Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/177-4c8b711d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

羽毛恐竜は滑空動物?

太古の鳥類にとって、翼の羽は深刻な抵抗だった



By Eric Gershon
November 21, 2012


太古の羽の新しい研究は、羽毛恐竜の近縁である原始鳥類がその現生の子孫より融通が利かない飛行動物だったという説に重みを加える。研究者たちは2つのタイプの原子鳥類の化石――有名なジュラ紀の鳥類アルカエオプテリクス・リトグラフィカと、羽毛恐竜アンキオルニス・フクスレイ――を調査し、たぶん彼らの翼の羽のタイプと配列が地面からの離昇をさせなかったと思われることを見いだした。彼らは木に登り、高所から滑空した可能性がもっとも高い。(Illustration by Carl Buell, courtesy Jakob Vinther/Bristol University)

太古の羽の新しい研究は、原始鳥類――羽毛恐竜の近縁――がその現生の子孫より融通が利かない飛行動物だったという説に重みを加える。

「我々はこれらの動物が地面から飛び上がれたとは思わない」とイェール大学地質学地球物理学教室のポスドク研究者で、11月21日にCurrent Biology誌にオンラインで掲載される研究の筆頭著者である、ニコラス・R・ロングリッチ(Nicholas R. Longrich)は話した。「彼らは現生鳥類のようには飛べない」

研究者たちは2つのタイプの原子鳥類の化石――有名なジュラ紀の鳥類アルカエオプテリクス・リトグラフィカ(Archaeopteryx lithographica)と、羽毛恐竜アンキオルニス・フクスレイ(Anchiornis huxley)――を調査し、たぶん彼らの翼の羽のタイプと配列が地面からの離昇をさせなかったと思われることを見いだした。

翼の長い羽が複数の重なった層は羽が離れるのを複雑化し、この鳥類が翼の打ち上げ時の抵抗に打ち勝つ能力を最小化したと考えられる。反対に、現代の飛翔鳥類では簡単に離れる一層の長い羽の一次列が短い羽に覆われている。

アルカエオプテリクスとアンキオルニスはたぶんその翼を使って、木を登って到達した高所から滑空したのだろう、とロングリッチは話した。

アルカエオプテリクスとアンキオルニスの翼の羽は著しい類似点を見せるけれども、同一ではなく、その違いは翼の進化における初期実験を表しているように見える、と研究者たちはいう。アルカエオプテリクスは複数層の長い飛行羽を持っていた。対称的に、恐竜のアンキオルニスでは豊富な単純で、切れ端のような羽が重なっていた。

ロングリッチは「遠い類似性を見せる唯一の鳥類はペンギンだ」と話した。

さらに、太古の鳥類と現生鳥類のあいだの翼構造とあいだの大きな違いは、現生鳥類が翼の設計の起源についての手がかりを少ししかもたらさないことを示す、と研究者たちは言った。

「我々は恐竜類のあいだから進化した羽と鳥類がどんなだったかについて、入り組んだ姿を得始めている」と共著者のヤコプ・ヴィンタ(Jakob Vinther)は話した。彼は2011年イェール大学PhDで、現ブリストル大学(英国)である。

「我々は現在、羽毛が最初は断熱のために進化したと見ているように思われる。もっと複雑な羽根を備えた、または羽状の羽毛はディスプレイのために進化した。

これらのディスプレイ羽はこんどは空中移動へと利用できる優れた膜へとなった。それが我々が羽ばたき飛行と考えるものになったのは、鳥類進化の非常に後期になってからだ」

他の著者は、北京自然博物館の孟慶金(Qingjin Meng)と李全国(Quangguo Li)、およびカルガリー大学のアンソニー・P・ラッセル(Anthony P. Russell)だ。イェール生物圏研究所がこの研究を支援した。

Yale News
For ancient birds, wing feathers were a serious drag
By Eric Gershon, November 21, 2012

原論文
Nicholas R. Longrich, Jakob Vinther, Qingjin Meng, Quangguo Li, Anthony P. Russell
Primitive Wing Feather Arrangement in Archaeopteryx lithographica and Anchiornis huxleyi
Current Biology, Available online 21 November 2012, In Press, Corrected Proof — Note to users
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/177-4c8b711d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。