Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/165-9432d8d8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カナダから新種角竜

クセノケラトプスに会おう:カナダの最新の角竜



Canadian Journal of Earth Sciences
8 November 2012



オタワ、カナダ(2012年11月8日)―科学者たちはカナダ、アルバータ州から産出した角のある恐竜(角竜)の新種に名前をつけた。クセノケラトプス・フォレモステンシス(Xenoceratops foremostensis、ズィーノセラトプス)はもともと1958年に収集された化石から同定された。全長およそ20フィートで体重2トン以上、新しく同定された植物食恐竜はカナダから産出した最古の知られている大型角竜になる。この新種を記載する研究はCanadian Journal of Earth Sciences誌の2012年10月号に発表された。

「8000万年前から始まり、北アメリカの大型角竜は進化的拡大を経験した」と筆頭著者の、クリーヴランド自然史博物館の古脊椎動物学キュレーター、マイケル・ライアン(Michael Ryan)博士は話した。「クセノケラトプスは我々に、地質学的に最古のケラトプス科恐竜が頭部の盾の上ににどっしりとした角を持っていたことと、彼らの頭骨の装飾がより精巧になるのは新種が進化したときだけであることを見せてくれる」

クセノケラトプス(クセノ+ケラトプス)は「余所者の角がある顔」を意味する。その頭部の奇妙なパターンと、化石記録のこの部分から角がある恐竜が乏しいことに因む。それは、この恐竜が発見された場所の近くに位置するフォアモスト村にも敬意を表している。クセノケラトプスはオウムのような嘴を持ち、目の上に2本の長い眉角があった。

「クセノケラトプスは、トリケラトプスを含む大型角竜のグループである、ケラトプス科恐竜の初期進化についての新しい情報を提供する」と共著者で、ロイヤル・オンタリオ博物館およびトロント大学のデイヴィド・エヴァンス(David Evans)博士は話した。「ケラトプス科恐竜の初期の化石記録は不十分なままで、この発見はこの多様なグループの起源について学ばなくてはならないことがどれだけたくさんあるかを際立たせる」


この新しい恐竜は、フォアモスト累層(Foremost Formation)から産出した少なくとも3個体の頭骨の断片から記載された。もともと1950年代にワン・ラングストン(Wann Langston)博士が収集した標本で、現在はカナダ自然博物館(カナダ、オタワ)に収蔵されている。ライアンとエヴァンスはこの未記載の資料を10年以上前に偶然見つけ、骨が新しいタイプの角竜だと認めた。その後エヴァンスはカナダ自然博物館で、それには同じ化石産地からのさらなる頭骨を含む、50年前の石膏のフィールド・ジャケットを発見した。そしてそれらをロイヤル・オンタリオ博物館にある彼のラボで剖出作業をした。

この恐竜はライアンとエヴァンスによってサザン・アルバータ恐竜プロジェクトの一環としてなされた一連の新しい研究成果の中で最新のものだ。このプロジェクトは後期白亜紀の恐竜についての我々の知識にある空隙を埋め、それらの進化を研究するよう意図された。これはアルバータ州における最古の恐竜を含む岩石の古生物学に焦点を当てている。それは州立恐竜公園とドラムへラーの有名なバッドランドほど本腰を入れて研究されていなかった。

「この以前は知られていなかった種の発見は科学コレクションへのアクセスを持つことの大切さ強調する」と共著者で、標本を有するカナダ自然博物館の古生物学キュレーター、キーラン・シェファード(Kieran Shepherd)は話す。「コレクションは研究のための新資料の未開発資源であり、多くの新発見の可能性を提供する」

クセノケラトプスは、クリーヴランド自然史博物館の古脊椎動物学キュレーターのマイケル・J・ライアン博士、ロイヤル・オンタリオ自然史博物館の古脊椎動物部門キュレーターのデイヴィド・エヴァンス博士、およびカナダ支援博物館の古生物学キュレーターのキーラン・シェファード、という古生物学者たちからなるチームによって同定された。彼らの研究結果は今日Canadian Journal of Earth Sciences (CJES)誌に発表された。

論文“A new ceratopsid from the Foremost Formation (middle Campanian) of Alberta”は http://www.nrcresearchpress.com/doi/full/10.1139/e2012-056 からオープンアクセスで利用可能だ。

NRC Research Press
Meet Xenoceratops: Canada’s newest horned dinosaur
8 November 2012

原論文
Michael J. Ryan, David C. Evans and Kieran M. Shepherd
A new ceratopsid from the Foremost Formation (middle Campanian) of Alberta
Canadian Journal of Earth Sciences, 2012, 49(11): 1251-1262, 10.1139/e2012-056
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/165-9432d8d8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。