Entries

スポンサーサイト

作者はネアンデルタール人か

ネアンデルタール人の賢さはヒトのコピーをするのに十分放射炭素年代はヒトの姉妹種が以前の考えより洗練されていたことをほのめかすBrian Switek30 October 2012グロット・デュ・レンヌ洞窟から産した身体装飾はネアンデルタール人がヒトの隣人をコピーして作られたと考えられる。Marian Vanhaeren and Michele Julien/Max Planck Institute for Evolutionary Anthropologyフランス中部にあるグロット・デュ・レンヌ(Grotte du R...

北欧の巨石遺跡近くから古墳

スウェーデンの「ストーンヘンジ」で古墳が見つかったAnalysis by Rossella LorenziWed Oct 17, 2012 09:35 PM ET トレンチの一部をきれいにする考古学者たち。後ろにアレ列石が写る。Credit: Annika Knarrström, Swedish National Heritage Board.アレ列石(アレス・ステナル)は、神話によると、伝説のアレ王が埋葬されている巨石記念物だ。アレ列石の近くで5,500年前の墓の遺構がスウェーデンの考古学者たちによって発見された...

鰓曳動物の口と肛門の発生

「ペニスワーム」が進化学のドグマに穴を開ける鰓曳動物は最大の動物グループの名前を変える必要性を浮き彫りにするAmy Maxmen26 October 2012前口動物の外れ者 鰓曳動物のワームは生物学者に動物の大きなグループの名前の再考を強いている。鰓曳動物、または「ペニス」ワームの発生についての研究は100年以上にわたって動物の系統樹の最大の枝を定義すると考えられてきた特徴について疑いを投げかける。この枝――前口動物――のメン...

トリケラトプスについた歯形

トリケラトプスの食べ方ティランノサウルスは装甲した獲物の頭を引きちぎって柔らかい首の肉に届いた。Matt Kaplan24 October 2012ノースカロライナ州ローリーNate Carroll彼らの戦いは不朽のものだった:凶暴な暴君が、3本の必殺の角で武装し、首の周りを囲む骨質のフリルで防護されたディフェンダーと闘っていた。だがティランノサウルス(Tyrannosaurus)とトリケラトプス(Triceratops)の間の激しい戦いはハリウッドの誇大演...

人類化石の肩甲骨と木登り

アクロバティックな祖先?論争の真っ直中、ヒト族動物の肩の骨から我々の二足歩行する仲間がまだ木に登っていたことが分かった。By Beth Marie Mole | October 25, 2012 ゼレセナイ・アレムセゲド(ディキカ研究プロジェクト)の好意による330万年前のヒト族動物、アウストラロピテクス・アファレンシス(Australopithecus afarensis)の化石化した肩甲骨から、この動物が多くの時間を木に登って暮らしていたことが分かった。ただ...

恐竜の翼の出現は古い

恐竜類での翼の出現は以前の考えより早かったby Michael Balter on 25 October 2012, 2:46 PM鳥類もどき。このカナダ産の恐竜は、体と肢に羽毛の痕跡を保持するダチョウに似ている。この恐竜は羽ばたき飛行の起源への手がかりをもたらすだろう。Credit: Royal Tyrrell Museum恐竜類は今でも我々の身近に歩いている――そして飛んでいる。我々はそれを鳥類と呼んでいる。ほとんどの古生物学者たちは鳥類が翼がある恐竜のグループの子...

ヒトの声を真似るイルカ

しゃべるイルカ飼育下のシロイルカは発話を(多少)真似ることができた。Ewen Callaway22 October 2012"What're you lookin' at, kid?"Mike Tauber/Blend Images/Getty Images「出ろと言ったのは誰?」、ノシー(NOC)と名づけられたイルカがいる水槽から浮上したダイバーが尋ねた。このシロイルカの飼育員は水槽から発せられる音質の悪い言葉のように聞こえるものを以前聞いたことがあった。イルカが人間の調教師の声を真似ている...

霊長類は最初から樹上棲

霊長類は昔から樹上棲動物だった最古の知られている霊長類の貴重な足首の骨化石はそれが樹上棲であったことを示す。Matt Kaplan22 October 2012最初期の霊長類は樹上での生活に適した足首を持っていたと考えられる。D. BOYER/DUKE UNIVERSITY霊長類は木登りが好きで、多くが木の枝の高いところを住み処としている。だがこの習性がいつ始まったのかは議論のある問題だった。いま、いくつかの足首の骨の発見によって霊長類がまさに始...

