Entries

スポンサーサイト

極北の小型ティランノ類

矮小恐竜が極北を闊歩していたアラスカで見つかった小型ティランノサウルス類の化石は季節変動が体の大きさに影響していたらしいことを示す。Alexandra Witze12 March 20147000万年前の極北のティランノサウルス類新しく発見されたナヌクサウルスは小型ティランノサウルス類の疑いの余地がない最初の例だと考えられているKAREN CARR北極圏より北のアラスカの川沿いで、古生物学者たちは両極で初めてのティランノサウルス類の種の化...

水棲オオナマケモノの骨

大昔のナマケモノが水棲生活をしていた秘密が明らかにBy Laura Poppick, Staff Writer | March 11, 2014 09:49pm ET 海棲ナマケモノ、タラッソクヌス(Thalassocnus)の骨格と復元。Credit: © Photographs and mounting: Philippe Loubry; restoration, William L. Parsons数百万年前、現在のチリ・ペルー沖の浅海を水棲ナマケモノが泳いでいた。これらの今は絶滅した遊泳動物は密度の高い骨を持っていて、植生を食みに海底へ...

ドロモメロンと恐竜の出現

恐竜の出現はやはりそれほど急速ではなかったBy Robert Sanders, Media Relations | 19 July 2007バークリー-ニューメキシコ州北部のよく描かれた名所、アロヨで発見された化石によって恐竜類と非恐竜祖先が数千万年にわたって隣り合って棲息していたことがはじめて明らかになった。このことから恐竜類が時代遅れだと思われていた先行動物たちと急速に置き換わったという考えが間違いであることが分かった。ニューメキシコ州ゴー...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。