Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/144-8daddd87

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トリケラトプスについた歯形

トリケラトプスの食べ方

ティランノサウルスは装甲した獲物の頭を引きちぎって柔らかい首の肉に届いた。

Matt Kaplan
24 October 2012

ノースカロライナ州ローリー


Nate Carroll

彼らの戦いは不朽のものだった:凶暴な暴君が、3本の必殺の角で武装し、首の周りを囲む骨質のフリルで防護されたディフェンダーと闘っていた。だがティランノサウルス(Tyrannosaurus)とトリケラトプス(Triceratops)の間の激しい戦いはハリウッドの誇大演出の材料にはなりがたい。ティランノサウルスの咬み痕はトリケラトプスの化石骨でよく知られているが、これまでは、いつもそのような化石はバラバラの方法で研究されてきた。

この先例から一歩踏み出して、研究は多数の咬み傷がついたトリケラトプスの骨の調査と、ティランノサウルスがどう食べたかという理論について報告する。この研究は先週ノースカロライナ州ローリーで開かれた古脊椎動物学会の年会で発表された。

ロッキー博物館(モンタナ州ボーズマン)のデンヴァー・ファウラー(Denver Fowler)と彼の共同研究者たちはモンタナ州のヘル・クリーク累層から産出した多数のトリケラトプスの標本を研究して、ティランノサウルスの特徴的な歯のマークがそれらにどれぐらい多くあるかを調べた。彼らは18点見つけ、そのうちのほとんどが頭骨だった。
彼らはより詳細に観察して、重要なあることを記した。何らかの治癒の兆候を見せる骨はなく、この咬みつきが食べられる過程にある死んだ動物に加えられたことを示す。

ファウラーと彼の共同研究者たちが頭骨についたさまざまなタイプの咬み痕を調査すると、彼らは一部の標本の首フリルに広範囲に穴と引っ張り痕があることに興味を引かれた。最初、これは意味があるとは思われなかった。「フリルはほとんどが骨とケラチンであっただろう」とファウラーは話す。「食べるところは多くない」引っ張り行動と深い平行した溝の存在は、これらの痕が恐らく実際の摂食を示すのではなく、獲物の再配置を示すと思われることをチームに気づかせた。科学者たちはフリルがティランノサウルスが栄養豊富な首の筋肉を得ようとするのを邪魔していたことを示唆する。

「ぞっとする話だが、それをするいちばん簡単な方法は頭部を引きちぎることだ」とファウラーは歯を見せながら説明した。研究者たちはこの考えを支持するさらなる証拠を、トリケラトプスの後頭顆――ボール-ソケット型の頭-首関節――を調査してそこにも歯の痕があるのを見い出したときに、見つけた。そのような痕は動物が首を刎ねられた場合にしかつかないものだ。

咬み痕とかじり痕

「革新的かつ徹底的だ。この研究は不完全な標本と大きなサンプル数の古生物学を解釈する上での価値を示す」とレイモンド・M・アルフ古生物学博物館(カリフォルニア州クレアモント)の古生物学者、アンドルー・ファーク(Andrew Farke)は話す。

それはティランノサウルスに気むずかしい一面があったことも示す。ファウラーと彼のチームは数体のトリケラトプスの頭骨の前面に沿った精密で、繊細ですらある咬み痕を見つけた。これはこれらが顔面に見られる腱の肉の囓り痕であることを示す。

この発見はファウラーと彼の共同研究者たちにティランノサウルスの摂食行動が成長と共に大きく変わったのかどうかという疑問を抱かせた。チームは特に厚みのある歯があることで、成体のティランノサウルス科恐竜はトリケラトプスのようにタフなものを引き裂くことによく適応していたと思われるが、より若い個体は歯の損傷を防ぐために違った摂食戦略に頼っていただろう、と提唱している。

この生物が時間とともにどのように進化したのかという問題もある。「同様の獲物処理パターンがもっと初期に発生したのかを考えるのは面白いことだ」とファークは話す。「私はT・レクスの何百万年も前に棲息していたより小型のティランノサウルス類が何をしていたのかを本当に知りたいと思う」


Nature News
How to eat a Triceratops
Matt Kaplan, 24 October 2012
Nature doi:10.1038/nature.2012.11650
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/144-8daddd87

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。