Entries

スポンサーサイト

マンタ胎仔の呼吸を覗き見る

マンタの胎内をのぞき見る赤ちゃんマンタ。このマンタが母親の腹部から飛び出す8ヶ月前で、彼女は科学者に彼女がどのように呼吸するかを見せた。Credit: Okinawa Churaumi Aquarium2008年11月、メスのマンタが日本、沖縄沿岸の漁網の中で動けなくなっていた。漁師は地元の水族館に電話した。そこでは科学者たちがこの生物がどのように妊娠・出産するかについて研究していた。研究者たちは運が良かった。このエイは妊娠していたのだ...

ライバル蛹を見分けるアリ

死へのマークキイロハダカアリの成虫雄(左)と羽化したばかりの雄(右)の戦い。Credit: Sylvia Cremerすべてのキイロハダカアリ(Cardiocondyla obscurior)の巣には、一匹の職蟻型しかいない。この支配的な、無翅の、成虫雄はひどい独裁者だ。研究者たちは以前、この君臨する職蟻型が巣に入ってくるすべての無翅成虫雄に分泌物を塗りつけ、働きアリによる死の標的とすることを示した。しかし新しい観察は、成虫の職蟻型は未羽化...

クマは数えることができる

これらのクマは数えることができる実験中のアメリカグマ(Ursus Americanus) (Credit: Jennifer Vonk)クマの大きさは印象的だが、もっとすごいことがあるとすればそれは彼らの知性である。クマは自転車に乗ることも覚えられるし、道具も使えるし、さらに新しい研究によると「数える」こともできる。科学者たちは三頭のアメリカグマ(Ursus Americanus)を訓練してタッチスクリーンコンピュータ上の点のグループを区別できるように...

新種のカニ、スペインで発見

カニの新種がガリシア(スペイン)の海底に隠れているのを発見されたPosted by Editor on 14 Jun 2012 新しく発見されたコシオリエビ類Uroptychus cartesiの絵(K. Baba / E. Macpherson / SINC)ヨーロッパの海洋ファウナは地球上で最もよく研究されているにもかかわらず、今でもいくつか新種が発見されている。その一例がUroptychus cartesiと名付けられた、5 cmから7 cmのサイズで、ガリシア沖(スペイン)に面する1400 m以上の深...

自然史標本ミステリー

自然史ミステリー怪しい話(fishy tale)。スミソニアン自然史博物館のような、自然史標本庫がインドの謎めいた博物館から標本要求のEメールを受け取った。Credit: Chip Clark/Smithsonian Institution10年前、カンザス大学生物多様性研究所(ローレンス)で魚類コレクションを管理するアンドルー・ベントレイは、一通の電子メールを受け取った。メールにはインドにある博物館で火災があって、収蔵していた魚類標本が破壊されたの...

捕食者とバッタの波及効果

ストレスを受けたバッタは植物の分解を遅らせる捕食者の恐怖は生態系全体の栄養循環に影響を与える。Zoe Cormier14 June 2012生態系内の捕食者の存在は、獲物にストレスを与えるだけで土壌生態系に大きな影響を与えることがある。今日のScience誌の論文で、ヘブライ大学(エルサレム)の生態学者ドロール・ホーレナと彼の共同研究者たちは、ストレスを受けたバッタが死んだ時、死骸中の化学組成の違いが周囲の枯れた植物を土壌微生...

羽で鳴く鳥の腕の骨

ビデオ: 硬い骨はセクシーな歌を奏でるアンデスの雲霧林に生息するキガタヒメマイコドリのオスは、メスの気を引くときに、羽を背中へ持ち上げ、左右の巨大な羽を振動させて「ピーッ」という音を発する(動画参照)。コーネル大学の科学者たちはこの変わった羽の下に特別な骨があると予想した。彼女たちのチームはこのマイコドリの一種といくつかの近縁種をコンピュータ断層撮影(CT)スキャンにかけた。鳥類の骨は中空で飛びやすく...

雄グモはペニスを捨てる

オスグモはペニスを外して、戦闘力を得るJennifer Welsh, LiveScience Staff WriterDate: 12 June 2012 Time: 07:01 PM ETNephilengys malabarensisのオスとメスは極端な性的二型を見せる。はるかに小さなオスがメスの腹部の上に乗っている。オスは交接のあいだの去勢の後にメスの共食いから逃げた。自己去勢されたオスの触肢(赤矢印)がメスの外部生殖器にとどまっている。CREDIT: Qi Qi Leeマラバルジョロウグモモドキはメスへ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。