Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/20-a6f15fff

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ライバル蛹を見分けるアリ

死へのマーク


キイロハダカアリの成虫雄(左)と羽化したばかりの雄(右)の戦い。Credit: Sylvia Cremer

すべてのキイロハダカアリ(Cardiocondyla obscurior)の巣には、一匹の職蟻型しかいない。この支配的な、無翅の、成虫雄はひどい独裁者だ。研究者たちは以前、この君臨する職蟻型が巣に入ってくるすべての無翅成虫雄に分泌物を塗りつけ、働きアリによる死の標的とすることを示した。しかし新しい観察は、成虫の職蟻型は未羽化の蛹が含むのが無翅雄であり、雌や働き蟻でないことに感づくことができる、ということを明らかにした。彼らは蛹の近くでより多くの時間を過ごし、アリが羽化した直後からここに示した写真ような戦いを始める。新生雄を標的にすることはうまくいく。成虫の職蟻型と新しく生まれた職蟻型の間の戦いでは、成虫がすべての戦いに勝つ。しかし、若いほうの雄が外骨格は硬くなり始める二日目だと、勝つ確率は14%になり、戦いの43%では少年だけでなく両者とも死ぬことになる。チームはさらに職蟻型の蛹と羽化幼生の化学的特徴が巣にいる他の職のアリと明瞭に異なることを示し、成虫がどうやって戦う相手の少年を選び出せるのかを説明した。今日のBMC Ecology誌に発表されたこの研究は、巣のバランスが働き蟻と雌の数を最大化するように維持されることによって、個体数を大きくし、機能しつづけるようにする方法を説明した。

元記事
Science NOW
ScienceShot: Marked for Death
by Sarah C. P. Williams on 15 June 2012, 11:35 AM

原論文
Sylvia Cremer, et al.
The dynamics of male-male competition in Cardiocondyla obscurior ants
BMC Ecology 2012, 12:7 doi:10.1186/1472-6785-12-7
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/20-a6f15fff

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。