地震リスク評価間違いで有罪

イタリアの裁判所は地震学者たちを殺人で有罪と判じた6人の科学者と当局はラクイラ地震にかんして禁固6年を宣告された。Nicola Nosengo22 October 2012イタリア、ラクイラ市民安全局の地震リスク事務局の局長、マウロ・ドルチェは2009年4月にラクイラ(イタリア)で起こった死者を出した地震の後に、殺人で有罪と判じられた7人のうちの一人だ。FILIPPO MONTEFORTE/AFP/Getty Images13ヶ月の審理の末に、6人の科学者と政府当局は殺...

疑似母指に棘をもつカエル

日本の稀少な戦うカエルはどのように親指を弾くかオットンガエルの疑似母指から突き出るトゲ。CREDIT: N. Iwai戦闘態勢のトゲが指から突き出るというとコミック本のヒーローの兵器類のように聞こえるが、日本の科学者はまさにこれを希少種のカエルで見つけた。Journal of Zoology誌に発表された発見は、オットンガエルが偽拇指から突き出るトゲをどのように戦闘や交尾に使うのかを明らかにする。東京大学の岩井紀子博士が行ったこ...

堅頭竜の頭骨にある損傷

化石の傷跡は恐竜の頭突きを捕らえていたドーム状の頭骨を持った恐竜が頭を打ちつけていた方法は幼体と成体を、あるいはある種と別の種を振り分ける助けになるかもしれないMatt Kaplan19 October 2012ノースカロライナ州ローリーパキケファロサウルス科恐竜はさまざまな方法で互いにドーム形の頭骨によって攻撃できた。Ryan Steiskalパキケファロサウルス科恐竜はドーム状の頭部と厚くて、骨質の頭骨のこぶを持ち、七歳児たちや古...

恐竜化石密輸事件で逮捕

争いになっていた恐竜事件の化石ディーラーが逮捕されたWynne Parry, LiveScience ContributorDate: 17 October 2012 Time: 11:37 AM ETこのティランノサウルス・レクスの近縁種である恐竜標本が5月20日に開かれた競売に出されたと同時に、それがモンゴル国から不法に持ち出されたものであるか否かという問題が起こった。CREDIT: Wynne Parry連邦警察は恐竜骨格をめぐる所有権争いに巻き込まれたフロリダの化石ディーラーを逮捕し...

水月湖の堆積物と炭素年代

コア試料は炭素年代をはるかにさかのぼらせた日本の湖で採取された堆積物は50,000年前以降の物の年代測定するのに使えるより正確なタイムラインをもたらす。Ewen Callaway18 October 2012ネアンデルタール人の化石により精密な炭素年代ができれば、彼らが絶滅していった理由を説明する助けになるだろう。J. READER/SPL炭素時計はリセットされた。日本の湖から得られた気候記録はこの年代測定技術の精度を向上しようとしている。そ...

板皮類には歯があった

我々のステキな笑顔の進化的起源Press release issued 17 October 2012ステキな笑顔を作るのには歯と顎の両方を使う。だが、我々の解剖学のこれらの部分の進化的起源は、粒子加速器と大昔に死んだ魚のおかげで、まさに発見されたばかりである。板皮類Dunkleosteusの模型復元Image by Esben Horn, 10tons; supervised by Martin Rücklin, John Long and Philippe Janvierすべての現生有顎脊椎動物(ヒトなどの、背骨がある動物)に...

消えたキセノンの謎

謎に包まれた希ガス消失事件キセノンは地球の大気からほぼ消えてなくなっている。ドイツの地球科学者たちはその行方が分かったと考えている。Ewen Callaway10 October 2012 Corrected: 12 October 2012証拠は絶え間ない日常の中にあるが、答えを手にするのは難しい。キセノンは化学的に不活性な希ガスのうち二番目に重たい元素で、消えてなくなっている。我々の大気は地球を形づくる岩石鉱物に似た隕石より、軽い希ガスに比してき...

ヒト進化で分子時計は正確?

