Entries

スポンサーサイト

三畳紀に被子植物がいた

新しい化石が顕花植物の起源を1億年古い前期三畳紀にさかのぼらせるNews release, October 01, 2013スイスのボーリングコアから、知られている最古の顕花植物の直接祖先の化石が姿を現した。これらの美しく保存された2億4000万年前の花粉粒は顕花植物が以前の考えより1億年も前に進化した証拠である。研究はチューリヒ大学の研究者たちによる。顕花植物は球果植物、イチョウ類、ソテツ類、およびシダ種子類と類縁関係のある絶滅し...

板皮類化石と顎の起源

大昔の魚の顔が現代の顎のルーツを示す原始的な脊椎動物の洗練された下顎が進化ツリーを書き換える。Eliot Barford25 September 2013この復元図に示される新しく記載された甲冑魚は、4億1900万年前に生息していたが、すでに現代の魚類とほとんどの他の脊椎動物に見られる骨の顎を持っていた。Brian Chooそうは見えないだろうが、我々はエンテログナトゥス・プリモルディアリス(Entelognathus primordialis)とよく似たところがあ...

赤い顔料に起こる黒変

絵が黒くなった?水銀のせいだ塩分のある空気と光によって赤い絵画用顔料から液体金属が生じる。Davide Castelvecchi04 October 2013「東方三博士の礼拝」(ピーテル・パウル・ルーベンス、1624)の赤い顔料から放出された水銀はいくつかの場所で黒い染みを作っている。Koninklijk Museum voor Schone Kunsten, Antwerp/Giraudon/The Bridgeman Art Library朱色の顔料(辰砂)は何世紀にもわたって画家に愛用されてきたが、時間と...

サンゴ礁のカイメンと循環

サンゴ礁はカイメンのデトリタスをたくさん食べているHelen Fields3 October 2013 2:00 pmJasper de Goeij非カリスマ的。Halisarca caerulea(左)やScopalina ruetzleri(右)などのカイメン類はサンゴ礁の上のクラストの中で育つ――そして大量の養分を加工する。サンゴ礁は存在するはずがない。魚などのさまざまな生物が充満していて、周囲の水が栄養をほとんど含んでいないという事実にもかかわらずサンゴ礁はある程度成長してい...

火星にかつて超巨大火山?

火星で大昔の超巨大火山が明らかにされた巨大な凹地は古い衝突クレーターでなく噴火の痕跡らしい。Alexandra Witze02 October 2013隕石が形成したと思われていた火星のクレーター群は、実際は活動を停止した火山であるらしい。あまりに巨大なために数十億年前に活動していた頃には火星を火山灰で埋めたかも知れない。それらのクレーターは、火星北部の地質学的に古い地域である、アラビアテラの表面に集まっている。外見は地球のカ...

三畳紀を通す掘削調査計画

地質学者たちはトライアシック・パークに向かってドリルを進めるアリゾナ州の岩石コアは激動の時代の整然とした姿をもたらす。Alexandra Witze01 October 2013化石の森国立公園のチンディ・ポイント(Chinde Point)の赤い岩石が、すぐに2億年以上前のイベントのまったく新しい姿を見せてくれるだろう。A. Witzeアリゾナ州の化石の森国立公園(Petrified Forest National Park)に、観光客は石化した樹木の巨大な輝く丸太を見て驚...

赤痢菌の遺伝変異の追跡

赤痢菌の隆盛の背後にある素早い進化研究者たちは細菌の一種に競争力を与えた一連の遺伝的変異を追跡する。Sarah Zhang30 September 2013ホーチミン市(ベトナム)の運河はShigella sonneiの伝染に関係しているだろう。赤痢を引き起こす細菌、Shigella sonneiはベトナム中に広まっている。この国の衛生が大きく改善し、経済発展しているにもかかわらずだ。いま科学者たちはその理由が分かったと考えている。たった15年前のうちに、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。