Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/239-d23d5590

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最古のクモガニ類化石

最古のクモガニ類が化石サンゴ礁で発見された




by Jeanna Bryner, LiveScience Managing Editor
Date: 04 February 2013 Time: 10:39 AM ET


これは、カタマジャ・グラヌラタと命名され新種のクモガニ化石の一つだ。採石場で見つかり、1億年も前にさかのぼる。
CREDIT: Cretaceous Research


1億年前に生息していた知られている最古のクモガニ類を含む、8種の新種甲殻類の化石がスペイン北部にある化石サンゴ礁で発見された、と科学者は報告している。

この化石は他の十脚甲殻類(カニ、エビ、ロブスターを含むグループ)の種とともに、廃止されているコスコビロ採石場(Koskobilo quarry)で見つかった。カタマジャ・グラヌラタ(Cretamaja granulata)およびコスコビリウス・ポスタングストゥス(Koskobilius postangustus)と命名された2種の最古のクモガニ類は、以前の記録保持者よりはるかに古い、と研究の著者であるフロリダ大学フロリダ自然史博物館のポスドク研究者、アディエル・クロンプマケル(Adiël Klompmaker)は話した。

「以前の最古のものはフランス産のもので数百万年新しい」とクロンプマケルはこのクモガニ類について触れながら、LiveScienceに語った。「だからこのスペインでの発見はとても印象的で、化石で知られているクモガニ類の起源をさかのぼらせる」

C・グラヌラタは甲長約0.6インチ(15ミリメートル)で、額角(目の前方にある、背甲の突出部分)から生じる二叉の棘といくぶん西洋梨形の背甲を含む、クモガニ類としての明瞭な特徴を見せる。この化石クモガニは体の前側縁にも棘を備える。


アルベニズス・ミヌトゥスと名づけられた、別のスペイン北部の採石場から新しく見つかったカニ。このカニはとても小さく、甲長は額角(目の前方の背甲の突出部)を含めないで、3.2ミリメートルしかなかった。
CREDIT: Cretaceous Research


それらの化石が見つかったサンゴ礁はこれらの甲殻類が棲息したすぐ後に消滅したと考えられている。「環境にこの地域のサンゴ礁と、それとともにこれらのサンゴ礁に棲息していた十脚類の多くを、消滅させる何かが起こったはずだ」とクロンプマケルは話した。「この地域でサンゴ礁が消失した後の時代から知られている十脚類は多くない」とクロンプマケルは続けた。彼は研究結果をCretaceous Research誌の近日号に詳細に発表した。

米国、オランダ、およびスペインの研究者のチームとともに、クロンプマケルは2008年、2009年、および2010年にコスコビロ採石場で化石を収集した。

「我々はそこに2008年に訪れ、最初の2時間で2つの新種を見つけた」とクロンプマケルは発表文の中で述べている。「それはとても驚くべきことだ――それは毎日起こることではない」

新しい発見を含めて、約36種の十脚類がこの廃採石場に存在していたことが分かっている。それは白亜紀(1億4500万年から6600万年前)の十脚類にとって最も多様な産地の一つになる、とクロンプマケルは話した。

「この調査の主要な結果の一つは十脚甲殻類が白亜紀のサンゴ礁にじつに豊富であることだ」とクロンプマケルはEメールに書いている。「サンゴの存在は1億年も前の十脚類の生物多様性を促進したと考えられ、種分化のための苗床として機能したのだろう」

昨年、クロンプマケルはアンモノイド類と呼ばれる絶滅軟体動物の殻の中に寄せ集まった、小さなロブスター類の化石を見つけたことを報告した。このドイツ南部の採石場で見つかった「抱き合う」ロブスター類は、これらの恐しい外見の甲殻類が、それらが棲息していた1億8000万年も前に社会的交流をしていたことを示した。

「これは化石記録におけるロブスター類の群居行動の最古の例だ――ロブスター類だけでなく、ロブスター、カニおよびエビを含む十脚類のグループ全体にとっても最古だ」と当時ケント州立大学だった、クロンプマケルは話した。「これが我々に教えてくれることは、このタイプの互いに集合する行動がこれらの甲殻類の進化の初期に非常に有利だったと思われることだ」

クロンプマケルは同じ採石場で、それが見つかったのがマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が死去した時期だったことから、彼にちなんで命名された新しいヤドカリ類(メソパラピロケレス・ミカエルジャックソニMesoparapylocheles michaeljacksoni)を発見したチームの一員でもあった。

LiveScience
Oldest Spider Crabs Discovered in Fossil Reef
Jeanna Bryner, 04 February 2013

原論文
Adiël A. Klompmaker
Extreme diversity of decapod crustaceans from the mid-Cretaceous (late Albian) of Spain: Implications for Cretaceous decapod paleoecology
Cretaceous Research, In Press, Corrected Proof, Available online 23 January 2013
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/239-d23d5590

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。