Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/64-35de9d98

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人魚は存在する?しない?

人魚は存在しない、NOAAのウェブサイトが記す

Jeanna Bryner, LiveScience Managing Editor
Date: 03 July 2012 Time: 06:12 PM ET


デンマーク、コペンハーゲンにある「リトルマーメイド」像。CREDIT: Alan Kraft / Shutterstock.com

人魚は存在しないという、アメリカ国立海洋局の6月27日のポストは、現実の海洋現象に集中する政府機関には場違いに見えるだろう。しかし報道官によると人魚のポストは人々を教育する一つの方法にすぎず、たぶんいくらかの人魚神話を退治するだろう。

ポストのタイミングはアニマル・プラネットの番組"Mermaids: The Body Found"と符合するように見える。それは番組の記述によると、5月の終わりに放送され、「神話的人魚の伝説の裏に生きる真実の核心」があるのかどうかを探求した。

そうではない、と国立海洋局(アメリカ海洋大気庁、NOAAの一部)は言う。「水棲ヒューマノイドの証拠が見つかったことはない」、とポストの一部は言う。にも関わらず、NOAAの報道官はそのポストが、ドキュメンタリー形式で提示された当番組への直接の回答であることを確認しようとはしなかった。

「水棲ヒューマノイド」への言及は水棲類人猿理論と呼ばれる論難のある理論を暗示する。それは過去の我々の進化において人類に水棲段階があったことを示す。人類学者、ジョン・ホークスは自ブログで「偽科学」と呼び、この理論はほとんどの科学者に支持されていない。

アニマル・プラネットの抄はその番組が「我々の過去の進化において人類に水棲段階があったと主張する、過激な科学理論――水棲類人猿理論――に基づいた進化的可能性についての物語」であると言う。

人魚のポストは国立海洋局のウェブサイトのオーシャン・ファクト・セクションの一部で、彼らが受けた質問に答える形になっている。2008年10月以来、彼らは195のオーシャン・ファクト・アイテムをポストした。

「タイミングはだいたいその時期だ。そのTV番組が戦没将兵追悼記念日前後に放送され、我々はいくつかの[人魚についての]質問を受けたんだと思う」とNOAA国立海洋局の報道官、キーリー・ベルヴァはLiveScienceに語った。「恐らくだがイエスだ。そのタイミングはドキュメンタリーとつながっている」

彼女は続けて、「我々は人魚について二つの質問を受けていて、これは人魚について語り、異なった文化の中の人魚についての情報を提供し、人々を我々のウェブサイトへ引き寄せ、NOAAと国立海洋局の仕事についてさらに学ぶというのは面白い方法だと考えた」

ポピュラーな神話では、人魚は半分人間で、半分魚類の海のセイレーンだ。そのオーシャン・ファクトのポストが指摘するように、それらは「大昔から海洋文化の中で記録に現れる、伝説的な海の生き物である」。たとえば、ホメロスは古代ギリシア叙事詩「オデュッセイア」の中で人魚について書いたし、極東では人魚は強い海竜の妻だと考えられ、その配偶者と陸の皇帝との間の信頼された使者として仕えた。

実際に、科学的グループの海牛目は人魚伝説に由来する。海牛目はマナティーとその近縁種のデュゴンを含む。大昔の船乗りたちはこれらの巨大なおとなしい海洋哺乳類を人魚や、舟を岩がちの浅瀬へと誘う歌を歌うセイレーンに間違えた。クリストファー・コロンブスがマナティーの目撃を記録し、彼がさほど美しくない「人魚」に驚いたと言った、という伝説もあるとイルカ研究センター(フロリダ)はいう。

オーストラリアのアボリジニの人々は、ヤウクヤウク(yawkyawks)という、人魚への独自の名前を持っていた。それはセイレーンの魅了する歌と伝えられるものに由来する。実際に、人類が陸地の卓越種になっていき、たぶん海にも乗り出していた30,000年前から、彼らは神秘的な女性像をイメージしていたと思われる。これらの像は当時の洞窟壁画に最初に現れる。

「キメラと呼ばれる半分人間の生き物は、神話にもたくさんある――ほんの2、3例あげると、人魚に加えて、賢いケンタウルス、野性的なサテュロス、そして恐しいミノタウロスがいた」とNOAAのウェブポストはいう。

現在でも、「人魚」の目撃は起こっている。たとえば、2009年にイスラエルのキリヤット・ヤムの町で、地元民と旅行者たちは、魚と若い少女の合いの子に似る、人魚と主張されるものを一目見ようと沿岸に集まった。彼女は日没時にしか現れないらしい。

LiveScience
Mermaids Don't Exist, NOAA Website Notes
Jeanna Bryner, LiveScience Managing Editor, Date: 03 July 2012 Time: 06:12 PM ET

原ウェブサイト
NOAA's National Ocean Service - Ocean Facts
No evidence of aquatic humanoids has ever been found.



「水棲類人猿仮説」(人類進化のアクア説)が出てきました。エレイン・モーガンの一般向け書籍で有名になったトンデモ仮説です。「特命リサーチ200X」などのテレビ番組でも紹介されたことがあったと思います。話が面白い、標準理論にも説明しきれてないところがある、など「恐竜進化のダイノバード仮説」や「ウイルス進化説」などと共通することが多いのが興味深いです。

ちなみに、「人魚神話を退治する」"bust ... mermaid myths"は、アニマル・プラネット(ディスカバリー・チャンネルの一部門)と同じテレビ局が作っている人気番組、「怪しい伝説」"MythBusters"を意識した表現でしょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/64-35de9d98

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。