Entries

スポンサーサイト

イヌ家畜化をめぐる論争

イヌの遺伝学が科学論争を刺激する研究者たちはイヌの家畜化をめぐって意見を異にする。Ewen Callaway18 June 2013イヌがどこでいつ家畜化されたかという問題で遺伝学者たちは綱引きする。Les Hirondelles Photography/Flickr/Getty Imagesオオカミのイヌへの変化を調査する科学者たちは彼らが研究する動物と少し似た行動を取っている。イヌの家畜化を理解するために遺伝学を使う人たちのあいだでけんかが起こっているのだ。ここ数...

絶滅動物の潜水能力

筋肉のほとんどを酸素にする動物は極限環境で酸素を得るさまざまな方法を進化させてきた。Brian Owens13 June 2013水中に2時間もとどまれる、ミナミゾウアザラシ(Mirounga leonina)などの持久力のある潜水動物は、筋組織に詰め込む酸素を増やすことで適応している。Michael Pitts/NPL酸素は生命に必須であり、動物は極限環境――水中深く、高高度、非常時など――で酸素へのアクセスを確保するさまざまな方法を発展させてきた。今日...

ウナギから新蛍光タンパク

脊椎動物に同定された最初の蛍光タンパク寿司で人気のウナギはバイオイメージングを進歩させる。Monya Baker13 June 2013青色光が照らされると、このウナギは緑色に輝く――このトリックをさせる分子は他の現生生物に見られるどれとも違う。Akiko Kumagai & Atsushi Miyawakiニホンウナギ(Anguilla japonica)は生物学者に美味しい寿司スナック以上の贈りものをした。その筋繊維は脊椎動物に同定された最初の蛍光タンパクを産生する...

マントルでの水の影響

マントル運動における水の役割が疑わしくなった地球深部の岩石の流れは考えられていたほど湿った鉱物に依存しないようだ。Alexandra Witze12 June 2013地球のマントル内部の滞留(黄色の外核の周りのオレンジの輪)は水の存在による潤滑効果に依存しないらしい。これは地球物理学者たちの想定とは異なる。JOSE ANTONIO PEÑAS/SPL水は研究者たちが考えていたほどは地球内部の岩石の流れを支配しないらしい。数十年にわたって、科学...

チーターの速度と敏捷性

野生チーターのスピードテスト最先端の首輪が動物の素早い反射運動と驚異的な加速を明らかにする。Matt Kaplan12 June 2013チーターが下草の中でかがみ込む。一匹の若いレイヨウが群れから少しはぐれるとき、チーターは茂みから飛び出す――そして、自然界で無比のスピードを爆発させ、その次の食事を仕留める。そんなふうに我々は想像してきた。しかし野生チーターの動きのデータを集めた最初の研究は、通説とは違って、チーターの...

アイスマンの脳挫傷の証拠

新しい科学的分析はアイスマン・エッツィの隠された秘密に光を照らす10 June 2013 European Academy of Bozen/Bolzanoアイスマンの脳の赤血球 (Marek Janko, TU Darmstadt)タンパクの調査は脳損傷説を支持し、新しいミイラ研究の可能性を開く。アイスマンの遺伝的構成を解読した後に、ボルツァーノ欧州アカデミー(EURAC)、ザールラント大学、キール大学などの協力機関による研究チームは、ミイラ研究における大きなブレークスル...

ツングースカ隕石の断片

岩石サンプルは隕石がトゥングスカ爆発を起こしたことを示すシベリアの泥炭地から採取された粒は記録に残る史上最大の地球衝突の残物かもしれない。Mark Peplow10 June 2013大気中での隕石爆発が、1908年にシベリアの森林をなぎ倒した大災害の最有力な原因だと今でも考えられている――そして岩石片の新しい分析はその結論を支持するように見える。Universal History Archive/Getty Imagesそれらは外宇宙から来た。シベリアの僻地か...

ジャガイモ飢饉の原因菌

大飢饉の謎が解かれたby Ann Gibbons on 21 May 2013, 5:45 PMランパー種の葉。胴枯病にかかったジャガイモの葉は、アイルランド飢饉の真っ最中の、1847年に収集された。Credit: Marco Thines/Senckenberg Gesellschaft für Naturforschung1845年から1852年までの間の、アイルランドジャガイモ飢饉(大飢饉とも呼ばれる)の間に100万人以上の人々が飢餓と病気で死んだ。これは100万人以上の人々を移住させ、アイルランドのカトリッ...

ネアンデルタール人の腫瘍

ネアンデルタール人も腫瘍にかかったby Sarah C. P. Williams on 5 June 2013, 5:00 PM隠し立てをしない。ネアンデルタール人の肋骨のマイクロ-CTスキャンはかつて腫瘍が占めていた空隙を示す。Credit: GW Weber/University of Vienna120,000年前に現在のクロアチアに生きていたネアンデルタール人は工業化学物質にさらされておらず、彼らは加工食品とは無縁の食事を食べていた。それでも、我々現代の病から逃れることはできなかっ...