時計の針を戻す:先史時代のペースを遅くするAnn Gibbons新しい研究によって人類における変異の発生はこれまでの考えより遅いことが分かり、進化イベントのタイムテーブルについて問題が生じているCREDITS (LEFT TO RIGHT): CHRIS DASCHER/ISTOCK PHOTO; ©PUBLIPHOTO/PHOTO RESEARCHERS, INC.; ALAN LESHNER/AAAS; ANDY DEAN PHOTOGRAPHY/ISTOCKPHOTOタイミングがすべてだ――とくに人類進化では。過去45年間、研究者たちは分子時計...

自由落下の世界記録

極限挑戦者がジャンプし、自分の足で着地したクレーンから吊り下げられたカプセルの解放直前の様子(ニューメキシコ州ロズウェルの空港)。Balazs Gardi/Red Bull Stratos, via European Pressphoto AgencyBy JOHN TIERNEYPublished: October 14, 2012ロズウェル(ニューメキシコ州)―プロの極限挑戦者、フェリクス・バウムガートナー(Felix Baumgartner)は日曜に音速を破った最初のスカイダイバーとなった。有人飛行でこれまで...

肋骨に残る狩猟の証拠

おおおおむかしの、バックリブby Traci Watson on 12 October 2012, 2:34 PM夕食のリブ(肋骨)。獲物の動物からの200万年前の肋骨には膜を剥いだサインが見られ、初期人類による消費のマークである。一本の肋骨にはヒト族動物の歯形も見られる(左上)。Credit: Pickering, T.R., Domínguez-Rodrigo, M., Heaton, J.L., Yravedra, J., Barba, R., Bunn, H.T., Musiba, C., Baquedano, E., Diez-Martín, F., Mabulla, A., Brain, C...

iPS細胞移植騒動

幹細胞移植という主張の正体人工多能性幹細胞の移植による心不全の治療は恐らく現実にはなかった。David Cyranoski12 October 2012今週あったニューヨーク幹細胞財団の会議で自分の研究を発表する森口尚史。AP/Press Association最初から、真実であるには話がうますぎたと思われる。京都大学の生物学者、山中伸弥が2006年の人口多能性幹(iPS)細胞の発見でノーベル賞を受けた(「細胞の巻き戻しがノーベル賞に輝いた」参照)数日...

ハドロサウルス類の歯の秘密

白亜紀のウシby Michael Balter on 4 October 2012, 2:05 PMVeg-O-Matic歯。カモハシ竜エドモントサウルスの歯には6つの異なった組織(5つが右下に示される)があり、そのおかげで硬い植物物質を食べることができた。Credit: Gregory M. Erickson/FSU; (inset) G. M. Erickson et al., Science (2012)ハドロサウルス科恐竜(カモハシ竜ともいう)は地球上を歩き回ったもっとも成功した植物食恐竜のひとつである。上部白亜系の時代...

カンブリア紀の脳化石

太古の脳を読み取る初期節足動物の神経組織の痕跡は長期にわたる進化的軍備競争の証拠になるだろうBrian Switek10 October 2012太古の節足動物は高度な脳を持つサインを示す。Xiaoya Maカンブリア紀(およそ5億4000万年前)は進化的に奇天烈な生物で真っ盛りだった。海は装甲つきの体節と複眼を備え、多数の脚が驚くべき配列を見せる一連の無脊椎動物たちの住み処だった。しかし全てのこの多様性の中にはカンブリア紀の生物をいま...

DNAの半減期は521年

DNAは521年の半減期を持つ遺伝物質を恐竜から回収するのは無理――だが考えられていたよりも長く存続する。Matt Kaplan10 October 2012古生物学者モーテン・アレントフトは絶滅したモア鳥の骨を使ってDNAの半減期を算出した。M. Møhl恐竜DNAの試料が現在まで残っているという主張を信じている研究者は少ないが、遺伝物質がバラバラに壊れるのにどれぐらいの時間がかかるかを正確に知る者はいなかった。いま、ニュージーランドで見つ...

ノーベル生理学医学賞

細胞の巻き戻しがノーベル医学賞に輝いた研究者たちに成熟細胞の多能状態への再プログラム化についての研究に対して名誉な賞が贈られたAlison Abbott08 October 2012ジョン・ガードン(左)と山中伸弥は細胞を胚のような状態へと再プログラムする方法を示した。J. Player/Rex Features; Aflo/Rex Features細胞を胚のような状態に再プログラムできるという発見が、ジョン・ガードンと山中伸弥という胚細胞研究の二人の導灯に対する...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。