Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/162-7b92305c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

マヤ文明は干魃で崩壊した

干魃がマヤの衰退を早めた



乾燥期が長引いたことが文明崩壊に寄与した。

Helen Shen
08 November 2012


約1,000年前に崩壊したマヤ文明は、気候の極端な変動に追い詰められたと思われる。
ML Sinibaldi/CORBIS


古代マヤ文明――西暦300年と1000年の間に現在のメキシコと中央アメリカの多くを占めた――の急速な衰退は考古学者たちを長年悩ませてきた。洗練された暦大系とピラミッド建設で知られる社会が、西暦800年から1000年の間に崩壊したことに、明解な理由の説明は現れなかった。

今日Science誌に発表された研究は、マヤ文明が極端な気候変化によって破滅に追いやられたことを示す。

ベリーズ南部にある洞窟の2,000年前の石筍を分析し、考古学記録を研究することによって、ペンシルヴェニア州立大学(ユニヴァーシティ・パーク)の古気候学者、ダグラス・ケネット(Douglas Kennett)と彼の共同研究者たちは異常な降雨パターンがマヤ人の運命を決定づけた主張する。他の研究者たちが乾燥した気候状態がマヤの崩壊を早めたと提唱しているが、最新のデータはマヤの領土の地理的中心からのもっとも完全で詳細な降雨記録を一つをもたらす。

チームは、地上から洞窟へと染み込んだ雨水から石筍に取り込まれる酸素同位体を測定して、マヤの低地における歴史上の降雨を推定した。石筍内の放射性同位体の割合を測定することによって降水量のレベルは特定の年代と結びつけられた。

「我々は複雑な物語について語っており、この点に釘付けになっては全貌は見えない」とケネットは話す。彼は異常に高い降水量が西暦440年と660年の間の人口増加を促進したと提唱する。石筍は西暦660と1000年の間の長引いた乾燥状態も指し示した。それは政治的に不安定で、異なる支配者たちによって建てられた日付入りの石碑が急増したことに反映された期間と一致する。

「この研究の最大の貢献の一つはこの記録の本当の精度と年代の正確性だと思う」とケンブリッジ大学(英)の古気候学者、デイヴィド・ホデル(David Hodell)は話す。彼はマヤの衰退における要素として気候変動を支持する最初のデータの一つを提出した研究者だ。彼はケネットの1-17年という誤差マージンに驚嘆した――多くの以前の炭素年代の成果での約100年という誤差に比べて。

モデル標本
多くの考古学者たちによると、マヤ文明の「崩壊」は1世紀の長さにわたって地理的に広い地域の多くの都市の状態が劣化したと考えられるという。「この記録がマヤの世界全体にわたる気候変化の鍵だと仮定するのは少し危険だろう」とテキサス大学(サン・アントニオ)の考古学者、ジェイソン・イェーガー(Jason Yaeger)は話す。彼はこの研究を、地域の異なった地点での同様のプロジェクトを促す「重要な前へのステップ」と見なしている。

「私は干魃がこれに関係したと確信している」とペンシルヴェニア州立大学の人類学者、デイヴィド・ウェブスター(David Webster)は話す。彼はこの研究に関わっていない。だが、石筍から推測される相対降雨は実際に記録された降水量に対してカリブレートされるべきだと彼は話す――それは石筍の現代の区画で可能である。

アーカンソー大学(フェイエットヴィル)の古気候学者、デイヴィド・スタール(David Stahle)は石筍を「超素晴らしい」気候記録だと呼ぶが、チームの気候変化と文化記録との関連づけには懐疑的だ。だが、彼はこの研究が極端な干魃――現代経験するものをはるかに超える――が1,000年以上前に起こっていたことの証拠を積み重ねるために、気候モデリングへの重要な意味を持つだろう話す。

「それには説明が必要だ」とスタールは話す。「人類が原因の気候変化は我々をマヤのような体制にしてしまうのだろうか?」

Nature News
Drought hastened Maya decline
Helen Shen, 08 November 2012
Nature doi:10.1038/nature.2012.11780

原論文
Douglas J. Kennett, Sebastian F. M. Breitenbach, Valorie V. Aquino, Yemane Asmerom, Jaime Awe, James U.L. Baldini, Patrick Bartlein, Brendan J. Culleton, Claire Ebert, Christopher Jazwa, Martha J. Macri, Norbert Marwan, Victor Polyak, Keith M. Prufer, Harriet E. Ridley, Harald Sodemann, Bruce Winterhalder, Gerald H. Haug
Development and Disintegration of Maya Political Systems in Response to Climate Change
Science 9 November 2012: Vol. 338 no. 6108 pp. 788-791
DOI: 10.1126/science.1226299
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/162-7b92305c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。