Entries

スポンサーサイト

南極の氷湖の下にいる生命

氷の下に閉ざされた南極の湖は生命であふれていたヴィダ湖に貯蔵される冷たい水は微生物の恵みを産出しているQuirin Schiermeier26 November 2012多様な微生物はヴィダ湖の凍りついた厳しい南極の塩水の中を生き残るのに異なった戦略を使っているようだ。Bernd Wagner, University of Cologne, Germanyそれは厚さ最大27メートルのどっしりした氷の蓋に永続的に覆われ、通常の海水より6倍も塩分濃度が高く、−13℃の地球上でもっとも...

コムギのドラフトゲノム

コムギゲノムで一切れを取るby Elizabeth Pennisi on 28 November 2012, 2:25 PMパンの遺伝子。パンコムギゲノムの予備的配列は育種の努力に役立つだろう。Credit: H. F. Schwartz/Colorado State University作物ゲノムのエヴェレスト山だと考える人もいる。コムギゲノムへの挑戦は登頂間近だ。国際チームはコムギのDNA配列のドラフトを作っている。それはその遺伝子の多くを特定しこの重要作物を改良する可能性のある何千もの遺伝...

ニワトリの家畜化

野生ニワトリを求めてAndrew Lawler研究者たちは遺伝学と考古学を融合して世界でもっともありふれた鳥類の起源に迫ろうとしている――それはいずれ動物タンパクの主要源の保護に役立つだろう。おんどりのなぞ。ニワトリはセキショクヤケイから出現した。しかし、どのように、いつ、どこで、という疑問がまだ科学者たちを困らせている。CREDIT: ISTOCKPHOTO1950年代、米国南部の鳥類狩猟家たちはウズラよりエキゾチックな獲物を捕らえ...

男性のおっぱい好きの理由

男性がおっぱいを愛する理由の新理論By: Natalie Wolchover, Life's Little Mysteries Staff WriterDate: 26 September 2012 Time: 06:04 PM ET男性はおっぱいを好むようにプログラムされているが、その理由は科学者たちがかつて考えていたものではなかった。CREDIT: Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported | Gytha素直な男性はなぜ、女性の胸から垂れている大きな、丸い脂肪の袋のことで頭がいっぱいなのだろう...

地震ノイズが描く地球内部

地球の「ざわめき」が惑星内部の探査に役立つCharles Q. Choi, OurAmazingPlanet Contributor - Nov 23, 2012 10:35 AM ET地球の内部。CREDIT: USGS.地球の全球的な「ざわめき」がいま、科学者たちが地球の内部深くを探査するのに役立っている、と研究者のグループは話す。このざわめき――地震ノイズと呼ばれ、嵐が起こす海洋の波などの源が生成する――は地球上のあらゆる場所で検知できる。それは科学者たちがこの惑星の内部を分析...

羽毛恐竜は滑空動物?

太古の鳥類にとって、翼の羽は深刻な抵抗だったBy Eric GershonNovember 21, 2012太古の羽の新しい研究は、羽毛恐竜の近縁である原始鳥類がその現生の子孫より融通が利かない飛行動物だったという説に重みを加える。研究者たちは2つのタイプの原子鳥類の化石――有名なジュラ紀の鳥類アルカエオプテリクス・リトグラフィカと、羽毛恐竜アンキオルニス・フクスレイ――を調査し、たぶん彼らの翼の羽のタイプと配列が地面からの離昇をさ...

骨のカーブと応力

古代生物ダイエット:新しい研究で恐竜の体重が減ったCharles Choi, LiveScience ContributorDate: 21 November 2012 Time: 08:43 AM ET脚の骨を基本的な円柱へと単純化することで、以前の研究は動物の肢にかかる応力を最大で142パーセント過小評価することがあった。応力がヨーロッパハリネズミの大腿骨(a)と大型の鳥類、ウミガラス属の頸骨(b)で示される。CREDIT: Charlotte Brassey骨がカーブを描くという事実がいま、恐竜の体...

