Entries

スポンサーサイト

2.15ロシアの隕石衝突

ロシアの隕石は過去1世紀で最大爆発は核爆発に匹敵したが、岩石は先進的警戒ネットワークが検知するにはまだ小さすぎた。Geoff Brumfiel15 February 2013 Corrected: 15 February 2013今朝ロシア上空で爆発した隕石は過去1世紀以上で地球に衝突した最大記録の天体だった、と科学者たちは言う。核兵器実験の監視のために設計されたネットワークが収集した超低周波音データは、今日の爆発が数100キロトンものエネルギーを放出したこ...

ヴェスタの衝突モデル

原惑星は大規模な衝突によって形づくられたシミュレーションはヴェスタのいびつな形のでき方を示す。Geoff Brumfiel13 February 2013大規模衝突(想像図)はヴェスタを現在のいびつな形にした。Martin Jutzi火星と木星の間にある小惑星帯で最大の天体の一つは二重の当て逃げの犠牲者だったと思われる。モデルはヴェスタが惑星規模の天体に二回衝突され、その表面に巨大な傷痕を残したことを示す。しかしこの理論衝突は、それがヴェ...

ウミウシの使い捨てペニス

ウミウシの一種はセックスの後にペニスを失うが翌日には別のペニスが生える無脊椎動物の一種は汚れた針のような器官を捨てて競争者の精子を運ぶのを避けているらしい。Matt Kaplan13 February 2013チリメンウミウシは交尾後にペニスを落として再生する。MATTHEW OLDFIELD/SCIENCE PHOTO LIBRARY裸鰓類はウミウシからなる多様なグループで、この裸鰓類のドギツい警戒色に注意を引かれるのも確かである――しかしこの軟体性の軟体動物...

中・新石器人の平和的交流

大昔の採集民と農耕民はうまくやっていたby Michael Balter on 11 February 2013, 3:40 PM文化交流?この画家の復元に描かれるような、ドナウ川沿いの狩猟採集民は独自の風習を維持していたが、後からやってきた農耕民の文化も取り入れていた。そのため、この狩猟採集民の墓には採集民に典型的なビーズと農耕民に関連するビーズの両方が入れられていた(右上のネックレスを作るのに使われるビーズなど。)Credit: (Illustration, L...

竜脚類の脳と内耳の解剖学

最大の恐竜の脳はテニスボールの大きさだったCharles Choi, LiveScience ContributorDate: 23 January 2013 Time: 05:35 PM ET植物食恐竜アンペロサウルスは地球上を歩いた最大の動物の一つだったが、ちっぽけな脳を備えていた。CREDIT: O. Sanisidro.これまで地球上を歩いた中で最大の恐竜グループの進んだメンバーは比較的ちっぽけな脳を持っていた、と研究者たちは話す。科学者たちは7000万年前の巨大な恐竜アンペロサウルス(A...

K-Pg絶滅と衝突の年代

新しい証拠によると彗星か小惑星の衝突は恐竜にとって最後の一本の藁だったBy Robert Sanders, Media Relations, February 7, 2013バークリー――恐竜の絶滅は世界で究極のフーダニットだ。犯人は彗星か小惑星の衝突?火山灰?気候変化?モンタナ州で恐竜絶滅準位から数センチメートル以内にある炭層から火山灰サンプルを収集するチームリーダーのポール・レニー。Photo by Courtney Sprain.この問題を解決しようとする試みの中で、...

有胎盤類の祖先と放散

最初の有胎盤哺乳類との対面大量に蓄積されたデータは我々の祖先が恐竜が絶滅した後になってから分岐したことを示す。Ed Yong07 February 2013すべての有胎盤哺乳類の仮説的祖先は小型で、毛皮に覆われ、昆虫を食べていた。Image courtesy of Carl Buell小惑星が恐竜――現在の鳥類へと進化した恐竜を除いて――を死滅させたのち、小型で、毛皮に覆われた哺乳類は昆虫を探して森じゅうをちょこちょこ走り回っていた。その控えめな姿か...

