Entries

スポンサーサイト

有胎盤類の出現年代

恐竜とともに地球上にいた哺乳類はどれかをめぐる議論遺伝学的ツリーは有胎盤哺乳類が大絶滅の後になってから出現したとする化石に基づく結論に異義を唱える。Ewen Callaway15 January 2014O'Leary, M. A. et al. 2013最初期の有胎盤哺乳類の仮説的復元はそれがほとんどの恐竜が絶滅した後に生きていたことを示すが、このグループがそれよりずっと前に起源したと考える研究者もいる。胎盤を持った最初の哺乳類は恐竜と一緒に生きて...

軟骨魚類初のゲノム解読

なぜサメには骨がないのかゾウギンザメのゲノム――軟骨魚類で初――が脊椎動物の初期進化を明らかにする。Brendan Borrell08 January 2014Norbert Wu/Minden Pictures/Getty Imagesゾウギンザメは過去4億2000万年に少ししか変わっていないため、そのDNA配列は他の脊椎動物種との比較に有用だ。大きな鼻を持ったへんちくりんな魚はゲノム配列が読まれた最も原始的な有顎脊椎動物となった。ゾウギンザメのDNA配列はサメがなぜ軟骨骨格を...

最初期の食肉類化石

新しい化石がライオンにトラにクマ(まあ大変!)の起源に光を照らすドルマーロキオン・ラトウリの復元。Credit: Art by Charlène Letenneur (MNHN) and Pascale Golinvaux (RBINS).ベルギーからの新しい化石がとあるもっとも有名で愛されている現生哺乳類の起源に光を照らした。ネコとイヌをはじめとする肉食哺乳類(クマ、アザラシ、イタチなど)は分類学的に「食肉類」('carnivoraformes')と呼ばれる。食肉類はその祖先をたど...

大昔の海棲爬虫類の配色

大昔の海の生き物の本当の色Sid Perkins8 January 2014 1:00 pmStefan Sølberg総天然色。オサガメ類のエオスファルギス・ブレイネリ(Eosphargis breineri、上)、魚竜類(中)、モササウルス類(下)などの、大昔の一部の海棲爬虫類は現在の海の生き物と似た配色をしていたことが新しい化石の研究から分かった。すこしイルカに似た外見だが、尖った歯がびっしり生えた長くて細い鼻先を持つ魚竜類の一種は、全身を覆う濃い色素のお...

石炭紀のサメの産卵場化石

大昔の奇怪なヘラ状のクチバシをもつサメの産卵場が発見されたBy Tia Ghose, Staff Writer | January 08, 2014 11:13am ET メゾンクリーク(イリノイ州)の化石堆積物で発見された3億1000万年前のサメ、バンドリンガの復元図。Credit: Painting by John Megahan, University of Michigan.衝撃的に保存状態の良い奇怪な長い鼻先をもつ赤ちゃんザメ――同じ種の卵殻も――は大昔のサメの産卵場についての最古の信頼できる証拠になるだろ...

島の動物は警戒心が弱い

島は動物を従順にするトカゲの研究は捕食者の不在が警戒心をなくさせるというダーウィンの直感を支持する。Ed Yong08 January 2014Matt Moyer/National Geographic/Gettyガラパゴス国立公園のウミイグアナ(Amblyrhynchus cristatus)は旅行者が近くを歩いても穏やかに休んでいる――捕食者不在のためと思われる行動だ。チャールズ・ダーウィンがガラパゴス諸島を訪れたとき、そこに棲息する動物の多くが人を恐れないので「ここでは...

白亜紀の琥珀から花の受精

コハク化石から太古の顕花植物の生殖の様子が明らかになった01/02/2014太古の花オレゴン州コーヴァリス――1億年前のコハクのかけらが発見され、顕花植物における有性生殖の最古の証拠が明らかになった。それは白亜紀の18個の小さな花の房で、そのうちの1つは次世代のための新しい種をいくつか作る過程にあった。この現在は絶滅した植物の中で完全に保存された瞬間は、白亜紀中頃の地球の様子の一部である。顕花植物が美しさと生物多...

欧州の農耕爆発は人口移動

古代DNAによるとヨーロッパで最初の農耕民ははるか遠くから来たMichael Balter非農耕民。ホーレンシュタイン・シュターデル(ドイツ)で発掘されたこれらの8700年前の狩猟採集民の頭骨から採られた古代DNAから、彼らが後の農耕民の祖先ではなかったことが分かった。CREDIT: IVONNE MÜHLEIS, LANDESAMT FÜR DENKMALPFLEGE, BADEN-WÜRTTEMBERG約11,000年前、中東で農耕は狩猟採集生活様式に置き換わり始めた。はじめは、農業は現在の...

超巨大噴火の発生機構

超巨大火山はそれぞれのやり方で噴火する巨大噴火とそれより小さな火山は違った機構で起こる。Alexandra Witze05 January 2014Luca Caricchiイタリアのストロンボリ島などの小さな火山噴火は溶けた岩石が地下に集まって生じた圧力によって進む。ひどく巨大な火山噴火の頻度は科学者たちの予測より少ない。いま火山学者たちはその理由を説明できると考えている。超巨大噴火とそれより小さな噴火は根本的に違う過程で引き起こされる...

南極氷床のイソギンチャク

氷好きのイソギンチャクが南極で見つかった14:03 31 December 2013 by Catherine de Lange南極氷床の裏側に棲息するイソギンチャク。Credit: PLoS ONE, Marymegan Daly, Frank Rack, Robert Zook冷静であることについて話そう:イソギンチャクの一種が南極の氷床の裏側で見つかった。それらは氷に固着して棲息することが知られている唯一の海洋動物であり、それらがどのように生き延びているのか誰にも分かっていない。ネブラスカ...

欧州人の祖先は3系統

大昔のヨーロッパ人のゲノムから祖先がごちゃ混ぜであることが明らかになった北からの謎の人びとと中東の人びとが先史時代に各地で一緒になった。Ewen Callaway02 January 2014De Agostini Picture Library/Getty Imagesヨーロッパは狩猟採集民が居住した後に中東からの移住がこの大陸に農耕をもたらした。新しく発表されたヨーロッパに住んでいた初期人類十人近くのゲノム配列によって、この大陸がかつて茶色い目の農耕民と青い目...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。