメPuentemys mushaisaensisの想像図(Illustrat...

フッ素の単体を含む鉱物

悪臭のする岩石が地球の唯一の天然フッ素の楽園を隠す化学者たちは「臭い蛍石」の臭いの原因をめぐる何世紀にもわたる議論を解決する。Katharine Sanderson11 July 2012フッ素ガスは非常に反応性が高いので、自然に発生したとしてもつかの間の数秒以上は存在できない。少なくとも、その知識は一世紀以上にわたって論争されてきた。今、ある臭い岩石がフッ素が単体のF2で存在する地球上で唯一の知られている場所であることを化学者...

クラゲの横紋筋の独立進化

筋肉の起源を探る27. Jun 12"Nature"誌: 高等動物の筋肉の中心要素は想定されていたのよりはるかに古い若いClytia hemisphaericaクラゲの筋肉(赤)と核(青)の側方観。このクラゲは傘の内側を円周状に走る横紋筋を収縮することによって泳ぐ。Credit: Johanna Krausほとんど動物の特徴的な性質は、筋肉の助けによる素早く動く能力だ。動くことのできる動物は逃げたり、獲物を狩ったり、長距離を移動したり、新しい生息地を勝ち取...

ネコ科頭骨の数値分類学?

頭骨はネコ類の進化に新しい光を投げかけたPress release issued 6 July 2012現生ネコ類は頭骨の形態において進化史の初期にサーベル形の歯をした祖先から分岐し、それから別個の進化軌跡をたどった。今日PLoS ONE誌に発表されたブリストル大学による新しい研究による。ラ・ブレア・タール・ピット(米カリフォルニア州)から産出した剣歯ネコ、Smilodon fatalisの化石頭骨と下顎 Image by Simon Powell, School of Earth Sciences...

ヒ素DNA菌は誤り

ヒ素選好細菌はやはりリンが必要だ二つのチームが大いに議論されている研究を繰り返し、生命の化学法則が壊れないままであることを見いだした。Quirin Schiermeier09 July 201218ヶ月の論争の後、公式評決が下った:カリフォルニアのモノ湖で見つかったヒ素耐性細菌はリンなしでは生きられない。2010年、現ローレンス・バークリー国立研究所(カリフォルニア州バークリー)の微生物学者、フェリサ・ウルフ=サイモン率いるグループ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。