中新世の孤立系統哺乳類

121年経って、「墓泥棒」の化石の同定が古生物学上の謎を解いた化石はラザラス効果の一例だ中新世の哺乳類ネクロレステス・パタゴネンシスがその巣穴から顔を出している。1600万年前のパタゴニア、現在のアルゼンチンでの光景。ネクロレステスは今では白亜期末に大型恐竜が絶滅したすぐ後に絶滅したと長らく考えられていたグループの一員として認められている。Credit: Reconstruction by Jorge Gonzalez, copyright Guillermo W. ...

初期農耕民の人口の乱高下

ヨーロッパで最初の耕作者は来て、行ったby Ann Gibbons on 16 November 2012, 5:26 PM6000から7000年前にヨーロッパへさっそうと現れた最初の農耕民はうぬぼれて自分のズボン――あるいは動物の皮――より大きくなりすぎたらしい。西ヨーロッパ中の考古学遺跡の新しい研究は新石器時代の農耕社会にある著しく一致したパターンを際立たせる。すなわち、彼らの人口が大きくなりすぎ、拡大が速すぎ、そして彼らがピークに達したすぐ後に...

欧州で独立したブタ家畜化

新石器時代のブタへの羨望by Michael Balter on 4 September 2007, 12:00 AM独自のイノシシ新しい研究はブタがヨーロッパでどのように始まったを明らかにする。Credit: Jeff Veitch/Durham University中東から輸入されたブタは11,000年前にヨーロッパの農耕民に独自のブタを家畜化し始めるよう駆り立てたことが、新しい遺伝学分析から分かった。この研究結果は動物飼育が古代世界にどのように広がったかを明らかにする。牧畜が起源...

最古のジャイアントパンダ

ジャイアントパンダの系統:中国からスペインへWednesday, 14 November 2012 15:02 現生ジャイアントパンダの画像。Martha de Jong-Lantink http://www.fotopedia.com/items/flickr-5263637493カタルーニャ古生物学研究所ミケル・クルザフォント(ICP)の研究者たちは、国立自然科学博物館(MNCN-CSIC)、マドリード・コンプルテンセ大学(UCM)、およびバレンシア大学(UV)の研究者たちとともに、著名な雑誌PLOS ONEに新しいクマ...

ハチの巣形の生痕化石

レオナルドの化石スケッチは初期の巣穴を描画しているかもしれない5億年前に作られた穿孔のネットワークは子育てを2億年さかのぼらせるかもしれないColin Barras16 November 2012レオナルド・ダ・ヴィンチの六角形スケッチは、未知の生物の化石化した穿孔、パレオディクティオンを表したと思われる。Biblioteca Leonardianaおよそ500年前、レオナルド・ダ・ヴィンチは化石にちょっとばかり注意を向けた――そして未解決なままの謎の...

ブタは2回家畜化された

ブタ遺伝学者たちはブタのすべてをやり遂げたゲノムは畜産農家と医学研究者の役に立つだろうAlison Abbott14 November 2012T・J・タバスコ、今回の主役。Lawrence SchookT・J・タバスコ(T. J. Tabasco)はイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のちょっとしたブタ女神だ。彼女の赤い毛をした剥製の頭部は、遺伝学者ローレンス・シュック(Lawrence Schook)のオフィスの壁から見下ろしている。彼女は今週号のNature誌で不朽の...

ラクダのドラフトゲノム

フタコブラクダ・ゲノムは生存の秘密を握る科学者たちはラクダが厳しい環境で生きられるしかけを解きほどいている。Nidhi Subbaraman13 November 2012フタコブラクダは非常に寒冷で乾燥した環境に棲息するように進化した。He Meng非常に高い血糖値、塩分の多い食べ物、そして大量の脂肪を採る傾向というと、ヒトでは健康難のためのレシピに聞こえる。しかしフタコブラクダ(バクトリアラクダ)では、これらは世界でもっとも寒冷で...

