Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/99-65455916

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最も原始的なヘビ類化石

数少ない骨から、最も原始的なヘビが出現する

By Eric Gershon
July 25, 2012


アメリカドクトカゲ(Heloderma)(上)、Coniophis precedens(中)、および現生パイプヘビ(Cylindrophis)。(Illustration by Nicholas Longrich)

イェールの研究者たちはT. rexの時代からの太古のズルズル這う生き物が、最も原始的な知られているヘビであると確認した。この発見はヘビの起源をめぐる議論に示唆を持つ。

「それはミッシングリンクのヘビだ」と、イェールの地質学地球物理学教室のポスドク研究者で、Nature誌に7月25日にオンラインで発表されたトカゲ様ヘビについての論文の筆頭著者であるニコラス・ロングリッチは話した。「それはヘビ類の『ルーシー』だ」

この論文は、最近他の研究者たちによって提唱されたように、ヘビ類が海棲でなく陸棲の祖先に由来したこと、およびヘビ類がかつてトカゲ類が穿孔のための長くて、肢のない体を発達させて出現したことを主張する。

ヘビ状の体とトカゲ様の頭部を持つ比較的小さな生き物だった、太古の原ヘビ類――Coniophis precedens――は極めて稀な遷移生物を表し、トカゲのより広い系統からのヘビ類の分岐に光を投げかける。

「それはヘビのように動いたが、ヘビのようには食べない」とロングリッチは話した。彼はConiophisの体がヘビに特徴的な脊椎でできていて、それが「T. rexの足下」をズルズル這うことができるようにしていたと述べた。

現生ヘビ類とは違って、この体の長い生き物の顎は固定されたままで、その獲物のサイズを、恐らくサンショウウオや他の小型トカゲ類に制限する、とロングリッチはいう。

完全に進化したヘビ類はちょうつがいを外した顎を持ち、多くの種で哺乳類や他の自身より大きな獲物を食べられるようになっている。時間を経て、この競争的な優位は例外的な多様化に寄与した。現在のヘビ類は最も多様なトカゲのグループである。

[一世紀以上にわたって]Coniophisは主に一つだけの分離した脊椎によって知られていて、その解剖学や生活様態については何一つ知るのが困難で、ましてやヘビの進化におけるそれの位置はまったくの不明だった。ロングリッチと共同研究者たちは、収集されていたが研究されたことがなかった小さな骨の追加標本を同定した後に、それらのもっと詳細な絵を確立した。

「以前に分かっていたことに比べて、これは今では白亜紀、1億4500万から6500万年前、からの最も良く分かっているヘビの一つだ」と彼は話した。(Coniophis自体は6500万年前からのものだ。)

これらの追加的な骨――上顎と下顎の欠片、歯、および追加的な脊椎――は、イェールのピーボディ博物館を含む、国中の既存の博物館コレクションの中にあった。

小さくて軽い、太古のヘビの骨は稀であり、遷移的生物の証拠はますます稀である。これはヘビの起源の理解を貧弱なままにしている。

すべての知られているConiophisの化石はワイオミング州東部とモンタナ州にある氾濫原から――哺乳類およびT. rexTriceratopsを含む陸棲爬虫類と同じ堆積物から――産出していて、ヘビ類が海棲でなく陸棲動物として進化したことを示す、とロングリッチは話した。(それらは泳ぐこともできたかもしれないが、そのための特別な特徴は作り変えていなかった、と彼は話した。)

最も原始的なヘビ類としてのConiophisの地位はそれを最古の知られているヘビ類にするわけではない。そうでなく、チンパンジーとヒトが今でも共存するように、それはより進歩的なヘビ類と共存していて、その時代における「生きた化石」だったと思われる、とロングリッチは話した。「それは現生ヘビ類の直接の祖先ではないが、祖先がどんな形をしていたのかを我々に教えてくれる」と彼は話した。「たくさんの進化がそれの近くで起こった」

論文の他の著者たちは、イェールの地質学地球物理学教授のジャック・A・ゴーティエ、および元イェールの院生で現ハーヴァードのバールト=アンジャン・S・ブラールである。ゴーティエはイェール・ピーボディ自然史博物館の古脊椎動物および脊椎動物学の学芸員でもある。

論文のタイトルは“A transitional snake from the Late Cretaceous of North America.”だ。イェール生物圏研究所と国立科学財団がこの研究への支援を提供した。

Yale News
From a few bones, the most primitive snake emerges
By Eric Gershon, July 25, 2012

原論文
Nicholas R. Longrich, Bhart-Anjan S. Bhullar & Jacques A. Gauthier, 2012.
A transitional snake from the Late Cretaceous period of North America
Nature (2012), doi:10.1038/nature11227, Published online 25 July 2012
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://yuihaga.blog.fc2.com/tb.php/99-65455916

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。