Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/136-1c8db2c1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

恐竜化石密輸事件で逮捕

争いになっていた恐竜事件の化石ディーラーが逮捕された

Wynne Parry, LiveScience Contributor
Date: 17 October 2012 Time: 11:37 AM ET


このティランノサウルス・レクスの近縁種である恐竜標本が5月20日に開かれた競売に出されたと同時に、それがモンゴル国から不法に持ち出されたものであるか否かという問題が起こった。
CREDIT: Wynne Parry


連邦警察は恐竜骨格をめぐる所有権争いに巻き込まれたフロリダの化石ディーラーを逮捕した。容疑は恐竜化石を米国へと不法に輸入する計画に関係する罪だった。

逮捕されたディーラー、エリック・プロコピ(Eric Prokopi)は今朝(10月17日)にゲインズヴィル(フロリダ州)にある彼の自宅で逮捕された、とマンハッタン連邦検事は発表した。

連邦検事は以前に、タルボサウルス・バタアル(Tarbosaurus bataar)として知られるT-rexに似た恐竜の骨格についての民事訴訟を提出していた。それはプロコピが今年前半にあった競売で売ろう企てていたものだった。モンゴル大統領エルベグドルジ・ツァヒア(Elbegdorj Tsakhia)は化石がほぼ確実に彼の国から不法に持ち出されたと言ってとりなした。これは古生物学者たちによって支持されてきた主張だ。

今や法廷闘争は刑事領域へと移っている。発表の中で、連邦検事プリート・バララ(Preet Bharara)はプロコピを「先史時代の化石を扱うひとりのブラックマーケット」と呼んだ。

連邦検事局はプロコピを化石密輸の罪で訴えている。それには脊椎動物化石の輸出が許されていない、モンゴルおよび中国から合衆国への、タルボサウルスの輸出が含まれる。連邦検事たちはプロコピが税関用紙にこの輸入を偽って記述し、盗品を売却したと申し立てている。

連邦検事が訴えた法廷文書によると、国土安全保障当局は税関書類に虚偽の記載をしたという理由でこれらの標本の一つ、ミクロラプトル(Microraptor)という名前の小型の四翼恐竜を差し押さえた。法廷文書によるとプロコピがカリフォルニア州のギャラリー兼オークションハウスのI.M. Chaitに売却したという別の骨格は、サウロロフス・アングスティロストリス(Saurolophus angustirostris)という名前のカモハシ竜の一種に属していた。

このカモハシ竜は、タルボサウルスと同様に、ほぼ確実にモンゴルにしか露出していないある一つの岩石層から産出したと、アメリカ自然史博物館の古生物学者、マーク・ノレル(Mark Norell)は話した。彼はモンゴルをフィールドに研究している。

連邦検事局によると、プロコピに対する告訴には他に2種の現在モンゴル国になっているところに固有の恐竜の取引に関連するものも含まれる。

民事訴訟におけるプロコピの弁護士の一人、ピーター・トンパ(Peter Tompa)はこの訴訟についてのコメントを断り、プロコピは被告側弁護人を雇っておく必要があると言った。

タルボサウルスの民事訴訟に関しては、トンパと共同弁護士のマイケル・マッカラ(Michael McCullough)は、モンゴルの法律がプロコピのような米国人には到達しないことと、それが化石の所有権について曖昧であることを主張している。

彼らはこのタルボサウルスがモンゴルに由来することも争っていて、断片的な化石が他の国にも現れていることを指摘している。

プロコピがタルボサウルスへの税関用紙に虚偽記載をしたという申し立てに関しては、マッカラとトンパは何の情報をこれらの用紙に与えるかについて利用可能な明瞭な手引きがなかったと擁護している。たとえば、「原産国」に明瞭で決定的な定義はないと彼らは話した。プロコピはタルボサウルス化石の原産国を英国とリストしていた。

今月初めに行われたインタビューの中で、トンパとマッカラは、連邦当局にI.M. Chaitからカモハシ竜を押収するよう指示した9月の裁判所命令について、個別ににコメントするのを断った。だがトンパはこのように話した。「彼らが、モンゴルがこれに何らかの関係を持つと考える、別の恐竜の押収を決定したという事実を私は知らない。それが彼らがある種の聖戦をしていることを示す以外は」

I.M. Chaitはコメントを求めに対して答えていない。

プロコピは違法物品密輸の計画的犯行、盗品の所有、および虚偽記載の作成という罪に問われている。彼は合衆国への密輸、州間取引、および盗品の受領という罪にも問われている。

LiveScience
Fossil Dealer in Disputed Dinosaur Case Arrested
Wynne Parry, LiveScience Contributor
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/136-1c8db2c1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。