初期人類のC4植物食

人類の祖先は草の食通だったby Ann Gibbons on 12 November 2012, 3:38 PM草の根運動。チャドから産出したこれらのアウストラロピテクス・バーレルガザリの歯はそれがイネ科植物の根とカヤツリグサ科植物を食べていたことを示す。Credit: Michel Brunet/MPFTタデ食う虫も好き好き――それは最初期の人類にまでさかのぼっても真理だった。350万年前まで、中央アフリカの国チャドにいたとある初期ヒト族動物はすでに独自の明瞭な味の好...

カナダから新種角竜

クセノケラトプスに会おう:カナダの最新の角竜Canadian Journal of Earth Sciences8 November 2012オタワ、カナダ(2012年11月8日)―科学者たちはカナダ、アルバータ州から産出した角のある恐竜(角竜)の新種に名前をつけた。クセノケラトプス・フォレモステンシス(Xenoceratops foremostensis、ズィーノセラトプス)はもともと1958年に収集された化石から同定された。全長およそ20フィートで体重2トン以上、新しく同定された植...

竪琴に似た新種肉食性海綿

科学者たちは風変わりな新しい肉食性海綿を発見した31 October 2012最近記載された肉食性海綿、Chondrocladia lyra。この「タテゴトカイメン」はカリフォルニア沖の水深3,300から3,500メートル(10,800-11,500フィート)の間で見つかった。Photo: © MBARI 2012海綿下1万フィート(3000メートル)、海底は暗く、寂しく、危険な場所で、そこでは優しい外見の生き物が恐しい捕食動物であることもある。最近、科学者たちのチームは思い...

マヤ文明は干魃で崩壊した

干魃がマヤの衰退を早めた乾燥期が長引いたことが文明崩壊に寄与した。Helen Shen08 November 2012約1,000年前に崩壊したマヤ文明は、気候の極端な変動に追い詰められたと思われる。ML Sinibaldi/CORBIS古代マヤ文明――西暦300年と1000年の間に現在のメキシコと中央アメリカの多くを占めた――の急速な衰退は考古学者たちを長年悩ませてきた。洗練された暦大系とピラミッド建設で知られる社会が、西暦800年から1000年の間に崩壊したこ...

オウギハクジラ類の珍種

珍しいクジラが生きているのがニュージーランドで目撃されたby Dennis Normile on 6 November 2012, 1:30 PMクジラ違い。珍しいトラバースオウギハクジラ(左)はミナミオウギハクジラ(右)と間違われた。Credit: (Left to Right): K.Thompson et al., Current Biology 22, 21 (6 November 2012); Crown Copyright: Department of Conservation: Te Papa Atawhai (January 2011)最初は人違いだった。珍しいクジラの種の最初の生存...

初期人類の石器技術の持続

初期人類は道具を備えていた洗練されたブレードレットは人類が作成技術を下の世代に伝えていたことを示すKerri Smith07 November 2012小さな細石刃は70,000年以上前に人類によって使われていた。Simen Oestmo南アフリカの洞窟から収集された石刃群は初期人類が70,000年以上前にすでに複雑な技術の熟練者だったことを示す。これらの小さな刃――平均で長さ3センチメートル以下――は投げ槍の先端として、または棍棒のような武器へ付加す...

ハリケーンサンディと温暖化

ハリケーンは米国を気候-適応策の議論へと掃き寄せたマンハッタンの洪水はニューヨークを守るための巨大工学プロジェクトをすべきだという主張を後押しする。Jeff Tollefson06 November 2012ブルックリンにあるマンハッタン・ブリッジ下の洪水した道は破壊的嵐の押し寄せに対するニューヨークの脆弱性が増していることの一例である。B. Matthews/APハリケーン・サンディによる高さ4.2メートルの塩水の壁が10月29日の午後にニューヨ...

