Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/60-641ae7d3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

雄グモはペニスを捨てる

オスグモはペニスを外して、戦闘力を得る

Jennifer Welsh, LiveScience Staff Writer
Date: 12 June 2012 Time: 07:01 PM ET


Nephilengys malabarensisのオスとメスは極端な性的二型を見せる。はるかに小さなオスがメスの腹部の上に乗っている。オスは交接のあいだの去勢の後にメスの共食いから逃げた。自己去勢されたオスの触肢(赤矢印)がメスの外部生殖器にとどまっている。CREDIT: Qi Qi Lee

マラバルジョロウグモモドキはメスへの受精を完了するために取り外し可能なペニスを分離すると、受精させたメスを守るために死ぬまで戦う。このクモは、性器の余分な重量がなくなると競争相手より長生きできる、と新しい研究は明らかにした。

このクモは自分の触肢(クモ類のペニス相当物で、マラバルジョロウグモモドキのオスは2本持つ)を失うけれども、他のオスから自分のつがい相手を守る戦いにほとんど勝つ。

「以前の研究が去勢グモが戦いに強いことを証明していた。我々は去勢グモの耐久力が大きくなる仕組みをピンポイントに明らかにした」、と研究者たちは6月13日にBiology Letters誌に発表した論文の中で書いている。「我々の今回の研究結果は触肢の重量がオスにとって重大な物理的コストをもたらすことを示唆する」。

リスキーなセックス

数種のクモと他の昆虫のオスはリスキーなセックスに従事している。マラバルジョロウグモモドキ(Nephilengys malabarensis)では、約75%のオスが最後にメスに食べられる。しかし、つがい相手の手中から逃れたとしても、彼らは一対の触肢のうちの片方か両方を途中で失う。

この分離した器官はメスの生殖孔を効果的に塞ぎ、他のオスがメスに受精できないようにするのを確実にする。1月に報告された研究は外れた触肢がメスの中へ精子を注入し続けることを明らかにした。どきどき、外部生殖器と呼ばれる、メスの二つの生殖孔のうちの片方だけが塞がり、別のオスが押し入ってメスに受精する余地ができることもある。

メスによる共食いを避けて生き残ったオスグモは近くにとどまって、触肢プラグを除去してメスに受精させようとする他のオスからメスを防護する。面白いことに、これらの去勢オスは他の完全なオスとの戦いにほとんど勝つ。

取り外し可能なペニス

研究者たちは触肢をメスに残すことに、なにか他の利益があるのではないかと思った。彼らはオスのマラバルジョロウグモモドキを持ってきて、彼らの触肢を、切断なし、片方切断、両方切断のいずれかの状態にし、研究室の周りを彼らが疲れ切る(筆先で5回つついても動かなくなったとき)まで走らせた。

片方の触肢を取り除くとクモの体重は4%軽くなり、両方を取り除くと彼らの体重は9%減る。ひるがえって、彼らの耐久性は半去勢では32%増加し、完去勢では80%も増えた。これは研究者たちが「手袋脱ぎ」繁殖戦略と呼ぶものを支持する。このクモは彼らの潜在的な子孫を守ること以外に生きる意味がないのだ。彼らは触肢がなくなって体重が軽いために他のオスを防ぐことができる。

「耐久性が増えたことは恐らく去勢オスが完全体のライバルとの競争においてより良い戦いをすることを可能にする」、と著者たちは書く。「N. malabarensisのオスの繁殖生態は身体的に過酷な極端なつがい防護とオス-オス競合行動からなる。よって耐久性の上昇は去勢オスを完全体のライバルに対して優位にする」。

この研究は明日(6月13日)にBiology Letters誌に発表される。

LiveScience
Male Spider Ditches Penis, Gains Fighting Power
Jennifer Welsh, LiveScience Staff Writer, Date: 12 June 2012 Time: 07:01 PM ET

原論文
Qi Qi Lee, et al. 2012.
Emasculation: gloves-off strategy enhances eunuch spider endurance
Biol. Lett. Published online before print June 13, 2012, doi: 10.1098/rsbl.2012.0285
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/60-641ae7d3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。