Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/75-83e51705

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

オーガズムの遺伝的要因

科学者たちによると、女性が絶頂に達するかどうかにDNAが強い影響を及ぼす

Roxanne Khamsi


女性の喜びはすべてロマンスの問題というわけではない。© Punchstock

女性の遺伝的性質がセックスの間に絶頂する能力の少なくとも三分の一を説明し、もしかすると60%を説明するかもしれない、と研究者たちは言う。

女性のオーガズムに影響する遺伝的差異をさらに調査することは、女性の性機能不全を治療する薬の生産に役立つだろう、と彼らは話す。

女性のオーガズムについて分かっていることは比較的少ない。オーガズムとは、通常はヴァギナの収縮によって表される性的興奮の頂点である。「それはタブーの話題だ」とセント・トーマス病院双子研究科(ロンドン)科長で、報告の共著者のティム・スペクターは説明する。

女性は妊娠し出産する目的では絶頂に達する必要がない。この事実は女性のオーガズムの進化的成因を僅かに不可解なものにしている。反対に、オーガズムできない男性は自分の遺伝子を伝える機会を失い、自然淘汰の犠牲者になる。

それなら、女性のオーガズムには何の機能があるのだろうか?女性の生殖活動への興味を増やすほかに、最近の調査によってオーガズムに伴う収縮が精子をより卵の近くに持ってきて、受胎の可能性を増やすことができることが分かっている。

進化心理学者たちは女性のオーガズムは、優しいパートナーを選ぶ助けになっているとも提唱している。寝室で特に気をつかう人は人生の他の局面でも協力的だろう。

双子の頂点

どの要素が女性の絶頂する能力に最も影響するかを知るために、スペクターと共同研究者たちは4,000組以上の双子に調査票を送り、匿名で答えてもらった。受取人たちには700組近くの一卵性双生児が含まれた。一卵性双生児は同じDNAを共有する。

研究者たちは双子の女性に、セックスの間にどれぐらいの頻度で絶頂に達するかを尋ねた。女性のうちの14%だけが常にオーガズムを達成すると報告した。もう一方の端では、女性の16%がオーガズムに達したことがないか、達しているかしていないか分からないと答えた。

他の双子の研究と同様に、科学者たちは双子が似た家族環境を共有すると仮定する。一卵性双生児と二卵性双生児との間の傾向の全体的違いは遺伝的影響のせいだとされる。その分析は、遺伝子が女性がセックス中にオーガズムを経験する確立の少なくとも34%を説明することを示す。マスターベーションになると、この数字は45%に上がると、研究者たちはBiology Letters誌に報告している。

女性のパートナーの異なったテクニックなど、他の変数を考慮すれば、この数字はさらに高くなりうる、と彼らはつけ加えた。遺伝的影響は、肥満などの他の複雑な性質において、変異性の60%ほどを説明することが分かっている。

薬の中の喜び

女性のオーガズムに影響する遺伝子の数は分かっていない。しかし研究者たちは、常にオーガズムを得られる女性と達したことのない女性のDNAを比較することで、このプロセスの背後にある生物学的経路を明らかにできると推測している。そしてこの経路の中で最も影響が大きい遺伝子または遺伝子産物を標的にする薬が開発できるだろう。

ファイザーのヴァイアグラ(クエン酸シルデナフィル)のような、男性の勃起不全への薬物治療はすでに男性の選択肢を増やしている、とロンドンを拠点にする関係療法士、ルース・ミッチェルは話す。しかし女性には同じような一般的で効果的な治療法がないと彼女は言う。

薬の見込みがあっても、生物学的因子以外にも多くの因子がオーガズムの能力に影響する、とミッチェルは警告する。「体調と心構えからも大きな影響を受ける」と彼女は話す。

Nature News
Genes drive ability to orgasm
Roxanne Khamsi
Published online 8 June 2005 | Nature | doi:10.1038/news050606-4

原論文
Kate M Dunn, Lynn F Cherkas and Tim D Spector, 2005.
Genetic influences on variation in female orgasmic function: a twin study
Biol. Lett. 22 September 2005 vol. 1 no. 3 260-263 doi: 10.1098/rsbl.2005.0308
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/75-83e51705

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。