中新世のフラミンゴの巣

世界最古の鳥の巣化石が発見された最終更新: 2012/10/18ほぼ完全な卵は1800万年前にいた現在のフラミンゴの種に属するバスク自治州大学(UPV-EHU)とスペイン地質鉱物研究所の地質学者たちと、北アメリカとブラジルの古生物学者たちは、いくつかの世界で最古の鳥の巣化石の記載を、一流のPLOS One誌に発表した。化石は2004年の終わりにナバラ州バルデナス・レアレス(Bardenas Reales)の半砂漠地域でフリオ・サリヤス(Julio Sali...

三畳紀の牙が生えた草食恐竜

牙の生えた恐竜の新種がアフリカ南部から発掘されたOctober 3, 2012ペゴマスタクス・アフリカヌスは新種で、短い、オウム形のクチバシ、一対の突き刺す牙、および植物を切断するための高さのある歯を特徴とする。Illustration by Todd Marshallちっちゃな、長さ1インチ(2.5センチメートル)の顎を持った新種の植物食恐竜が南アフリカにある約200万年前の、恐竜時代の初期にあたる年代の岩石から姿を現した。この「ちっぽけな大き...

シルル紀の奇妙な軟体動物

軟体動物のミッシング・リンクが3Dで明らかになったDate: 03 Oct 2012インペリアルの科学者たちはクリンドロプラクスと呼ばれる、2つの軟体動物のグループを結ぶミッシング・リンクの、稀少な化石を発見した。それは今日Nature誌に発表された研究の中で、3Dコンピュータモデルで明らかにされた。Kulindroplax研究者たちはワーム様で一部が殻で覆われたクリンドロプラクス(Kulindroplax)を発掘した。彼らはそれを3Dコンピュータア...

四翼恐竜と飛行の起源

飛行恐竜と鳥の雛は鳥類がどのように翼を獲得したのかについての新しい手がかりをもたらすMichael Balter華奢な飛行動物? 新しい研究は羽毛があるドロマエオサウルス科恐竜、ミクロラプトルが後ろ脚を方向舵として使って木々のあいだを操縦したことを示す。CREDIT: JULIUS T. CSOTONYIローリー―ほとんどの科学者は鳥類が生きた恐竜、すなわち6500万年前の白亜紀末に他のすべての恐竜が死に絶えた大絶滅の生き残りであることに同意...

古代ジュネーヴ湖の津波

大昔に津波がジュネーヴ湖沿岸を襲った堆積物は波を大規模な落石が引き起こしたことを示し、現代の湖畔民へのリスクを際立たせる。Jessica Marshall28 October 2012スイスのジュネーヴ市は、大きな落石がジュネーヴ湖に津波を引き起こしたら、洪水のリスクにさらされる。そのような津波が西暦563年に起こっていたと考えられる。Radius Images/Alamy西暦563年、ローマ人が現在のジュネーヴ(スイス)の支配をやめてから1世紀以上の...

全鳥類種の系統図

全ての現生鳥類種の「生命の樹」が構築された地理的分布を多様化と結びつける野心的な試みは一部の鳥類の羽を逆立てる。Virginia Gewin31 October 2012全ての知られている鳥類種の巨大な「生命の樹」はそれらの進化関係と、それらが現在どこに棲息しているかを示す。Cody Schank科学者たちは世界中の知られている全9,993種の鳥類のあいだの進化関係をマップした。この研究は今日Nature誌に発表された。これはDNA配列データを使って...

三畳紀のトビウオモドキ

最古の飛翔魚類の化石が中国で見つかった魚類は中期三畳紀には早くも水上を滑空できたNidhi Subbaraman31 October 2012中国で見つかったほぼ完全な骨格は新種の飛翔魚類と確認された。ROYAL SOC.中国から産出した魚はヨーロッパの類縁に代わって最古の知られている滑空魚類となった。ポタニクティス・クシンギイエンシス(Potanichthys xingyiensis)と名づけられた、魚類のほぼ完全な骨格は、中国南西部の貴州省興義の近くで見つ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。