最古のクモガニ類化石

最古のクモガニ類が化石サンゴ礁で発見されたby Jeanna Bryner, LiveScience Managing EditorDate: 04 February 2013 Time: 10:39 AM ETこれは、カタマジャ・グラヌラタと命名され新種のクモガニ化石の一つだ。採石場で見つかり、1億年も前にさかのぼる。CREDIT: Cretaceous Research1億年前に生息していた知られている最古のクモガニ類を含む、8種の新種甲殻類の化石がスペイン北部にある化石サンゴ礁で発見された、と科学者は報...

ネアンデルタール、早い絶滅

ネアンデルタール人の遺物は早い絶滅を指し示す新しい年代測定はスペインの遺跡からの骨が以前の考えより10,000年古いことを示す。Ewen Callaway04 February 2013スペイン南部からの顎骨をはじめとする遺物の新しい年代測定は、ネアンデルタール人が30,000年前という最近の年代まで生きていたのかという疑問を起こす。C. Barroso-Ruízネアンデルタール人は以前の考えより何千年も早くスペイン南部から消滅した、と炭素年代の研究が...

リチャード3世の遺骨発見

リチャード3世の骨格が駐車場で見つかったby Kai Kupferschmidt on 4 February 2013, 12:25 PM王の冠。昨夏、レスター(英国)にある駐車場で発掘された、この頭骨は有名なイングランド王リチャード3世のものだったことが、今日提示された新しい証拠によって分かった。Credit: University of Leicester何か月もの推理を終え、レスター大学(英国)の科学者たちのチームは、昨年レスター市の駐車場で見つかったヒトの遺骨がリチャー...

金を生鉱物化で作る細菌

金を掘る細菌が高価な粒子をつくる生化学的トリックが廃棄物からの金属の回収を手助けできるかもしれないEwen Callaway03 February 2013金塊には金の毒性を回避する生化学的トリックを使う細菌が住んでいる。Bertrand Rieger/Hemis/Corbisいつか金の探鉱者は調査のための道具としてペトリ皿を使う日が来るかもしれない。細菌の一種はこの貴金属の有毒溶液の中で成長できるようにするためにナノスケールの金塊を形成する、と今日Nat...

上層大気の細菌と気象

空高く飛ぶ細菌が気候への影響についての関心に火をつける極端な高度に見られる微生物は降水量と雲の密度に影響しうる。Helen Shen28 January 2013とてもきれいに見える雲は汚れた細菌が充満した空気でできている。Joe Chen Photography/Getty乾いた空気と紫外線に脅かされながら、ある種の細菌は上層大気で生きていけるだけでなく、天気と気候に影響を与えている、と1月28日にProceedings of the National Academy of Sciences誌...

古生代のサナダムシ化石

大昔のサナダムシの卵が化石化したサメの糞から見つかったCharles Choi, LiveScience ContributorDate: 30 January 2013 Time: 05:19 PM ET糞石と呼ばれる、化石化したサメの糞(ここに示される)は、大昔のサナダムシの卵が中にあることが分かった。CREDIT: Luiz Flavio Lopes.2億7000万年前のサメの糞から見つかった大昔のサナダムシの卵はこれらの寄生虫が以前の考えよりはるかに長く動物に寄生していたことを示す、と研究者た...

ハトの冠の遺伝学

ハトの冠の秘密by Elizabeth Pennisi on 31 January 2013, 2:00 PM頭部のドレス。イエバトの冠はかなり多様だが、その存在は同じ変異にもとづく。Credit: Mike Shapiro/University of Utahイエバトはすこしイヌに似ている。何世紀にもわたって、愛好家が驚くほど多様な色、羽の配列、および行動を発展させ、350以上の品種が外見の鑑賞と飛ぶ速さ、空中で宙返りする回数、あるいは滞空時間の競争に使うために作られた。カワラバトの...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。