ニワトリのペニス消失

ニワトリはどのようにそのペニスを失ったのか細胞死をシグナルする分子が発生期のオンドリの性器を鎮める。Helen Shen06 June 2013オンドリの性器は進化の難問だ。Damschen/ARCO/naturepl.com鳥類のペニス消失事件は進化生物学上の長年の謎だ。だが鳥類でペニス喪失を制御する分子機構の特定が、どうにかこの難問の解決に向かっている。体内受精で生殖するにもかかわらず、およそ97%の鳥類種はとても小さな陰茎様のものを備えるか...

最古の霊長類

最古の霊長類骨格が姿を現した小さな生き物のほぼ完全な化石がヒトにつながる系統の起源が古かったことを支持する。Sid Perkins05 June 20132002年に中国で発掘された小さな生き物のほぼ完全な化石は、霊長類の中の真猿類グループ――現生メンバーはサル、類人猿、ヒトなど――が少なくとも5500万年前までに出現していたという考えを支持している。この化石霊長類はその系統に属さない。それはメガネザル類と呼ばれる樹上棲霊長類の発...

再発見のカエルは化石属

「絶滅した」カエルはその系統の最後の生き残り再発見されたパレスチナイロワケガエルはイスラエルで元気だ。Ed Yong04 June 2013新しく再命名されたラトニア・ニグリヴェンテル。イスラエルの自然保護区に棲息し、その属の唯一の生き残っている種と思われる。Frank Glaw1996年、40年にわたる調査の失敗の後、パレスチナイロワケガエル(Hula painted frog)は国際機関に絶滅を宣言された最初の両生類となった――それはいま両生綱全...

フランスワインの古い起源

フランスワインは古い起源を持つby Helen Fields on 3 June 2013, 3:00 PM緊急事態(絞るもの)。紀元前6世紀のギリシアの壺の上で、一人のサテュロスがブドウを踏みつぶしている。1世紀ほど後、フランス南部でケルト人はこの石灰岩の搾り機(右下)を使ってワインのためのブドウを潰していた。Credit: (left) Martin von Wagner Museum/University of Würzburg, photograph: P. Neckermann; redrawn and adapted by Benjamin Lule...

ネアンデルタール人の離乳

ネアンデルタール人は何歳まで母乳保育したのか?by Michael Balter on 22 May 2013, 2:00 PM急速に成長? このネアンデルタール人の子供の歯におけるバリウムレベルは、それが誕生後227日目に部分的に離乳し、435日目に完全に離乳したことを示す。Credit: Austin et al. Nature (2013)ほとんどの小児保健の専門家は最低でも6ヶ月の母乳保育が成長する赤ちゃんの福祉に必要なことに賛成する。そういった推奨がどれぐらい実行されて...

原始的脊椎動物の腐敗図録

腐敗のファン?あなたにぴったりのものがあるby David Malakoff on 24 May 2013, 5:30 PM上:いくよ、いくよ、いった。296日の分解の後にヤツメウナギの鼻先(左端)はたった数本の骨(右端)に減ってしまう。下:頭を失わないで。48日後、ヌタウナギの頭骨(左端)はほぼ消失する(右端)。Credit: Courtesy of Mark Purnell腐りゆく魚類の写真集がサザビーズのオークションにかけられるとは思えないが、それは魚類の研究者に大人...

カメの甲羅の進化

カメはどのように甲羅を獲得したか?By Carolyn Y. Johnson Globe Staff May 30, 2013南アフリカの爬虫類、エウノトサウルス・アフリカヌスの骨格。カメ類とその謎めいた甲羅の初期進化におけるギャップを埋める。Tyler Lysonカメはどのように甲羅を獲得したのか?それは学童が聞くことがあるぐらい明らかな問題だが、1世紀以上にわたって、爬虫類とその骨質背甲を研究する古生物学者および進化生物学者たちのあいだで意見の一致...

最古の鳥類?偽物化石?

最古の鳥類という主張が羽を逆立てたby Michael Balter on 29 May 2013, 1:20 PM 早起き鳥類? 中国で発見された1億6000萬年前の鳥類の骨格(左)と主張されたものの想像復元図(右)Credit: (fossil, left) Thierry Hubin/IRSNB; (reconstruction, right) Masato Hattori ジュラ紀(およそ2億から1億4500万年前)の時代に、ある肉食恐竜は鳥類に似た骨格を進化させはじめ、体に羽毛は生やしはじめた。これらの生物のうちの一グル...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。