Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/14-f5d70e66

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

欧州最古の楽器

40,000年前のヨーロッパで最初期の楽器


ガイセンクレスタールの産地で発掘されたマンモスの牙製のフルート。

ヨーロッパで最初の現生人類は40,000年も前から楽器を奏で、芸術創造性も見せていた。オックスフォード大学とチュービンゲン大学の新しい研究による。

研究者たちは、様々な楽器と同じ考古学的層位で見つかった骨に放射炭素年代測定を行い、重要な新しい年代を得た。これらの楽器は鳥類の骨とマンモスの牙で作られたフルートの形をとっていた。楽器が発掘されたのは、ヨーロッパに着いた最初の現生人類の一部が居住していたと広く考えられている、ドイツの重要な産地である。

研究者たちはJournal of Human Evolution誌に発表された論文の中で、ドイツ南部のシュヴェービッシュ・ユラにあるガイセンクレスタール洞窟で、楽器と初期の芸術と同じ考古学的層位で発掘された動物骨の新しい年代測定結果を記述した。

オックスフォード大学のトーマス・ハイアム教授らのチームは、骨に保存されたコラーゲンからコンタミネーションを除くよう設計された改良限外濾過法を使って、新しい年代を得た。この年代は、初期の現生人類と結びついた後期旧石器時代のオーリニャック文化がこの地点で42,000から43,000年前までの間に始まったことを示す。

この産地の骨から得られた新しい年代証拠は、以前考えられていたのより2,000から3,000年古い結果をもたらした。現時点ではこの年代はオーリニャック文化で最古であり、イタリア、フランス、イングランドおよび他の地域の相当産地に先行する。

筆頭著者でオックスフォード大学のハイアム教授によると「現生人類のヨーロッパへの拡張と、造形と音楽の到来を含む、広範囲の文化的イノベーションを導いたプロセスを説明するアイディアをテストするためには、信頼できる年表を確立しなくてはならない。それにはこの種の高解像度年代測定が必須だ」

この産地で発掘をしている、チュービンゲン大学のニコラス・コナード教授によると、「これらの結果は、40,000年から45,000年前までの間に人類と技術的イノベーションが中央ヨーロッパへと移動する主要回廊がドナウ川だった、という我々が数年前に立てた仮説と合う。ガイセンクレスタールは装身具、造形、神話像および楽器の重要な実例を産出した地域にあるいくつかの洞窟の一つだ。新しい年代はシュヴァーベンのオーリニャック文化が非常に古いことを証明する」

この研究結果は現生人類がドナウ川上流地域に入ったのが、およそ39,000から40,000年前の極めて寒冷な気候相より前だったことを示す。以前は、研究者たちは現生人類が最初にドナウ川まで移住したのはこのイベントのすぐ後だったと主張していた。

「オーリニャック期の現生人類は、大西洋北部にある氷床から巨大な氷山が分離して気温が急落していた、この気候悪化の少なくとも2,000から3,000年前に中央ヨーロッパにいた」とハイアム教授は話した。「問題は、この気温低下が当時のヨーロッパの人々にどんな影響を与えたのかということだ」

ヨーロッパにおける初期現生人類とネアンデルタール人のあいだの相互関係を考えても、今回の結果は重要である。この地域でネアンデルタール人と現生人類の間に相互作用があったことを示す考古学的痕跡を見つけようと、大きな努力が払われてきた。それにもかかわらず、研究者たちはまだこのヨーロッパの一部で文化的接触や相互交雑があったことを示すいかなる示唆も見つけていない。

シュヴァーベン洞窟群はこの時代に特徴的な技術的・芸術的イノベーションの最初期の記録を産出していて、研究結果は恐らくドナウ渓谷がオーリニャック文化のホームランドであったことを示す。シュヴァーベンで見つかった多くのイノベーションを刺激したのが気候環境なのか、現生人類とネアンデルタール人の間の競争なのか、あるいはまったく独立して形成された社会的および文化的影響なのかが、今でも彼らの研究の中心焦点だ。

University of Oxford Press Release
Earliest musical instruments in Europe 40,000 years ago.
24 May 12

原論文
Thomas Higham, et al.
Τesting models for the beginnings of the Aurignacian and the advent of figurative art and music: The radiocarbon chronology of Gei?enkl?sterle
Journal of Human Evolution Volume 62, Issue 6, June 2012, Pages 664?676
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/14-f5d70e66

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。